梅雨時の洗濯物の対策は?エアコンを使う?除湿機?

室内干し

梅雨時、雨が続いて、困るのが洗濯物ですよね。

毎日、乾かない洗濯物で、外に干せないので、部屋で乾かしても、いまいち乾きが悪いし、嫌なニオイのもとにもなってしまいます。

洗濯物の部屋干しで、効率よく乾かすための対策を提案します。

一度試してみてはいかがですか?

 

 

梅雨の洗濯物の対策に必要なものはコレ!

梅雨の時期の洗濯物は、外に干せないので、部屋干しにせざるおえません。

部屋干しは、なかなか乾かないのが難点です。

 

それでも、すこしでも乾かすための対策を、提案します。

一応、洗濯乾燥機がない、使用しない、という前提で、考えています。

 

まずは、干す前の条件として必要なことは、なるべく水分を絞っておくということです。

洗濯機の、脱水の時間を、通常より長くします。

 

次に、干すための条件は、

①風が通るようにする

②除湿する

この2点です。

 

まずは、浴室に洗濯乾燥機能がついている場合。

これが一番、効率がいいでしょう。

 

浴室は、湿気がこもらないような、装置が装備されています。

浴室の換気扇を使えば、①の条件がクリアで、乾燥機能で②の条件がクリアです。

 

浴室の洗濯物も、あまりごちゃごちゃ干さず、間隔を開けて干してください。

これでも、なかなか乾かないようなら、サーキュレーターを入れて、上向きに強力な風を送ってみましょう。

 

時々、サーキュレーターの位置を変えて、風のあたる場所を変えてみてください。

洗濯物を干す時には、裏返して干し、乾きにくい衣類の縫い目を外に出します。

 

裏ワザとして、シャツの裾の片側だけ、ズボンハンガーに挟んで逆さに干す、という方法もあります。

urawaza

風が中に入りやすく、乾きやすいのですが、型崩れが心配なら、やめておきましょう。

 

梅雨の洗濯物を部屋干しする時のエアコンを使うメリット&デメリット

浴室の洗濯乾燥機能がついていない場合、居間などで乾かす方法ですが、エアコンを使う方法もあります。

 

エアコンを使えば、条件①はもちろん、クリアですね。

風を最強にすればいいです。

それでも風が弱い場合は、扇風機や、サーキュレーターを併用してみましょう。

 

エアコンを使う時のコツは、温度を上げ下げすること。

スポンサードリンク

部屋の温度を上げて(30度くらい)、次に下げます(20度くらい)。

これを繰り返すと、乾きやすいのですが、こまめな調節が必要で面倒ですね。

出来なくても、除湿機能や、送風機能のみでも、いいと思います。

 

干す時には、風が当たりやすい、上の方に洗濯物を干すといいです。

 

エアコンを使うメリットは、蒸し暑い日の、室内の温度も下げることが出来る、という点です。

最近のエアコンは、除湿機能も付いているので、わざわざ除湿機を買わなくて済むことです。

 

強い風が当たるように、送風口に上手く洗濯物を干せれば、扇風機などもいりません。

エアコンを上手に使えば、これだけで乾かすことが出来るのです。

除湿機を使った時のように、水を捨てる必要もなく、手間がかかりません。

 

デメリットと言えば、電気代がかかること、ですね。

温度を急激に上げたり下げたりするときが、エアコンでは電気をいちばん使ってしまうので、仕方がないですね。

 

梅雨の洗濯物を部屋干しする時の除湿機を使うメリット&デメリット

エアコンを使わず、うまく部屋干しで乾かしたい場合、除湿機を使うという方法があります。

 

除湿機には、夏に最適なコンプレッサー式と、冬に最適なゼオライト式と、両方の機能のハイブリッド式があります。

梅雨時には、コンプレッサー式がおすすめです。

本体価格も安いし、電気代も安くあげることが出来ます。

 

除湿機は、除湿をするだけなので(まれに送風機能のあるものも)条件②はクリアですが、①をクリアするために、扇風機や、サーキュレーターなどが必要になります。

 

除湿機のメリットは、電気代が安いことです。

4時間使うとして、30円くらいです。

 

デメリットは、サーキュレーターなどの、送風機能のあるものを併用する必要があることと、タンクに水がたまるので、こまめに捨てなければいけない手間が、かかることです。

 

まとめ

一番いい方法は、浴室に洗濯乾燥機能がついている場合、それを使うことです。

それ以外では、エアコンを結構使う家であれば、エアコンを上手く使って、乾かす方法がいいと思います。

 

あまりエアコンを使わない家であれば、洗濯物を乾燥させるためだけに、エアコンをガンガン使うのは、電気代がもったいないと思います。

それならば、コンプレッサー式の除湿機と、サーキュレーターを購入して、併用する方がいいでしょう。

 

電気代は、両方合わせて、4時間使って34円くらい(除湿機約30円、サーキュレーター約4円)で済みます。

本体は、除湿機は15000円くらい、サーキュレーターで3000円くらいで買えます。

サーキュレーターは、一年通して使用できるため、いい買い物だと思いますよ。

 

いろいろ工夫して、梅雨時でも洗濯物は、カラッと乾かしたいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ