軽井沢の教会での結婚式 人気なのは?石の教会?高原教会?

Marriage

 

外国人の避暑地として、昔から人気のあった軽井沢

教会も多く、リゾートウエディングの人気も高かったのです。

一時期、落ち着いてしまった感がありましたが、また、いま軽井沢の教会での結婚式がブームになっています。

話題の教会の、特徴や人気の秘密を紹介していきます。

 

 

軽井沢の教会で結婚式を挙げたい!人気の教会は?

軽井沢は、外国人の避暑地として、大正時代から人気がある、リゾート地でした。

そのため、教会も多い土地柄でした。

 

現在の天皇、皇后両陛下が、軽井沢のテニスコートで出会ったのが引き金となり、軽井沢の教会で結婚式を挙げるブームがやってきました。

 

その後、海外ウエディングや、芸能人に人気の、都内の高級ホテルでの挙式に人気が移りましたが、またいま、軽井沢での教会結婚式の、次のブームがやってきています。

 

新幹線の駅も出来て、軽井沢と言えば軽井沢プリンスホテルが有名でしたが、中軽井沢方面に、星野リゾートをはじめとする、星野エリアが出来て、人気があります。

 

その星野リゾートが運営する、ホテルブレストンコートが主催する、ウエディングが、軽井沢の教会結婚式ブームの中心となっています。

 

ホテルブレストンコートが主催する式では、敷地内にある二つの教会があり、「石の教会」と、「軽井沢高原教会」での結婚式に人気が集まっています。

 

軽井沢の石の教会の結婚式のようすは?

isinokyokai軽井沢の星野エリアにある、ホテルブレストンコートの敷地内にあるのが、「石の教会」です。

 

この教会は、明治期のキリスト教者・内村鑑三の思想のもと、ケンドリック・ケロッグが設計し、1988年に竣工した、比較的新しい教会です。

 

こちらの教会の特徴は、造形美が素晴らしく、石で出来た洞窟のようで、天井から差し込む光で感じる厳粛さは、日本でもここでしか見られないものです。

 

その空間では、神秘で特別な雰囲気に包まれて、今までの教会にはない、モダンであり、自然の一部のようでもあり、不思議な光景です。

スポンサードリンク

 

いま、石の教会で挙式を上げたいというカップルも、とても多いです。

 

披露宴は、ホテル内で行われます。

ホテルブレストンコートの会場も、洗礼された空間ですが、ここで披露宴をあげる決め手になったのは、料理のおいしさだった、というくらい、美味しい料理に定評があります。

 

もちろん式だけを行うことも可能で、二人だけ挙式のコースや、夕方から式を行う、キャンドルウエディングなどのコースもあります。

スタップも、とても丁寧な対応だということですので、さまざまな予算の相談にも応じてもらえるところも、人気があるのではないでしょうか。

 

軽井沢の高原教会の結婚式のようすは?

もうひとつ、ホテルブレストンコートが主催する、軽井沢高原教会での挙式も、人気があります。

 

軽井沢高原教会は大正時代の1921年に設立されているので、最初のブームの時に、ここで式を挙げたかたのお子さんが、同じ教会で式をあげることにする、と言う話も聞きました。

 

この教会は、軽井沢らしく、森の中にある教会といった感じで、木のぬくもりと温かな内装が、人気の秘密です。

 

クリスマスシーズンには、教会の敷地内にたくさんのキャンドルをともし、キャンドルナイトを行っています。

軽井沢の冬の風物詩として、たくさんの人が、寒い中訪れています。

 

軽井沢高原教会は、やはり初夏から夏にするのが、おすすめです。

緑にあふれた明るい日差しの中で、軽井沢の高原らしい、さわやかな式を行えそうですね。

 

こちらも、夕方から行う、キャンドルウエディングなどのコースもあります。

 

こちらも、みなさん、披露宴をする場合、ホテルブレストンコートの会場で行うようです。

 

まとめ

新幹線の駅が出来て、都心から観光客を呼び込むことに成功した軽井沢。

結婚式を行うのも、アクセスもいいので、参列者の方たちも、日帰りでもいいし、近くの温泉に宿泊するなど、工夫できるようです。

 

以上の二つの教会以外にも、アウトレットの隣の敷地に、軽井沢プリンスホテルが、新しい教会を作りました。

「プリンスフォレスター軽井沢」、こちらも、軽井沢らしいさわやかなリゾートウエディングを提唱しているので、
今後人気が出そうですね。

 

ちなみに、やはり軽井沢で結婚式を挙げる季節は、冬は避けたほうがよさそうです。

雪はそれほど積もりませんが、とにかく空気が冷たいからです。

やっぱり、軽井沢といったら、夏のイメージですね。

 

大切な挙式のことですので、妥協をするより、本当に気に行ったところでするほうが、あとあといい思い出として、記憶に残ることと思います。

いい結婚式を、あげられますように。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ