鎌倉の長谷寺のアクセスは?あじさいの見ごろは?スイーツは?

azisai

 

いつの時代も衰(おとろ)えない人気を誇(ほこ)る古都・鎌倉。

国宝に指定されている鎌倉大仏をはじめ、たくさんの観光スポットで日々にぎわいを見せています。

今回はその中でも長谷寺に照準(しょうじゅん)を合わせてご紹介していきます。

”花の寺”とも呼ばれ、みんなに親しまれる古寺の道を”花散歩”しませんか?

 

鎌倉の長谷寺へのアクセスは?

まずはどんなツールを使って向かおうか、迷いますね。
自分の足で鎌倉の町を散策したいというのであれば、公共交通機関を利用するのがいいでしょう。

 

駅からのアクセスは、以下3ルートをご紹介します。

①JR 横須賀線・鎌倉駅下車 → バス『長谷観音』下車 → 徒歩5分
②JR 横須賀線・鎌倉駅下車 → 江ノ電『長谷駅』下車 → 徒歩5分
③小田急線・藤沢駅下車 → 江ノ電『長谷駅』→ 徒歩5分

 

お車をご利用の方は、以下のルートをご案内します。

横浜横須賀道路 → 朝比奈IC下車 → 県道204号にて30分

 

長谷寺の駐車場は普通車は30台駐車可能で、30分300円となっております。
またバスは4台駐車可能で、30分1000円なのですが、2時間を超えると2倍の料金がかかってきますのでご注意ください。

なお、横浜横須賀道路は他の有料道路と比べて高速料金が割高でしたが、2016年4月以降は引き下げになるようです。
利用には嬉しい限りですね。

詳細な情報は以下になります。

■長谷寺■

ADD:〒248-0016 神奈川県鎌倉市長谷 3-11-2
TEL:0467-22-6300
FAX:0467-22-6303

スポンサードリンク

 

鎌倉の長谷寺のあじさい見頃は?

初夏の長谷寺を涼やかに彩るあじさい
ハナショウブも見ごろを迎えている季節ですが、やはり一面パノラマに広がるあじさいは、目もくらむほど見事です!

 

長谷寺のあじさいは毎年6月上旬ごろに開花を始め、見ごろは6月中旬~7月中旬と、およそ1ヶ月にわたって続きます。

境内(けいだい)には40種類以上・約2500株もの花が咲き誇り、梅雨時期の散策に”アジサイの径(こみち)”として楽しむことができます。

 

青や紫の花々に、雨の雫が水玉を作ってはコロコロとこぼれ落ちる様子はなんとも風流で、わずらわしいはずの長雨でさえも好きになってしまうかもしれませんね。

 

さて2015年、今年の開花予想はというと・・・当てるのは難しい!との管理人さん。

開花は気候に左右されやすいので、今年の気候が例年通りであれば、開花も見ごろも例年通りということのようです。

 

桜の開花は例年通りのようなので、異常気象に邪魔されなければ6月中旬には見事なあじさいを堪能できるでしょう。

 

鎌倉の長谷寺近辺の人気スイーツ紹介

「花より団子」というわけではありませんが、やはりご当地グルメスポットははずせませんよね。

長谷寺の最寄り駅、江ノ電・長谷駅から徒歩1分『鎌倉ぷりん工房 かわいい娘たち~La・Chou・Chou~』に行かなきゃ損です!

 

その名の通りプリン専門店なのですが、各著名人も愛してやまない絶品スウィーツが話題になっています。

テレビでも取りざたされている、今鎌倉で最もホットな有名店なのです!

でも水曜日が定休日になっていますので、ご注意くださいね。

 

長谷寺のあじさいを、鎌倉の観光スポットとしてご紹介しましたが、梅雨を楽しむための計画にお役立ていただければ幸いです。

美しい景観を眺望(ちょうぼう)し、長く続くあじさいの道を散策、シメは疲れた体に甘いスウィーツ。

心満たされる鎌倉の旅になること間違いなしですね♪

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ