切り花を長持ちさせる方法は?漂白剤は?10円玉は?

ikebana

切り花をもらったり、買ったりしたとき、すぐしおれさせてしまって、長く持たせるいい方法がないかと思っていませんか?

 

まだつぼみの枝があっても、それを上手に咲かせるまで、持たせられたらうれしいですよね。

 

切り花をいけた時、長持ちする花もしない花もあるのですが、一般的に切り花を長持ちさせる方法をご紹介します。

 

 

切り花を長持ちさせる方法は?

切り花がしおれてしまう原因は、水の中にいるバクテリアのせいです。

 

切り花が水を吸うための管に、バクテリアが詰まってしまうため、水分と栄養がうまく、花の方まで上がって行きません

そのため、バクテリアを繁殖させないことが、重要になってきます。

 

花は新鮮なものを

まず、花は新鮮なほどいいです。

もらいものは選べませんが、買う場合は、新鮮なものを買うようにしましょう。

 

水切りする

花瓶に生ける前に、きれいな水の中で、水切りをしてください。

水の中で、茎の断面を更新するように切るのです。

そうすると、茎の断面が空気に触れることなく、効率よく水揚げを促進できます。

 

花瓶は清潔に

花瓶の水を取り換える時、花瓶の中をきれいに洗います

花瓶は、台所用洗剤で、きちんと中を洗ってください。

 

夏などは、バクテリアの影響で、1日で水が腐ってしまいます。

水を新しくするだけでなく、花瓶も清潔に保ちましょう。

 

毎回水切りをする

花瓶の水を取り換える時は、毎回茎を、水切りして、茎の断面を清潔に保ちましょう。

 

花瓶の水に、茎の下の方の葉が浸ってしまうと、葉が腐って、バクテリアが繁殖しやすくなります。

水につかる部分は茎だけにして、下の方の葉は、取り除いてください。

 

茎の色が変わったり、茎の皮が腐って溶けてきてしまった部分は、切ってしまって、取り除いてください。

茎がぬめっている場合は、きれいに洗ってください。

 

しおれた花は取り除く

しおれた花は、さすがにまた花瓶に挿して飾らないと思いますが、しおれた花からは、エチレンというガスが出ています。

 

エチレンが他の花を、しおれさせる速度を進めてしまうので、早めに取り除くことが大事です。

 

栄養を与える

夏など、暑い時期は、逆効果になってしまいますが、花瓶の水にほんの少しの砂糖を入れると、栄養になって、つぼみが咲くのを助けることが出来ます。

 

長持ちさせるのにいいのは切り花延命剤

花屋や、ホームセンターで売っている、切り花延命剤が、いちばん手頃で、切り花を長持ちさせる効果があります。

延命剤を使うと、1週間水を取り換えなくても大丈夫なくらい、抗菌剤として使えます。

スポンサードリンク

 

切り花をすぐにしおれさせてしまうので、苦手だと思っているのであれば、延命剤を使えば、ちょっとずぼらさんでも、長く切り花を楽しむことが出来ます。

 

延命剤は、バクテリアの繁殖を抑える働き(抗菌)をするだけでなく、

  • 界面活性剤の成分が、水揚げを助ける
  • 切り花に栄養を補給する
  • 銀イオン剤入りのものは、切り花の老化を防止する

など、さまざまな薬剤が配合され、あらゆる面から、切り花を長持ちさせる効果を持っています。

 

ちまたで良く聞く裏ワザより、楽で長持ちするので、延命剤を使うことをおすすめします。

 

切り花を長持ちさせる方法で漂白剤を使うのは?

切り花延命剤をわざわざ買うより、漂白剤を使えば切り花が長持ちすると、聞いたことがあるけど、どうなのでしょうか?

 

たしかに漂白剤の効果としては、菌を殺す効果はあります。

何もしないよりは、水が腐るのを遅らせることも、バクテリアの繁殖を抑える効果もあります。

 

ですが、延命剤にある、栄養や水揚げを助ける効果はありません。

普通に、花瓶に生けるより、少しましな程度だと思ってください。

 

切り花を長持ちさせる方法で10円玉を使うのは?

花瓶の中に10円玉を何枚か入れておくと、切り花が長持ちするという裏ワザをご存知ですか?

これも、漂白剤同様、10円玉の銅がとけて、菌の繁殖を抑える効果があるからです。

 

排水溝のネットに10円玉を入れておくと、ぬめりが抑えられるといわれますが、同じ理由からです。

 

ですが、漂白剤のところでも言ったように、延命剤の菌の繁殖を抑える効果以外の、さまざまな利点はないので、普通よりは少しまし、といったところですね。

 

まとめ

切り花を長持ちさせるための裏技は、たくさん聞くのですが、結局花のプロ(生け花の先生や花屋さん)にわせると、口をそろえて「延命剤がいい」と言います。

 

切り花のために作られたものだし、切り花を長持ちさせる薬剤や栄養剤が入っていて、いろいろ対策するより、これだけで済むのは手頃でいいですよね。

 

切り花はしおれてしまうので苦手と思っていても、切り花延命剤も安く手に入るし、長く使えるので、ひとつ持っていれば、切り花を楽しむ事が出来ますね。

 

スポンサードリンク

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ