むくみ腸かチェックをしてみよう!改善にはヨーグルトがいい?

fukutu

むくみ腸という言葉を、最近よく聞きますね。

手や足、顔と同じように、腸もむくむのです。

 

腸がむくむと、便秘や下痢、痩せないなど、深刻な悩みにつながります。

あなたの腸がむくんでいるのか、チェックしてみてください。

改善方法もご紹介します。

 

 

むくみ腸のチェックをしてみよう

あなたは、このような自覚症状がありませんか?

  • 足や顔がむくみやすい
  • 吹き出物が治りにくい
  • ダイエットをしても痩せにくい
  • 便通が3日に1回のペースが、月に数回ある
  • 下剤を5年以上使っている
  • おなかがカチカチに固い
  • 排便をしても残っている気がする
  • おならが臭い

これらが当てはまる場合、むくみ腸を疑ってもいいでしょう。

 

むくみ腸の原因は、排便を促すぜんどう運動が、鈍っているからです。

ぜんどう運動が鈍ると、便秘になり、残っている排出物が腐ってきます。

 

そうなると、おならが臭くなって、腸内環境が悪くなっているサインになります。

悪い腸内環境から毒素が吸収されてしまい、それが、肌荒れや吹き出物として、出てきます。

 

ニキビなどは、寝不足など、臭いおならは、乳製品を消化できない体質の人が、一時的になりがちですが、ずっと続いているということは、むくみ腸の可能性が高いです。

 

ここのリストにはありませんが、肩こり、倦怠感なども、むくみ腸から来ている場合があります。

 

むくみ腸を改善する方法は?

むくみ腸を改善する方法は、便秘を改善することです。

長年便秘で悩んでいる人が多く、最近では、便秘外来など、専門のお医者様がいる病院もありますね。

 

便秘だからといって、下剤を使ってむりやり出していると、自力でぜんどう運動が出来なくなり、下剤の量がだんだん増えて行くのです。

 

下剤はなるべく使わないほうがいいのですが、酸化マグネシウムをつかった下剤であれば常用性がないので、おすすめです。

酸化マグネシウムは、便を軟らかくして、出しやすくしてくれます。

 

薬局で「スイマグ」「ミルマグ」と呼ばれている、酸化マグネシウムの下剤を購入できます。

たっぷりの水とともに、どうしても出ない時に、使ってください。

 

便通を良くする、ほかの方法として、

  • 発酵食品を取る
  • 腸のマッサージをする
  • お腹を温める
  • 便秘に効く体操をしたり、ツボを刺激する
  • 断食する

などがあります。

スポンサードリンク

 

発酵食品は、乳酸菌の働きで、腸の中の善玉菌を増やします。

そのため、便秘が解消されるのです。

 

腸のマッサージや、お腹を温めたり、体操、ツボ押しなどは、外的な刺激を行う方法です。

夜や朝、ベッドの中でリラックスした状態で、マッサージやツボを刺激してみませんか。

 

断食は、胃腸を完全に休めることになります。

断食中に、どす黒い便が出て、腸がとてもきれいな健康状態に戻ります。

 

本格的にやるなら、必ず断食道場などで、専門家の指導のもと行ってください。

自己流でやると、最悪死に至るので、絶対に止めてくださいね。

 

日頃行うのであれば、半日断食や、8時間ダイエットなどが、食べ物を消化吸収する時間を少なくして健康につなげる方法なので、おすすめです。

 

むくみ腸にはヨーグルトがいい

むくみ腸にいいのは、発酵食品だと、先ほど申し上げました。

発酵食品と言えば、代表的なのが、ぬか漬けや、味噌、納豆などですね。

もちろん、それらもとても効果的なのですが、漬物や味噌は、塩分過多になるのがちょっと心配です。

 

そこで、手軽に取れるのが、ヨーグルトです。

乳酸菌が豊富で、腸内で善玉菌を増やしてくれます。

乳酸菌は、腐敗菌よりも強いので、腐敗菌が発生しません。

 

今日食べて、明日にむくみ腸が治っている、という即効性はありませんが、遅くても、1か月以内にはほとんどの人が、便通の改善を、体感しています。

 

ヨーグルトの中でも、できれば、豆乳ヨーグルトがおすすめです。

日本人の2/3は、乳糖不耐症といって、乳糖を分解できない体質なのです。

 

牛乳を使った、普通のヨーグルトでも、人によったら腸内で腐敗をしてしまいます。

腐敗をするということは、乳酸菌が腸に届いてない(届かないか、乳酸菌が少ない)のと、牛乳を分解できない体質なのとで、ダブルで体に良くない状態です。

 

豆乳であれば、乳糖不耐症の人でも腸内で腐敗することもないので、豆乳使ったヨーグルトにした方がいいのです。

 

豆乳ヨーグルトの以前の記事も、参考にしてください。

⇒豆乳ヨーグルトと牛乳ヨーグルトの違いは?効果は?種は?

 

まとめ

便秘の真の原因は、食べ過ぎです。

昔の日本の食事内容のように、少しのご飯とみそ汁と、野菜を中心としたおかずで構成されたものを、腹八分目に食べるのが、いいのです。

むくみ腸の改善も、食生活のを見直す事が必要なのです。

 

便秘を改善し、むくみ腸が健康な腸に戻れば、痩せやすくなったり、疲れにくくなったり、美肌になったりと、いいことづくめです。

長年の重い便秘を解消するのは、すぐには難しいかもしれませんが、薬に頼らず健康的に、根気よく取り組んでいきましょう。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ