ペルセウス座流星群2015年のピークは?方角は?

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-OHT97_nagareruhosi-thumb-1000xauto-15948

 

 

8月に見られる流星群は、3大流星群としても有名な、ペルセウス座流星群です。

2015年で、いちばんよく見られるピークの日程や、2015年の特徴、方角なども、ご紹介していきます。

 

 

ペルセウス座流星群2015年のピークは?

ペルセウス座流星とは、毎年8月お盆の時期に、見ることが出来る流星群です。

一年のうちでも、安定した数の出現が見られ、夏ということで、野外での観測もしやすいため、天体観測ファンだけでなく、人気の流星群です。

 

2015年は、8月12日~8月14日が、ピークになります。

2015年は、8月14日が新月ということもあり、月明かりに邪魔されず、観測するには、例年になく絶好の年です。

 

ただ、極大出現(いちばん出現するといわれる時間)が、13日の15:00頃ということなのが、残念です。

それでも、数は多いので、まだ暗いうちの13日の0:00~未明や、14日の0:00~未明が、日本で見られる、いちばんの見頃の時間帯になります。

 

13日のほうが、たくさん見られる可能性があります。

予想ですと、1時間に40個ほどの流れ星が観測できるとのことです。

数が多く見られるのは、未明(明けがた)です。

 

ただ、20:00ころにも、数は少ないのですが見ることが出来、この時間帯は、流れ星の尾が長く見られるのが特徴です。
2013年のペルセウス座流星群を撮影した動画です。かなりの数の流星が映っています。

ペルセウス座流星群2015年の方角は?

ペルセウス座流星群が見られる方角は、とくにどの方向、というのはなく、全方向に向かって流れ、見られます

ペルセウス座流星群の特徴としては、明るくて、早くて、痕を残す、です。

スポンサードリンク

 

流れる量も多いですし、時期が夏の夜ということで、観察できる時間も長く取れますね。

それでいて見つけやすい流星群なので、夏休みの自由研究などにも、ちょうどいい題材ではないでしょうか。

 

ペルセウス座流星群はどこで見る?

ペルセウス座流星群に限らず、天体観測に適している場所は、人工の光がないところです。

2015年のペルセウス座流星群観測では、ちょうど新月ということもあり、月明かりもないので、見やすくラッキーな年です。

 

冬の時期は、空気が澄んでいるので、人の明かりのない、ちょっと田舎の方に行けば、結構見られるのですが、夏は霧がかかるところも多いです。

 

関東では、比較的夏でも空気が乾燥しているのが、長野(野辺山が有名)など、信州方面です。

群馬でも、嬬恋高原などは、軽井沢と違って空気が澄んでいて、星空が良く見えます。

 

キャンプ場や宿泊施設だけではなく、天体観測ファンのために力を入れて、人口の光を抑えた環境を用意している自治体も、増えてきました。

旅行会社でも、天体観測をメインとした、観光ツアーを企画しているところもあります。

 

こちらは、楽天トラベルで、「星空」で絞り込んだ宿です。

★星空がきれいな宿を楽天トラベルで調べる★

宿泊客のために、天体観測ツアーを企画したり、近くの広場まで送迎してくれたりする宿も、増えてきました。

 

キャンプ場でも、山の中より、視界が開けている場所のほうがいいですね。

 

夏の夜でも、明けがたにかけては結構寒くなるので、防寒対策は万全にしていきましょう。

 

流星群は肉眼でも観測可能です。

双眼鏡などは、視野が狭くなってしまいますので、寝転がって全方向が見られる状態で、肉眼で観測したほうが、よくみられますよ。

 

まとめ

流星群といえば、秋や冬に見られる、ふたご座流星群や、しし座流星群が有名ですね。

数も多いし、空気も澄んでいて見やすい時期です。

 

ですが2015年は、夏のペルセウス座流星群が、かなりの好条件で観測できそうです。

あとは天気、晴れてくれるのを祈るばかりです。

 

ちょうど夏休みの時期でもあるし、高原のキャンプ場で、流れ星の観測をするのも、いい思い出になりますね。

 

スポンサードリンク

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ