マツコの知らない坦々麺の世界のおさらい

マツコの知らない世界(5月16日)の放送では、坦々麺評論家の大山烈さんが出演しました。

坦々麺ブームにのって、新店舗が続々オープンの昨今、1000食以上の坦々麺を食べている大山さんが、番組内で紹介した、激ウマ坦々麺をおさらいしましょう。

 

くら寿司の坦々麺

コスパが高いとお薦めするのが、回転寿司のくら寿司にある、坦々麺です。

ゴマとラー油の香りが利いている、寿司屋ならではの魚介系のスープに、太めの汁がよく絡む太麺が特徴です。

 

この坦々麺は、驚きの360円。

大山さんのお薦めは、麺を食べきったあとのスープに、うまタレ牛カルビというお寿司を、その中に投入し、クッパのようにして食べるがおいしい、とのことです。

 

汁ありか汁なしか?

坦々麺の元祖は、汁なしなのですが、日本で生まれた汁あり坦々麺も人気ですよね。

大山さんもマツコも、汁あり派だそうです。

 

鳴龍の坦々麺(汁あり)

大塚駅から徒歩5分にある鳴龍の坦々麺800円

鳴龍は、ミシュランガイド2017で1つ星を坦々麺で獲得した名店です。

 

実食したマツコの感想は「初めてだわ!」

食べたことのない斬新な味付けには、黒酢とりんご酢が使われ、さわやかな酸味があります。

 

麺は、博多とんこつラーメンのような細麺なのも、珍しいです。

替え玉100円もあるので、堪能したい方はどうぞ!

さわやかな酸味と細麺で、くどくなく食べられるとのこと。

 

パクチーのトッピングも人気で、入れると味の変化を楽しめます。

 

鳴龍の食べログのページ↓

https://tabelog.com/tokyo/A1323/A132302/13141302/

 

麺や金時の坦々麺(汁なし)

江古田駅から徒歩8分の麺や金時の坦々麺は汁なし代表です

カウンター7席しかないので、行列必至です。

 

麺や金時の食べログのページ↓

https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13139195/

 

 

マツコも出てきた坦々麺の肉味噌をたべて、驚いていましたね。

「うまい!すごい好きな味」という感想。

 

 

麺は太麺で、たっぷりの肉味噌に絡めると、ミートソーススパゲッティみたいです。

ツウの食べ方は、ライス100円を頼んで、おいしい肉味噌をかけてたべるのです。

スポンサードリンク

 

 

ここで、マツコは、汁なし派に転向した?ようです。

 

 

ウマイ坦々麺の3大激戦区を紹介

東京で坦々麺の激戦区は、池袋、神田、赤坂の3地区。

おすすめ店をフリップで紹介しました。

 

TBSがある赤坂に「希須林」というお店があり、そこは、汁なし、汁あり、両方の坦々麺があります。

それぞれに排骨(パイコー)を乗せることが出来て、それがまたおいしいので人気があります。

 

排骨とは、厚切り豚のあばら肉に衣をつけて揚げたものの意味です。

 

赤坂の「メゾンドユーロン」の坦々麺は辛さを抑えてクリーミーに仕上がっています。

高級そうな坦々麺です。

 

池袋の「栄児」にある汁なし坦々麺は、一見麺だけしか見えないのですが、その下に汁が潜んでいます。

 

池袋の「青鬼」には、辛さの度合いが3種類の坦々麺があります。

マイルドな姫、山椒がたっぷりの辛さの青鬼、その中間が鬼というメニューです。

2種類食べたい人は、ミニサイズ2種のハーフ&ハーフがおすすめです。

 

楊2号店の汁なし坦々麺

マツコが実食したのは、池袋西口から徒歩6分の、楊(ヤン)2号店の汁なし坦々麺です。

本格中華の山椒の辛味の利いた汁に、乾麺が特徴です。

 

この店は、孤独のグルメ(テレビ東京系の連続ドラマ)でも紹介されたお店で、人気があります。

主演の松重豊さんが撮影で食べてから、あまりのうまさに、放送後に店が混んでしまっていけなくなる前に、再度プライベートで食べに行った店です。

 

マツコの感想は「乾麺いい!」

 

テーブルにある黒酢をかけて食べるがお薦めです。

 

楊(ヤン)2号店の食べログのページ↓

https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13009261/

 

雲林坊 秋葉原店の坦々麺(汁あり)

神田駅から徒歩5分の雲林坊 秋葉原店は、麻婆豆腐と坦々麺の専門店です。

こちらの汁あり坦々麺は黒酢と山椒が効いた、スパイシーな味わいが特徴です。

 

雲林坊 秋葉原店の食べログのページ↓

https://tabelog.com/tokyo/A1310/A131002/13141638/

 

全粒粉で出来た麺なので、麺の風味も強いです。

こちらの店では韓国のりが入った味玉ライス150円のいサイドメニューが人気なので、ぜひ一緒に頼んでみてください。

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ