シンサレートと羽毛の布団の比較!特徴も紹介

futon

シンサレートという素材を使った布団が、羽毛布団よりも温かいと評判です。

 

もし、今年、羽毛布団か、シンサレート布団、どちらか買うか迷っているなら、まずはこの記事を読んで、決めてみませんか?

 

シンサレートと羽毛布団を、比較してみます。

 

 

シンサレートと羽毛の布団を比較すると?

シンサレートとは、住友スリーエム株式会社が開発した、化学繊維です。

シンサレートは主に、車の防音材や、登山用の寝袋、防寒用のジャンパーなどに使われています。

シンサレートという素材は、防音と、防寒の特徴がある、ということですね。

 

最近よく見かける、シンサレート布団とは、そのシンサレートの布(厚さは1センチくらい)を、ポリエステル中綿の布団に入れたものです。

シンサレート布団の売り込みは、「羽毛布団よりも2倍暖かい」というものです。

 

はたして、本当に2倍暖かいのか、本当はどっちがいいのか、比較してみます。

 

羽毛布団の特徴

  • グレードによって値段がさまざま
  • 吸湿性、放湿性に優れている
  • 体にフィットするので暖かい
  • 手入れは時々陰干しする程度
  • 古くなると羽が出てくる
  • ダニがつきやすくアレルギー源になることもある

シンサレート布団の特徴

  • 値段は7千円~1万円以下
  • 保温性はあるが、放湿性はない
  • 体にフィットしない
  • 洗えるので、ダニやほこりアレルギーの人に向く

 

この特徴から推察していきます。

 

シンサレートは羽毛の2倍暖かい、と言われますが、同じ厚さの布団を比べた場合、と、但し書きが(小さく)書いてあります。

 

羽毛布団の厚みは、シンサレートに比べて厚いものがほとんどです。

つまり、一般的に売られている、シンサレート布団と、ある程度のグレードの羽毛布団は、同じくらい暖かい、と思っていいと思います。

 

ある程度のグレードというのは、羽毛布団は、それこそ1万円~20万円くらいの幅あります。

だいたい、きちんとした羽毛布団の機能を持っているものは、5万円は出した方がいいでしょう。

 

大きく違うところが、体にフィットするかしないか、放湿性があるかないか、ですね。

羽毛布団は、体にフィットするため、体に直接掛けることで、外気を取り入れないため、暖かいのです。

 

そして、放湿性があるため、温度調節が出来るのです。

冬は暖かく、春や秋には、涼しく使えます。

羽毛布団は、夏以外は、3シーズン使える布団と言えます。

 

シンサレート布団は、体にフィットしません

体の上に直接かけるものは、ある程度厚手の毛布など、間に一枚掛ける必要があります。

(最近、キルティングが細かく、綿が多く入っているデザインを見つけました。これなら1枚でも、密着するかも)

 

それから、保温性はあるので、冬は暖かいのですが、温度調節はできません

春になって、暖かくなってきたら、暑すぎることもあるでしょう。

 

ケース別のおすすめチョイス

基本の使用は、

  • 羽毛布団は5万円くらいの、ある程度のグレードのもの
  • シンサレート布団には、もう一枚、毛布かやわらかい薄手の布団が必要

という条件とします。

 

●アレルギーがあるなら

これは、考えるまでもなく、シンサレート布団がおすすめです。

ほこりもつきにくく、洗えることが、アレルギーの人には大切ですね。

スポンサードリンク

 

●予算があまりない

安い羽毛布団を買うくらいなら、シンサレート布団がおすすめです。

体の上にかけるものを、いろいろ工夫すると、真冬でも本当にあったかいです。

おすすめは、薄い絹布団や絹毛布ですね。

 

●軽いものがいい

シンサレート布団も軽いのですが、もう一枚掛けることを考えると、羽毛布団に軍配が上がるでしょう。

羽毛布団は1枚でも、十分暖かいですよ。

 

●長い期間つかえるものがいい

この場合は、羽毛布団ですね。

羽毛布団は、温度調節もしてくれるので、夏以外の季節は、これだけで使えます。

 

シンサレートは、寒い季節にはとても重宝しますが、春のちょっと暖かくなってきたときには、すでに暑いので、薄手の布団に切り替える必要があります。

 

●凄く寒い地方だ

この場合は、工夫次第で、どちらでも大丈夫でしょう。

 

羽毛布団1枚で、寒い場合は、羽毛布団の上に、毛布を掛けます。

シンサレート布団の場合は、布団の上でも下でも、枚数を増やせば大丈夫です。

 

こちらのシンサレート掛け布団は、キルティングか細かくて、体に密着するデザインみたいですね。

私が買うときも、これがあったらよかったのになー。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

9色から選べる! シンサレート入り掛布団 シングル
価格:6458円(税込、送料別) (2016/9/23時点)

 

まとめ

最近よく見かけるシンサレート布団。

気になっている人も多いですね。

 

以上の特徴を比較して、より自分が使いやすいものはどちらか、検討材料にしてください。

ちなみに、シンサレート布団(と薄手の真綿布団)で、2回の冬を越した管理人の感想は、

シンサレート布団、めっちゃ軽くてあったかい!です。

 

住んでいる地域は、関東地方の比較的寒いところです。

今回の記事が、参考になれば、幸いです。

 

スポンサードリンク

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ