入谷の朝顔まつり 開催時間は?朝顔の値段は?

asagao

夏の風物詩は数ありますが、朝顔は夏の朝に咲く花として、江戸時代から親しまれてきました。

入谷の朝顔市は「入谷朝顔まつり」として、毎年朝早くからにぎわいます。

毎年、ここでの朝顔を楽しみにしている人も多く、魅力あふれる朝の縁日に、行ってみましょう。

 

入谷の朝顔まつりに行こう!

入谷の朝顔市は、入谷鬼子母神を中心に、200軒近い、朝顔業者と露店が立ち並ぶ、夏を代表する縁日です。

毎年、7月の6日、7日、8日に行われます。

 

入谷の朝顔市に行くには、はJRの鴬谷駅か、東京メトロ日比谷線の入谷駅で下車するといいです。

入谷駅からはすぐ、鴬谷駅からは、徒歩3分で、縁日会場になります。

言問通りを約200mにわたって、たくさんの朝顔販売や露店が立ち並びます。

 

入谷の朝顔市の時間は

入谷の朝顔市の開催している時間は、朝5:00~23:00と、かなり長い時間、開催しています。

朝顔市の一番の目玉、朝顔を購入するには、花が咲いている、朝に行くべきでしょう。

なぜなら、午後には、花がしぼんでしまっているからです。

 

朝顔の露店には、しぼんでしまってもいいように、写真などが置いてある店もありますが、気に行った色の花を探すには、朝に出かける方がいいですね。

だいたい、11:00にはしぼんでしまいますよ。

スポンサードリンク

朝の7:00でも、朝顔を求めて、かなりの人出が出ています。

 

そのあと、飲食店の露店が開店し始めます。

朝顔を買う目的はないのであれば、かなり遅い時間帯まで露店は出ているので、縁日の雰囲気を楽しむことは出来ます。

夜に向けて、浴衣で来る人も増え、夏のお祭りの情景らしくなっていきます。

 

入谷の朝顔市の朝顔の値段は?

入谷の朝顔市で、朝顔を買おうと思っているなら、花が咲いている朝に行かないと、もったいないですね。

どこの店でも、同じような種類や、品ぞろえですし、流行の品種なども多く置いてあります。

 

朝顔市で出している朝顔は、大体どれをとってもはずれはないので、後は自分の気にいった花が咲いている鉢を、選びましょう。

大体、1鉢2000円~で、どの店も同じような値段設定です。

 

選ぶ場合は、株元がしっかりしていて、茎やつるが太く、葉は少なくて蕾が多い鉢を選んで買うといいです。

あとは、お店の人に、長持ちさせる方法などを聞いてみるといいでしょう。

 

持って帰るのが困難な場合や、人に送ってあげたい場合は、会場に、宅配のカウンターもあり、送ることが出来ます。

 

まとめ

入谷に住んでいた植木職人が、朝顔を大量に仕入れたことから始まった、入谷の朝顔市。

一度はすたれましたが、まちの活気を取り戻すべく、戦後すぐに、縁日を復活させたことが、今も続く人気の朝顔市の歴史です。

 

会場にある、鬼子母神様は、子育ての神様で、この時期だけに売っている、朝顔をモチーフとした、子供を守るお守りがあります。

 

夏の暑い日も、朝なら涼しいですし、見るだけでより涼しくなる朝顔市に、出かけてみてはいかがでしょうか。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ