麦茶は赤ちゃんにいつからあげる?赤ちゃん用の違いは?与え方は?

mugicha

暑くなってくると、汗をかきやすく、赤ちゃんも水分補給が欠かせませんね。

麦茶はカフェインも入っていないので、赤ちゃんに与えても問題ありません。

麦茶は、いつからあげても大丈夫なのでしょうか。

赤ちゃん用に売っている麦茶と、普通の麦茶の違いはなに?

与え方のコツなどは?

それらの疑問点について、お教えします。

 

 

麦茶は赤ちゃんにいつから飲ませればいい?

赤ちゃんに麦茶を与える時期は、離乳食を始める時期とおなじくらいが、いいでしょう。

6か月までくらいは、母乳やミルクを与える期間です。

 

離乳食も、大体平均して、6ヶ月目くらいから、と言われていますが、麦茶もそのくらいからあげるのがいいと思います。

ミルク以外の味に、徐々に慣れさせる時期ですから、最初は少量でも、あまり飲まなくても、少しずつでもあげるといいでしょう。

麦茶はノンカフェインなので、赤ちゃんでも安心です。

 

普通の麦茶は、苦みがあるので、薄めてからあげるようにしましょう。

その際、麦茶には砂糖を入れないものが、望ましいです。

赤ちゃんにとって、糖分は分解しづらいので、負担になることがあるからです。

 

麦茶の赤ちゃん用 違いはなに?

赤ちゃん用に販売している、麦茶がありますが、普通の大人が飲む麦茶と、何がちがうのでしょうか?

それは、普通の麦茶より、薄めてあるものが、赤ちゃん用です。

なので、普通の麦茶を、薄めて飲ませても、問題ないのです。

 

夏場は、大人でも麦茶を常備して飲んでいる、家庭も多いですね。

それならば、赤ちゃん用に、別に麦茶を買うのではなく、大人用の麦茶を薄めて作れば、経済的です。

 

赤ちゃんに最初に飲ませる時に、薄めるのが少なすぎて、苦みが残っているものをあげてしまい、その後、なかなか飲まなくなった、ということがないようにしたいですね。

 

赤ちゃん用にあげるの物は、麦茶パックを煮出して、沸騰させて作ったものがいいですね。

スポンサードリンク

殺菌した状態になりますし、水出しのものをあげるより、安心できます。

 

どのくらい薄めたらいいかの目安は、市販のベビー麦茶と同じくらいの色を参考にしてましょう。

家では普通の麦茶を薄めた物を飲ませて、外出した時には、ベビー麦茶のペットボトルを持って出る、という風に使い分けるのも手です。

 

麦茶を赤ちゃんに飲ませる与え方のコツ

母乳を飲んでいた赤ちゃんは、哺乳瓶だと飲みにくい場合、スプーンで少しずつ与えて上げてください。

苦みが少し残っていると、変な顔をするかもしれませんが、根気よくあげていれば、そのうち普通に飲むようになります。

 

お出かけには、マグに麦茶を入れて持っていってもいいですが、雑菌の繁殖が心配ですね。

まだ気温がそれほど上がらない時期は、麦茶を入れたマグを数時間もちあるいても大丈夫でしょう。

 

真夏の暑い時期は、傷みが心配ですので、残っていても、途中で取り替えるほうがいいかもしれません。

あまり神経質にならず、麦茶の入っている容器でしたら、水道水ですすいでも大丈夫だと思います。

そのあと、持参したベビー麦茶の新しいものや、ペットボトルのお水をあげたりしましょう。

 

真夏は新陳代謝が激しく、汗もかきやすく、水分不足になりがちなので、赤ちゃんはとくに、こまめの水分補給に気をつけてあげてください。


 

まとめ

赤ちゃんも、大人と同じで、甘いものが大好きです。

そのため、離乳食が始まった時に、甘いジュースをあげてしまい、麦茶のような甘くない飲み物を、嫌がって飲まなくなってしまう、というケースが多いようです。

 

甘いジュースなどは、出来れば控えめにして、お湯を冷ましたものや、砂糖を入れない麦茶で、水分補給をした方がいいのです。

 

なかなか飲まなくても、根気よく与えていけば味に慣れてくるので、大丈夫です。

そのうち、ぐびぐび飲むようになり、大きくなってくれば、大人と同じ濃さの麦茶も、抵抗なく飲むようになります。

 

ノンカフェインで、経済的な麦茶は夏の冷蔵庫の必需品ですね。

上手に取り入れて、大人も赤ちゃんも、真夏の熱中症対策にしてください。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ