永井食堂のアクセスは?待ち時間は?通販で買える?

motuni

群馬県の渋川市郊外にある、もつ煮が有名な永井食堂の紹介です。

国道17号沿いにある、トラック運転手御用達の店でした。

 

たび重なるテレビやマスコミの紹介で、田舎にあるにもかかわらず、県内外からひっきりなしにお客が訪れます。

永井食堂へのアクセスや、行列の待ち時間、お土産用の販売や通販で買う方法など、お教えしちゃいます。

 

 

永井食堂のアクセスは?

永井食堂は、群馬県渋川市の郊外にあります。

アクセスは、関越自動車道の渋川伊香保ICが、わかりやすくて便利です。

 

永井食堂は、国道17号線沿いにあります。

関越自動車道の最寄りのICは、赤城ICですが、17号に出るには、少し山を降りるようになります。

渋川伊香保ICは、高速を降りると17号に直結しているので、わかりやすいです。

 

どちらで降りても、さほど時間は変わりません。

渋川伊香保ICから、永井食堂までは、車で20分弱で行きます。

 

永井食堂があるところは、山沿いで、目印になるようなものがないので、注意しないと通り過ぎてしまいます。

渋川の街を抜けると、「道の駅こもち」があって、しばらく走ると、「伊熊」の信号を過ぎたら、しばらく行った左側にあります。

 

永井食堂へは、JRやバス、徒歩で向かうのは、厳しいものがあります。

車でいくことをおすすめします。

 

永井食堂の待ち時間は?

永井食堂の行列の混み具合は、やはり、土曜日や、昼時が混雑しています。

永井食堂の定休日は、日曜と祭日で、土曜日も、15:00までなので、注意してください(お土産用販売は日曜も営業)。

 

土曜日の昼時は、20~60分位は待たされます。

天候によっても、待ち時間が変わってきますし、土曜日などは、駐車場に入るのにも、渋滞が出来ることもあります。

 

特に、時たまある、テレビで紹介された直後は、それ以上の待ち時間になります。

 

平日の、いちばん混んでいる昼のピーク時では、20分くらい待ちます。

平日でもピーク時を外せば、5分待ちくらいでは入れますし、土曜日も、11時ころに着くようにすれば、それほど待たなくて済みます。

 

ここで注意点を。

定食のご飯の量が、ふつうの店の量より1.5倍増しだと思ってください。

 

いつも普通盛りなら、ここでは、半ライスを。

いつも大盛りなら、普通盛りで注文して、足りないようならおかわりをしましょう。

スポンサードリンク

 

最初から、大盛りを頼むと、激特盛りの量が来てしまいます。

ご飯を残すと、あまりいい顔をされないし、店にも迷惑をかけるので、最初は少なめからの注文にしましょう。

 

女性には、一般的な半ライスの量の「レディース」があるので、ご心配なく。

 

もうひとつ、お客の99%がもつ煮定食を頼みます

 

店員さんも、あまり考える余地を与えてもらえないのですが、ほかにも、ラーメンや目玉焼き定食もあるので、店に行く前には、メニューもチェックしていってください(たぶんもつ煮目当てでしょうが)。

 

もつ煮定食も、もつ煮の量によって、普通(590円)、もつ大(770円)とあります。

 

お土産用(もつっ子1070円 3人前)であれば、土曜の食堂の方の営業が終わった後や、日曜、祭日は、お土産の販売だけなので、待たないで買えます

最近では、世界遺産登録で有名になった富岡製糸場近くにも、富岡店が出来て、お土産のみ販売しています。

 

お土産用を買う場合は、寒い季節以外、クーラーボックスや発砲スチロールの箱、保冷材などを持っていきましょう。

無い場合は、発砲スチロールの箱は、お土産の売り場で買うことが出来ます。

 

永井食堂の通販でもつ煮が買える?

永井食堂のもつ煮は、興味があるけど、群馬までは行けないというのであれば、もつっ子は、通販でも購入することが出来ます

 

永井食堂のHPに、電話番号が書いてあります。

もつっ子3個~通販で購入可能で、クール便(送料別)で届きます。

 

賞味期限は、要冷蔵で1ヶ月です。

冷凍保存すると、美味しくなくなるので、おすすめしません。

 

3個からとなると、量にして9人前ですよね。

しかも、永井食堂のもつ煮は、わりとしょっぱいのです。

薄味好きの人であれば、温める際、大根や、こんにゃくや、豆腐を足して食べると、美味しく食べられます。

 

そうなると、少人数の家族では、さばききれない可能性も出てきます。

知り合いなどに声をかけて、共同で購入することをおすすめします。

http://www.cm-tokyo.com/nagai/index.html
永井食堂HP

 

まとめ

かつては、17号を走るトラック運転手御用達の、ボリューム満点のもつ煮定食が人気の店でした。

 

今では、永井食堂の日本一うまいといわれる、もつ煮を求めて、一般のお客さんが、遠方から集まります。

テレビで何度も紹介されたので、乗用車が集まりすぎ、トラックを停めることが出来なくなるほどで、トラック運転手の方々は、遠慮してお持ち帰りにしているようです。

 

永井食堂の味を再現した、レシピも、レシピサイトに載っているくらいの人気ぶりです。

ぜひ一度、群馬にお越しの際は、永井食堂まで足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

スポンサードリンク

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ