麦茶ポットに付く白い斑点は?洗浄方法は?おすすめポット紹介

mugicha

水出し麦茶をつくると、麦茶ポットやピッチャーの内側に、白い斑点が付きませんか?

きちんと洗っているのに、すぐ付いてしまって、こすっても落としづらいですよね。

いったいあの斑点の正体は、何でしょうか?

その洗浄方法と、おすすめ麦茶ポットも紹介します。

 

 

麦茶ポットに付く白い斑点はなに?

麦茶ポットの内側に付く、白い斑点は、カルキの結晶です。

水出し麦茶パックを使って、麦茶を作ると、水道水のカルキが結晶になり、ポットの内側に、白い斑点のようにこびりつきます。

爪でこすっても、なかなか取れません。

 

煮出して作る麦茶の場合は、沸騰させてやかんの蓋をしばらく開けておくと、カルキが抜けるので、その方法でしたら、白い斑点はつきません。

水出しのパックで作るので、水道水のカルキが残ったままだからなのです。

 

白い斑点が付くのは、ポットがプラスチック製のものです。

ガラスのポットには、発生しません。

(プラスチック製のものでも、付かない素材のものもあります。)

 

こすってもなかなかとれず、ポットに傷が付いてしまうのが心配ですね。

白い斑点を落とす方法は、どうすればいいでしょうか?

 

麦茶ポットの洗浄方法は?

麦茶ポットの白い斑点を落とす方法は、2つの方法があります。

 

①ポットに水を入とキッチン漂白剤を入れ、一晩つけておく

お酢やクエン酸を入れた水を入れ、しばらくおく

 

2つの方法、両方とも、つけておいた後、スポンジでこすると、簡単に落とせます

 

おすすめの方法は、②です

お酢やクエン酸は、体の中にはいっても問題がないものなので、漂白剤より安全なのです。

 

お酢やクエン酸の濃度は、大体1%くらいでいいと思います。

スポンサードリンク

つけておくのも、水ではなく、お湯にお酢やクエン酸を溶かしたもの入れておけば、水でつけておくより、短時間で落ちやすくなります。

ただ、プラスチックのポットは、耐熱性でない場合、変形する恐れがあるので、お湯を使う場合は、ポットの素材を確認してください。

 

しばらくつけたら、水を抜いて、白い斑点をスポンジで軽くこするだけで、よく取れます。

お試しください。

 

麦茶ポットのおすすめは?

今では100均でも売っている、麦茶ポット。

使うのなら、どんなものがいいでしょうか。

 

白い斑点が気になったり、煮出して作る麦茶を入れるものは、ガラス製品がいいですね。

 

ガラス製品のデメリットは、割れやすいので、変なところに適当にしまえないのが、難点です。

何かの時、落として割ってしまう危険があります。

 

それでも、衛生面を考えると、プラスチックよりガラス製品です。

 

やはりプラスチックがいい、というのであれば、口が大きく、ポットの内側を洗うのが楽なデザインのものが、おすすめです。

蓋の部分も、パッキンなども分解できれば、こまめに洗う事も出来ます。

 

麦茶は、栄養が豊富なので、腐りやすいです。

沸騰させない、水出しの麦茶だと、菌の繁殖も心配ですし、早く飲みきらないと、酸っぱくなったりします。

酸っぱくなったものは、腐りかけなので、注意してください。

 

そのため、水出しで作る時の麦茶ポットは、空になるたびに内側をきちんと洗った方がいいのです。

口がせまく、手を入れて中を洗えないものは、洗うのが億劫になってしまいませんか?

ぜひ、口が広く、洗うのが楽なデザインを選んでください。

 

まとめ

麦茶は、ミネラルも豊富で、ノンカフェインなので、夏の水分補給にとてもいい飲み物です。

子供さんにも、赤ちゃんにも、安心して飲ませることが出来ますよね。

だから、より麦茶ポットの内側の洗浄も、きちんとしておきたいものです。

 

そして、なるべく早く飲みきるようにしてください。

栄養が豊富な分、腐ったりしやすいのです。

家族の人数と、ポットの容量も考えて、こまめに作って、いつも新鮮なものが飲めるようにする方が、安心ですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ