祇園祭の山鉾巡行2016の日程は?前祭と後祭では?観覧場所は?

dasi

京都の夏の祭りといえば、7月に行われる祇園祭ですね。

祇園祭は7月1日から始まっていますが、観光客が集まるのが、12日ころからです。

 

中でも、山鉾巡行は、祇園祭のメインイベントでもあります。

山鉾巡行の日程と、おすすめ観覧場所を、ご紹介します。

 

 

祇園祭の山鉾巡行2016の日程は?

祇園祭の山鉾巡行2016の日程は、前祭が、7月17日で、後祭が、7月24日です。

 

前祭

7月17日四条烏丸を9:00に、出発します。

23基の山鉾が、順番に並んで巡行していきます。

 

東に向かい、河原町四条に9:40頃通過します。

そこで北に向きを変え、市役所に向かっていき、河原町御池が10:30頃

 

西に向きを変え新町御池に12:00前に先頭が通過しはじめ、最後の山鉾が通過するのが13:00頃。

 

後祭

前祭とは反対回りです。

烏丸御池を9:00に出発し、前祭の経路と同じ道を、反対に回って、四条烏丸 に11:30前に先頭が通過します。

 

後祭は、10基の山鉾が巡行します。

 

祇園祭の山鉾巡行は前祭と後祭どっちがいい?

以前は1回だった山鉾巡行が、2014年から前祭と後祭の、2回に分かれて行われることになりました。

1回になる前は、長年2回だったので、後祭が半世紀ぶりに復活しました。

 

後祭が復活したことで、山鉾巡行が分かれるため(どちらかしか見られない)混雑が多少緩和されたようです。

 

2016年も前祭と後祭、2回あるのですが、おすすめはやはり、山鉾がたくさん巡行する、前祭のほうです。

 

ただやはり、前祭のほうが人出も多いし、露店も出る(後祭は出ません)ので、混雑します。

初めての山鉾巡行なら、前祭のほうがにぎやかで楽しめます。

 

もし、以前に見たことがあるのであれば、後祭もいいですね。

山鉾巡行と同時間~その後に、八坂神社から花傘巡行が見られます。

 

若い芸姑さんやミス着物などが参加する、風雅な花傘巡行です。

後祭が廃止になった時から、後祭の代わりに行われていたもので、後祭が復活したので、同時に開催されるようになりました。

スポンサードリンク

 

祇園祭の山鉾巡行のおすすめ観覧場所は?

祇園祭の山鉾巡を見るなら、いちばんの人気は、辻回しの見物です。

 

交差点の間近で、辻回しを見るのが、迫力があっていいです。

ただ、その分、とても混みます。

 

辻回しを見るなら、四条河原町より、河原町御池の交差点のほうが、少し空いています。

(前祭の)最後の交差点、新町御池の辻回しは、そのあと新町の細い道を山鉾が通る様が、迫力があります(一部通らない山鉾もあります)。

 

有料観覧席(前祭のみ)もいいのですが、辻回しが見られる場所にはないですね。

もし、ひとところにとどまって、全部の山鉾を見たいのであれば、朝7:00頃からの場所取りが必要です。

 

比較的空いているのが、有料観覧席の後ろですね(山鉾まで少し遠いので)。

それでも、そこには11:00前に巡行するのですが、8:00~9:00頃の場所取りが望ましいです。

 

道路に場所取りが出来れば、全部の山鉾が見物できますが、夏の京都は蒸し暑く、晴れれば日差しも強いです。

どうしても、全部の山鉾を見たいというのでなければ、出来れば、日陰を探しながら、移動しながらの見物がいいでしょう。

 

もし、移動しながらの見物をするなら、

①出発地点もしくは、くじ改めがある場所(前祭では四条堺町~四条新京極付近)では、ゆっくり進むのでそのあたりで、いくつかの山鉾を見物。

②辻回しを見るため、河原町御池の交差点へ移動し、人混みの隙間から、いくつかの山鉾を見物。

②人をかき分けて、最終地点(前祭なら新町御池)に行って、少し空きはじめたところで、最後の方の山鉾巡行を見物(12:00ころ)

というのはどうでしょうか。

 

「(前祭で)どうしても、先頭の長刀鉾が見たい!」というのであれば、やはり早くからの場所取りが必要かもしれません。

ですが、とにかく人も多いし、蒸し暑いし、お祭りの雰囲気を味わうだけなら、移動しながらがいいと思います。

 

日陰や涼しい場所を探して、熱中症に気をつけて、楽しんでください。

雨が降った時のために、傘をさすより、カッパを持って行った方が、他の人に迷惑をかけなくていいですよ。

 

まとめ

毎年にぎやかな祇園祭は、京都在住でなくても、日本人なら一度は行ってみたいお祭りですよね。

ちょうど蒸し暑い時期の京都でも、この時期は人であふれかえります。

 

もし、宿を確保して、祇園祭に宵山から見に来られるなら、ぜひ宵山に参加してみてください。

祭りの人々の興奮度は、宵山のほうが高いので、そちらも体験してみてください。

 

スポンサードリンク

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ