卵の保存方法を間違えてない?ゆで卵の賞味期限は?冷凍は?

egg

スーパーの特売で、たくさん買ってきてしまった卵。

スーパーでは常温だったので、常温保存でもいいのでしょうか?

 

間違えがちな、卵の保存方法と、ゆで卵にした場合の賞味期限、卵の冷凍保存のコツなどについて、ご紹介します。

 

卵の保存方法を間違えてない?

常温保存でもいい?

卵の正しい保存方法を、おさらいしてみましょう。

まず、スーパーでは、常温で売っていましたね。

だとしたら、家での保存も、常温で大丈夫なのでしょうか。

 

結論から言うと、冷蔵保存をした方がいいです。

とくに夏場は、絶対にしてください。

卵のパックの表示にも、10℃くらで保存して下さい、と書いてありますよ。

 

生卵で心配なのが、食中毒の原因になる、サルモネラ菌です。

ニワトリから生まれた卵には、菌を寄せ付けないクチクラ層が、微生物の侵入を防いでいます。

だから、ヒナがかえるまで、常温で(ニワトリが温めますが)大丈夫なのです。

 

スーパーまで、流通する段階で、ニワトリの糞などが殻についているので、洗浄します。

その時に、クチクラ層が取れてしまいます。

 

必ず賞味期限が書いてあるので、冷蔵庫にいれ、かつ、賞味期限にも注意しましょう。

 

ドアポケットの卵ホルダーに入れてるけど?

卵の置き場所は、ドアポケットの卵ホルダーに入れていますか?

それは、すぐにやめてください

 

卵は、振動を嫌いますので、保存はなるべくそっとしておいた方がいいのです。

ドアポケットの卵ホルダーでは、ドアの開け閉めの度に、振動が伝わり、卵に良くありません。

 

新しい冷蔵庫は、卵ホルダーが扉ではなく、中に引き出しがあります。

昔の冷蔵庫は、ドアポケットにあったので、その知識が反映されたということでしょう。

 

卵の向きを気にしていない?

卵を保存する時は、上下を気にして保存していますか?

卵は、先がとがっている方を、下にして保存しましょう。

 

とがっていない方に、気室といって、卵が呼吸している場所があります。

古い卵をゆでると、底が大きくへこんでいますよね。

 

それがあるおかげで、鮮度を守っているのです。

スポンサードリンク

とがっている方を上にしてしまうと、呼吸できなくなり、鮮度がおちるのが早くなります。

 

普通に、卵のパックでは、上下反対に気がつくように、賞味期限の書いた紙などが入っているのです。

パックごとの保存でも、向きに気をつけて、保存しましょう。

 

ゆで卵の賞味期限は?

生卵の賞味期限は、買ってきたときに書いてあるので、わかりやすいですが、ゆで卵にした時は、どのくらい持つのでしょうか?

 

ゆで卵にしてしまうと、普通の家庭でしたら、2日、もって3日が限度です。

先ほど説明したように、生卵は呼吸をしているため、10日~2週間くらいは持ちます。

ですが、ゆでてしまうと、長持ちしません

 

コンビニで販売しているゆで卵は、5日くらいの賞味期限があります。

厳重な衛生管理の環境でつくられているので、それくらいの設定で、大丈夫なのです。

 

家庭では、なかなか衛生的に安心できない部分があるので、ゆで卵にしたら、なるべく早く食べるようにしてください。

 

卵は冷凍保存できる?

生卵は、実は、冷凍保存が出来るのです。

冷凍保存の方法は、2つです。

 

ひとつ目は、卵を割って、溶き卵にします。

それを、ラップできんちゃく状態にして、冷凍すると、卵1個分の冷凍玉子が出来ます。

 

自然解凍して、玉子焼きや、卵とじ、玉子スープなどに使えますよ。

溶き卵の状態で、だし汁なども加えておけば、すぐに茶碗蒸しなどに使えます。

 

もう一つは、殻ごと冷凍します。

冷凍すると膨張して、殻が割れれてしまうので、ビニール袋やラップなどに包んで、冷凍してください。

 

自然解凍すると、白身は普通に戻ります。

黄身は、生の時より、固めになります。

 

この、解凍して少し固くなった黄身が、ねっとり濃厚で美味しいというので、最近ブームになっています。

納豆に入れたり、卵かけご飯にこの黄身を使うと、コクがあって一味違う料理になりますよ。

 

ちなみに、ゆで卵は冷凍できません

解凍すると、白身がゴムみたいになってしまい、美味しくありません。

 

まとめ

卵はコレステロールが高めなので、ヘルシー志向の人には敬遠されがちでした。

 

ですが、高コレステロールは、不健康ともいえないという研究データも発表され、卵も、一日3個まで食べていい、むしろ体にいいと言われ始めています。

 

卵は、長い間、値段が上がらなかった、家計にやさしい、栄養満点な食材です。

上手に保存をして、安くておいしい卵料理を作りましょう。

 

スポンサードリンク

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ