アボカドの変色を防ぐには?酢では?変色後は食べれる?

abokado

栄養価も高く、おいしいアボカド

サラダなど、生で食べる食材として、よく使われます。

 

いつも頭を悩ませる問題が、アボカドの変色

アボカドの変色を防ぐには、どのようにしたらいいのでしょうか。

 

アボカドの変色を防ぐ方法や、変色をしてしまったら、食べられるのか、どうやって食べるといいのか、お教えします。

 

 

アボカドの変色を防ぐには?

アボカドが好きで、よく買ってくるのですが、1人で1個はさすがに食べられません。

アボカドの一部を使って、残りをとっておこうと思っても、空気に触れてしまう部分が、茶色く変色してしまい、見た目が悪いですね。

 

茶色く変色してしまう原因は、アボカドに含まれるポリフェノールが、空気に触れて酸化してしまうからです。

りんごも、皮をむいて時間がたつと、茶色くなってしまうのと、同じ原因です。

 

アボカドの変色を防ぐためには、切り口が酸化しないようにすればいいのです。

 

最初にアボカドを切る時、水中で切ると、空気に触れるのを防げます

そのあと、アボカドを半分残しておく場合、真ん中にある大きな種は、捨てないで、付けたまま保存してください。

種が一緒にあることで、茶色く変色するのを、多少防ぐことが出来ます。

 

種がついたアボカド半分を、ラップに包んで保存してください。

ラップは、空気が入らないように切り口はピッタリとつけることがコツです。

 

さらに、切り口にレモン汁を塗って(種は外さない)、ラップに包むと、より酸化防止になり、茶色く変色するのを、防ぐことが出来ます。

 

レモン汁は、生のレモンを絞ったものが望ましいですが、レモン汁を濃縮したもの(ポッカ100とか)でも、効果があります。

レモンでなくても、ライムやカボスなど、酸っぱい柑橘類であれば、同じ効果があります。

 

食べている途中でも、変色してくるので、食卓にのせる直前に切るか、食べるまで時間があるのであれば、それもレモン汁をかけておくといいでしょう。

 

アボカドの変色を防ぐのに酢は有効?

アボカドの変色を防ぐ方法は、レモン汁を使う、というのを、ご紹介しましたが、お酢でも効果があるでしょうか。

スポンサードリンク

実は、お酢でも効果があります

 

レモンと同じく、酸性の食品なので、塗っておくと、酸化を防ぐことが出来ますよ。

 

お酢の匂いがつくので、苦手な人や、サラダなどに使う場合は、レモン汁を使った方がいいかもしれません。

アボカドで作る、カリフォルニアロール(アボカドのノリ巻き)であれば、酢飯を使うので、気にならないですね。

 

レモンや酢以外でも、食用のクエン酸を水に溶かした、クエン酸水や、リンゴと同じく塩水でも、変色を防ぐことが出来ます。

 

それでも、もって1日程度ですので、出来れば残りは、次の日に使いきることが望ましいです。

難しいようなら、アボカドディップにして、ラップでピッチリ包んだら、冷凍も出来ます

 

上手に保存して、きちんと使い切るようにしましょうね。

 

アボカドが変色したものは食べれる?

アボカドが変色してしまったものが、食べられるのでしょうか。

アボカドの変色は、時間がたてばたつほど、広がってきます。

 

先ほど紹介した、変色を防ぐ方法で保存しても、切り口が少し茶色くなってしまった場合でも、食べることが出来ます

自分だけで食べるのであれば、多少茶色くとも、大丈夫なのです。

 

食卓に出すもので、茶色くなっている、見栄えが悪いものは出したくない、というのであれば、切り口を少し切って、新しい面にしましょう。

 

時間がたつほど、中まで茶色くなってしまうので、残りを使うのは、早めに使うようにして下さい。

 

変色してしまって、サラダに使えないものを、アボカドのスープに変身させてみませんか。

アボカドとトマトのスープです。

  • トマト2個
  • アボカド1/2個
  • 水150cc
  • 顆粒コンソメ大1さじ(固形コンソメ1個)

以上を、ミキサーにかけます。

食べるまで少し冷やして、夏にぴったりなさっぱりスープになりますよ。

固形コンソメを使う時には、少しのお湯で溶かしてから、ミキサーに入れてくださいね。

 

まとめ

管理人の家族は割と人数が多いのに、アボカドが好きなのが、管理人だけ。

なんとか食べられるのが一人と、アボカドを食卓に出せる機会が、まったくありません。

ひとつ買って、なんとか上手に使いきれないかと、いつも頭を悩ませていました。

 

この方法なら、たとえ自分しか食べないとしても、2日続けて、好きなアボカドが食べられ、幸せです。

同じ悩みのかた、ぜひ、この方法で、おいしいアボカドを上手に保存して、美味しく食べましょう!

 

スポンサードリンク

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ