ラム肉で痩せる理由は?ダイエットにいい?臭いは?

sheep

ラム肉は、肉類の中でも痩せやすい肉だと、話題になりました。

なぜラム肉は、痩せやすいのでしょうか?

 

ダイエットにいい理由と、独特の臭いについて、説明します。

 

 

ラム肉で痩せる理由は?

ラム肉は痩せやすいと、よく言われます。

ある俳優さんが、モンゴルに行った際、羊肉をたべまくって、痩せたそうです。

 

ラム肉は子羊の肉で、大人の羊肉は、マトンと言います。

羊肉には、L-カルニチンという物質が、多く含まれています。

 

L-カルニチンの効果は、脂肪燃焼効果があります。

食べた物の脂肪のみならず、体脂肪も効率よく燃焼してくれるのです。

 

L-カルニチンは、ダイエットサプリメントでも、製品化しています。

L-カルニチンを単独で摂取するのもいいですが、肉はタンパク質なので、できればサプリメントより、ラム肉として食べる方が、いいのです。

 

他にも、ラム肉は、ほかの肉に比べて、低コレステロールです。

鉄分やビタミンBも含まれていて、肉の中では、痩せやすい肉だということになります。

 

ラム肉がダイエットにいい?

ラム肉に含まれるL-カルニチンが、脂肪燃焼効果があることは、先ほど説明しました。

肉類の中でも、100gあたりの、L-カルニチンの量は、羊肉が群を抜いて多いです。

 

マトンが200㎎で、ラムが80㎎

牛ヒレ肉で60㎎、豚肉で35㎎ですので、羊の肉に含まれる量は多いですね。

 

ただ、マトンはL-カルニチンがとても多いのですが、臭いもクセもあり、食べにくいので、おすすめはラム肉なのです。

 

ダイエットをするには、カロリー制限が必須だという常識がありますね。

そのため、カロリーの低い、野菜や海藻、きのこ類などが、ダイエットにいい食品として、知られています。

 

ですが、最近のダイエットの考え方は、まず筋肉をつけて、基礎代謝をあげることが重要という新常識が、知られ始めています。

スポンサードリンク

 

低カロリーの食事を続けて行くと、体が低カロリー食に慣れてしまい、元に戻した時に必ずリバウンドをしてしまう。

その代わり、筋肉をつけながら、基礎代謝をあげる方法でダイエットをすると、食事を戻してもリバウンドはしない(しにくい)のです。

 

筋肉をつけるには、タンパク質の摂取が不可欠で、肉を食べることは、基礎代謝を上げるのに効果的なのです。

 

そこで、ダイエットのために、タンパク質を取るのであれば、どうせなら、L-カルニチンが多いラム肉を選ぶほうが、効果が早いというわけです。

 

ラム肉の臭いにおいはどうすればいい?

ラム肉と言えば、代表的な料理が、ジンギスカンですね。

ジンギスカンは、北海道で有名な料理で、信州でも一般的です。

 

ただし、ジンギスカンに使われる肉が、とても臭くて、苦手な人が多いです。

なぜ、ジンギスカンが臭いのかというと、ジンギスカン用の肉として売られているものは、実は、古いマトン肉の場合が多いからなのです。

 

北海道に行って、お店で食べる、新鮮なラム肉を使ったジンギスカンなら、まったく臭くありません

ラム肉が苦手、羊肉が苦手という人は、一度古いマトン肉を食べる機会があったからだと思われます。

ぜひ、新鮮なラム肉を使った料理を、一度食べてみてください。

 

ラムより、もっと小さい子牛の肉は「ミルクラム」といって、よりクセのない肉もありますよ。

 

タレにつけてあるジンギスカンを、自分で焼く場合は、タレに臭い移りしていることがあるので、タレをよく取って、新しい別のタレで、調理してみてください。

 

自分でラム肉を使った料理を作る場合は、なるべく新鮮な肉を買ってきて、スパイスを利かせたり、濃い味の味つけにすれば、それほど気になりません。

 

ラム肉は、やわらかいのが特徴なので、コショウとスパイス、香味野菜をふんだんに使って作った、骨付きラムチョップが、ラム肉を堪能できる料理です。

 

まとめ

ダイエットをする時に、ただ、低カロリーの物だけを食べるダイエットより、肉や魚など、タンパク質を取って、糖質を減らす方法が、知られ始めました。

それで、いままでは、ダイエットの敵だった肉類が、注目され始めました。

 

なかでも羊肉は、肉類の中でも、いちばんダイエットに適している肉と言えます。

新鮮なラム肉を使って、工夫して調理をしたり、美味しいラム肉の食べられるレストランに行ったり、上手にラム肉を取り入れて行ってみては、いかがでしょうか。

 

スポンサードリンク

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ