目黒のさんま祭り【品川区】2015の日程は?並ぶ?何時に行く?

sanma

さんまの美味しい季節が、やってきました。

さんまといえば目黒、目黒といえばさんまですが、毎年たくさんの人が集まる、目黒のさんま祭りの紹介です。

 

目黒のさんま祭りは、2回あるって、ご存知でしたか?

今回は、日程の早い方の、品川区が主催する、目黒のさんま祭りについてです。

 

目黒区のさんま祭りについてはこちら↓をご覧ください。

目黒のさんま祭り2015は目黒区でも開催 日程や区民祭りの紹介も

 

 

 

目黒のさんま祭り2015の品川区主催の日程は?

目黒のさんま祭りは、9月に2回行われます。

品川区主催と、目黒区主催のさんま祭りで、日程は別の日です。

 

品川区主催は、会場が目黒駅前から白金方面に向かった、目黒通り沿いです。

品川区主催のさんま祭りのほうが、日程が早いため、有名なんです。

 

第19回 目黒のさんま祭り【品川区主催】の日程は、2015年9月7日(日)です。

場所は、JR山手線 目黒駅前の目黒駅前商店街です。

 

備長炭で焼いた、焼きさんまと、生さんまが無料で配布されます。

配布開始は、午前10時からで、無くなり次第終了です。

 

品川区主催のさんま祭りでは、岩手県宮古市から、毎年無料で6000匹も提供してもらえるのです。

 

毎年大人気のお祭りのため、配布時間には、長蛇の列になっています。

みなさん、朝早くから、さんま無料配布の列に、並ぶためにやってきますよ。

 

ほかにも、徳島県神山町から、日本一のすだちも頂けます。

焼きさんまに添えられる以外にも、すだちももらえますよ。

 

会場内にある、誕生八幡神社では、落語の「目黒のさんま寄席」が開かれています。

もちろん、寄席も無料で見ることが出来るし(整理券が必要)たくさんの落語家さんが、出演します。

 

目黒のさんま祭りは並ぶ?何時に行く?

目黒のさんま祭りの、さんま無料配布の行列は、かなりの長蛇の列として、有名です。

配布開始は、午前10時なのですが、その時点で、2000人くらいは並んでいるのです。

 

だいたい、10時に列に並んでいないと、もらえない(終わってしまう)と思ってください。

そして、2000番目にもらえるのは、何時になるか、考えるだけでクラクラしてきませんか?

スポンサードリンク

 

行列に並ぶ時間が、3時間~5時間ともいわれています。

配布が始まって、早めにもらうには、8時とか、朝早い時間に来て、並んでいたほうがいいですね。

 

3時間も並べないよー、という人には、商店街の飲食店では、焼きさんまを売っています

備長炭で焼いているさんまの匂いが、あふれているので、並ぶのはあきらめても、絶対食べたくなるはずです。

 

脂の乗った丸々1匹の焼きさんまを、無料でもらうにしろ、お店で買うにしろ、とっても美味しくいただけるので、ぜひその場で食べてみて下さい。

焼きさんまは、持って帰るより、絶対その場で食べたほうがいいですよ。

 

意外と穴場なのが、生さんまの行列です。

焼きさんまとは、違う列に並ばなければいけないので、注意してください。

 

やはり、焼きさんまと違って、人がはけるのが早く、行列は短いです。

たっぷりの氷も一緒に入れてくれるので、生さんまでも安心して、持って帰ることが出来ます。

前年の生さんまの列では、すだちや、醤油(200mlくらい)も、もらえていましたよ。

 

さんま祭り寄席は、4部構成になっていて、それぞれ整理券が配布されます。

整理券の配布は、開演(1部は10:00開演)の1時間前からです。

見たい落語家さんは、何部にでるのか、先にチェックしましょう。

 

ふらっと立ち寄って、そのとき貰えた整理券の部で、楽しむのもいいかもしれませんね。

寄席の様子は、Ustream(ユーストリーム)で音声配信されます。

並んでる最中で、寄席が見られなくても、音声でも楽しめるので、行列も飽きずにいられますね。

 

では、何時にさんま祭りに行ったらいいのか、ですが。

気合を入れて行くなら、朝早く(7時や8時)行って、無料焼きさんまの列に並び、早めに食べたら、生さんまの無料配布の列に、並ぶのがいいですね。

 

のんびりと、お祭りの雰囲気を楽しむのであれば、生さんまをもらったら、焼きさんまを買って食べて、寄席を楽しむのも、おすすめです。

 

それぞれのペースで、旬の脂の乗ったさんまを、堪能して下さい。

 

http://www.asahi-net.or.jp/~xq7k-fsm/sanma.htm
目黒のさんま祭り公式HP

 

まとめ

毎年、ものすごい人が列をなす、さんま無料配布が人気の目黒のさんま祭りですが、行列に並ぶなら、まだ暑い時期なので、熱中症対策は、万全にしておきましょう。

 

天候が悪く雨が降っても、さんま祭りは開催されますので、雨具を持って行ってみましょう。

雨が降ったら、焼きさんまは出ないかもしれませんが、生さんまはもらえますし、行列も少なくてすみますよ。

 

岩手の宮古市の、おいしいさんまを堪能して、募金箱に気持をいれて帰ってください。

今年も、美味しいさんまが食べられるお祭りに、ぜひ参加してみてくださいね。

 

スポンサードリンク

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ