ダイエット臭は糖質制限が原因?防ぐには?

gohan

ダイエット臭という言葉をご存知ですか?

もし、あなたが、ダイエットをするとしたら、ダイエット臭のことを、知っておかなければいけないでしょう。

 

ダイエット臭が発生する原因と、防ぐ方法をご紹介します。

 

 

ダイエット臭は糖質制限が原因?

ダイエット臭とは、ダイエットをしはじめたら臭ってくる、体臭のことです。

ダイエットの中でも、糖質制限がメインのダイエットをすると、起こります。

 

体質によって、起こりやすい人とそうでない人がいますが、ダイエット前に、動物性の脂をあまりとらず、炭水化物が多い食事をしている人が、起こりやすいです。

 

ダイエット臭とは、ケトン臭ともいわれています。

 

糖質制限によって、糖質をエネルギー源として使えなくなった場合、体脂肪をエネルギー源として使い始めます。

体脂肪が肝臓で分解され、ケトン体となり、それをエネルギー源として、体の機能の維持をするように、変化していきます。

 

ケトン体をエネルギー源として使われるようになるまで、臭いは変化していきます。

 

まずは、糖(炭水化物)が入ってこないことで、体脂肪を燃やそうとして不完全燃焼がおこり、汗臭い臭いになります。

次に、不完全燃焼でもエネルギーになる方法を取り始め、そこで出る臭いが、アンモニア臭です。

 

さらに進むと、ケトン体がエネルギーとして使われ始めると、ケトン臭がしてきます。

この時の匂いが、甘酸っぱい臭いです。

 

糖質制限を行っていくと、糖を分解しないため、一般的に体臭が、汗臭さ→アンモニア臭→ケトン臭と、変化します。

 

だいたい、汗臭さくらいでは、あまり気付かないのですが、アンモニア臭まで行くと自分でも周りの人にも、確実に気付かれます

そして、いやな顔をされます(はっきり言われるかも)。

 

このころになると、糖質制限の効果が出始め、体重が落ちたり、体が引き締まってきたりダイエットの効果が出てくるころです。

 

糖質制限は、ダイエットとして効果的な方法ですが、行う前には、ダイエット臭が出てくるかもしれないことを念頭に、対策方法も知っておくことを、おすすめします。

 

ただし、糖質制限ダイエットをしていないのに、このダイエット臭がする場合があります。

それは、糖尿病の前兆の場合です。

 

糖尿病とは、糖を分解するインシュリンの不足で起こる、病気です。

インシュリンの不足は、あまりにも体に糖が入りすぎたため、インシュリン供給の機能がパンクしてしまい、インシュリンが分泌されなくなってしまうためです。

 

そのため、糖の分解が滞り、糖質制限ダイエットをしている時と同じ、ダイエット臭がしてきます。

自分が、ダイエットをしていないのに、ダイエット臭がするとか、家族がしているとか、気がついた場合は、すぐに病院に行って、検査を行ってください。

 

最近はライザップ臭とも言われる?

ケトン体のケトン臭が、ダイエット臭と言われるのも、それほど昔からではないのですが、最近では、ライザップ臭と言われることもあります。

 

ライザップは肉体改造として、筋トレとともに、食事制限を行っています。

それが、糖質をまったく取らない食事です。

 

糖質を取らず、体脂肪をエネルギー源としながら、筋トレをすることで、体脂肪を落とし新しい筋肉を作ることで、ダイエットを成功させています。

 

糖質制限ダイエットと同じく、糖の分解の経路をたどるので、第一章でいうところの、体臭の変化がおこる場合があります。

 

たしかに体臭が臭いのは、自分でも、家族や職場など、周りの人間も、いやな思いをしますが、裏を返せば、ダイエットが成功しつつある、という証拠ですね。

スポンサードリンク

 

ダイエット臭を防ぐには?

ダイエット臭を防ぐには糖質制限でないダイエットを行えばいいのです。

ですが、糖質制限はとても効果的なダイエットなので、上手にダイエット臭対策しながら、行ってみてはどうでしょう。

 

糖質制限をゆるくする

まったく炭水化物(糖質)を食べないのではなく、糖質を半分くらいにするとか、3食のうち、1食だけは、完全糖質カット食にするなどです。

 

その場合は、3食とも糖質半分より、2食や1食だけ糖質カットにするほうが、糖質が入ってこない期間は、体脂肪が使われるため、ダイエットとしては効果的です。

 

水分をたくさん取る

水分をたくさん取って、汗のにおいを軽減させる方法です。

 

ただし、昼間だけはこの方法で可能ですが、夜寝ている時は、水分がとれないので、朝一には、臭ってしまうのが、ちょっと残念ですね。

 

それでも、体を温めて汗を出したり、お風呂もシャワーですませず、湯船につかり、汗をきちんと出すようにしましょう。

 

筋トレをする

筋トレをして、筋肉をつけながら、糖質制限ダイエットを行いましょう。

 

ケトン体は、筋肉と脳で燃焼します。

糖質制限ダイエットを行う場合は、タンパク質はきちんと取って、筋肉がつく運動を行う事で、ケトン体を燃焼させ、ダイエット臭を軽減させます。

 

難しい脳トレなども、効果的かもしれません(実証報告はありませんが)。

 

アルカリ性食品を取る

ケトン体が多くなると、酸性が強くなってきます。

アルカリ性食品を取って、バランスをとることで、ダイエット臭は軽減されます。

 

管理人が第2段階の体臭で気がついて、すぐ行った方法が、梅干しを食べることです。

梅干しを1日2個、朝晩食べたところ、かなり軽減されました。

 

他にも、レモンやグレープフルーツなど、酢を飲むのでもいいですね。

 

ダイエット臭はいつまでする?

ケトン体の燃焼に、体質が完全に切り替わった時には、体臭がおさまります。

人によって違いがありますが、3か月~半年くらいで、おさまってきます。

 

 

ほかにも、糖質制限ダイエットをやめれば、もちろん、ダイエット臭はおさまります。

 

その場合は、糖尿病の前兆で無いことを確認してください。

糖質制限ダイエットをやめても、ダイエット臭がするなら、病院で検査をすることをおすすめします。

 

まとめ

糖質制限ダイエットは、ダイエットとしてとても効果的です。

ただし、糖質制限をしながら、他に何を食べるのかにもよります。

 

糖質制限をしながら、カロリー制限も一緒に行ってしまうと、筋肉も衰えるし、体を危険にさらしてしまいます。

自己流で、糖質やカロリー制限の、危険なダイエットをせず、必ず専門家の提唱する方法を、きちんと守って、行いましょう。

 

最後は、自分の感覚を信じ、この方法は危険と判断したら、すぐにやめる勇気も必要です。

ダイエットの方法はひとつではありません。

自分の体質にあった、ダイエットを行い、無理なことはしないようにしましょう。

 

スポンサードリンク

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ