お中元のお礼状のはがきの書き方は?代筆は?会社からの場合は?

ochugen

お中元をもらった時は、電話でお礼か、はがきでお礼状をだしますね。

はがきを出す場合の書き方のルールは、あるのでしょうか。

 

旦那さん宛てにきたお中元のお礼状を、奥さんが代筆する場合の書き方は?

旦那さんの会社関係からのお中元の場合は、お礼状はどうすればいいでしょうか。

 

それらのケースに対する、アドバイスをしてみますので、参考にしてみてください。

 

お中元のお礼状のはがきの書き方は?

お中元は、基本的には、同等の金額の品でお返しするということは、不要です。

お中元は、目下の人が、目上の人に、「今後ともよろしくお願いします」という意味が込められています。

それでも、もらいっぱなしはマナーに反するので、必ずお礼をした方がいいです。

 

親しい場合は、電話などで贈り物の感想を盛り込み、お礼の電話をしてもいいでしょうが、そうでない場合は、はがきでお礼状を出すといいですね。

ちょうど時期的に、かもめーるの販売時期ですので、それを使うのも季節感があっていいと思います。

 

書き方は、最初を「拝啓」と書いたら、季節のあいさつを書き、お中元のお礼を(このたびは結構な品を…)書きます。

そのあと、先方の体調への配慮の文章、最後は、「敬具」でしめます。

 

季節のあいさつを略した場合は、「前略」で始まり、「かしこ」で終わります。

ですが、お中元などのお礼は、ぜひ、季節のあいさつを盛り込んでほしいものです。

 

特別な例として、上司など目上の人に送ったら、そちらからもお中元が贈られてきた場合のお礼は、少々かしこまったほうがいいので、封書のほうがいいかもしれません。

スポンサードリンク

会社関係で、かしこまったほうがいい場合も、封書がいいでしょう。

 

白い便せんと封筒を使って、出すといいと思います。

封書の場合のお礼は、便せんが1枚で終わってしまったら、白紙を1枚後ろに重ねることを、忘れないでください。

 

お中元のお礼状のはがきを代筆する時の書き方は?

旦那さんあてに贈られたお中元の、お礼状を奥さんが出す場合は、差出人の名前を、旦那さんにします。

奥さんが代筆した場合は、旦那さんの名前の後に小さめに「内」と書きます。

「佐藤一郎 内」という風にです。

 

ですが、この風習も、現在はあまり見られなくなりました。

相手が、年輩か、マナーに厳しい方であれば、きちんとしたほうがいいですが、最近あまり「内」と丁寧に使う場合も、少ないようです。

送り状を送る相手のようすを、旦那さんから聞いてから、判断しましょう。

 

会社から届いたお中元にはお礼状を出す?

旦那さんが会社勤めだった場合、取引先の会社や、取引先の会社の個人から、お中元が来た場合は、その会社の住所でお礼状を送るべきでしょうか。

 

基本的に、旦那さんが判断することですが、取引先の会社から、個人宅にお中元が来るのは、会社間でそれらのやり取りを、禁止している場合があるからかもしれません。

会社宛に、お礼状を送ってしまったら、まずいことになる可能性も、ないわけではないのです。

 

最近では、会社関係のお中元やお歳暮のやり取りを、禁止している企業も多く、それを知っていても個人宅に贈る場合は、理由があるのかもしれませんね。

その場合は、旦那さんから電話で、お礼を述べてもらうのがいいでしょう。

 

まとめ

お中元のお礼状は、なるべく早く送ったほうがいいです。

うっかり忘れると、失礼にあたりますので、

はがきがいいか、封書がいいのかは、お礼状を出す相手によって、使い分けましょう。

これからもいいお付き合いを送れるように、マナーを守って気持よく対応したいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ