アサイーとは?栄養は?ダイエットに効果がある?

 

asai

最近注目され始めた、アサイー

スーパーの店頭などにも、それを含むドリンクなど並んでいますね。

私も、1つ口にしてみました。

味は、ほかの果実などと混ぜてあり、飲みやすくなっています。

栄養効果も高そうなので、時々使ってみたいと思っていますが、特に、初めての方に、特徴などを。

 

アサイーとは?

ブラジルのアマゾンで穫れるくだもので、ブルーベリーより少し大きく、果実の色は、黒紫色(ヤシ科の植物)をしています。

枯れたような枝に、日本の繭玉のような果実をつけます。

 

自然治癒力に優れアメリカやブラジルのスポーツ選手などに好まれたり、様々な栄養素を効率よく取れるので、驚異のフルーツとも言われたりしています。

 

ただ、酸化しやすいため、ブラジルで採れたものをそのまま日本で手に入れることは、なかなか困難で、収穫後、ピューレにされ、冷凍するか、粉末にされたものが、使われています。

 

そのものの味は、特にはなく、どちらかというと、一緒に混ぜたほかのくだものなどの味を引き立たせるような役をします。

 

果実自体は、種がほとんどで、種も混ぜ込んでピューレになるので、第7の、栄養素と言われる『ファイトケミカル』(物の潤いを保つなど)も、豊富です。

スポンサードリンク

どんな果実とでも合いやすいし、栄養価が高いです。

アスリートやモデル、芸能人など好んで使っています。

 

アサイーの栄養は?

・食物繊維は、ごぼうの約3倍。

・ポリフェノールが赤ワインの、約30倍、ブルベリーの約18倍

・ビタミンCが、レモンの約3倍。

・カルシュームが、牛乳の約3倍。

・鉄分が、レバーの約5倍。

・アントシアニンが、ブルーベリーの約5倍。

 

いろんな栄養が、効率よく採れる果物です。

 

アサイーはダイエットに良いか?

ダイエットに、有効という意見は、多いです。

アサイーボウルなどを朝食に取り入れ、ダイエット向きにしたり。

食物繊維が、他のダイエット食品にくらべ多いので、腹もちはよいのです。

 

アサイーを使ったおすすめの食べ方を紹介

スムージー

 

冷凍アサイーを、牛乳や豆乳に混ぜ、ミキサーに。

 

アサイーボール

 

凍ったアサイーを、牛乳や豆乳、またフルーツをミキサーにかけてスムージー状にしたものをカップ(ボウル)に入れ、シリアルやフルーツをトッピングします。

 

他にも、

パウダー(凍結乾燥)を、トッピングにする。

ヨーグルトに混ぜる、など。

 

価格は、やや高い目という意見もありますが、普通ののダイエット食品よりは、栄養価も高いということですので、ためしてみる価値がありそうです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ