アロマで虫除けスプレーの作り方は?使い方は?注意点は?

musiyoke

普通に売っている虫除けは、強い薬が入っている気がして、抵抗がありませんか?

そんなあなたにおすすめなのは、アロマオイルを使って、虫除けスプレーを作る方法です。

 

体に安全な材料で、虫除けスプレーを作ってみましょう。

それらの使い方や、注意点についても、紹介します。

 

 

アロマで虫除けスプレーの作り方は?

市販されている虫除けや、蚊取り線香、蚊取りマットに含まれている農薬が、危険なのでは?と感じたことはありませんか?

実際、体に直接スプレーする虫除けには、ディートという成分が含まれています。

 

日本では、それほど高濃度ではないのですが、アメリカなどでは、子供に使う虫除けスプレーに、異常な濃度のディートが含まれていて、問題になっています。

 

できれば、自然のもので、虫除けが出来たらいいと思うのであれば、アロマオイルで手作りしてみてはいかがでしょうか。

 

虫除けに効くアロマオイルは、

  • シトロネラ(レモンに似た香り)
  • レモンユーカリ(スパイシーでかすかにレモンの香り)
  • ゼラニウム(甘い香り)
  • レモングラス(レモンに似た香り)
  • ペパーミント

などです。

 

基本の作り方

  • 無水エタノール 10ml
  • 精製水 90ml
  • 好きな精油 20滴くらい(最高で50滴くらまで)

全部を合わせて、スプレー容器に入れます。

使う時はよく振って、スプレーしてください。

 

材料が売っているところ

無水エタノールは500ml入りで1000円くらい、精製水は500ml入りで100円ちょっと。

いづれも近くの薬局で、買えます。

 

アロマオイルは、専門店で購入してください

アロマオイルの中には、部屋の芳香のために作られた、合成香料のものも、アロマオイルとして、売っている場合があります。

 

必ず、植物から取ったエッセンシャルオイルを、購入してください。

アロマテラピー専門店や、ネットでも、エッセンシャルオイルかどうか、確認して買いましょう。

1本2000円~3000円くらいです。

 

使うのは数滴なので、もったいない気もしますが、虫除けだけでなく普段でも、香りをかいで楽しむため、好きな香りを買うといいですね。

 

虫除けとしてのおすすめは、シトロネラかレモングラスです。

 

他にも匂いが好きなら、炎症を抑えるラベンダーや、ティツリー(ヒノキのような香り)をブレンドするのもおすすめです。

ラベンダーやティツリーは、万能薬としていろいろ用途があるので、重宝するため、持っていて損はしません。

スポンサードリンク

 

①シトロネラかレモングラスと、ゼラニウム、ラベンダーを4:3:3で。

もしくは、②シトロネラかレモングラスとティツリーを4:1で。

もちろん、③1種類だけ(シトロネラかレモングラスがおすすめ)でもいいですよ。

 

組み合わせは、自分の好みでOKなのです。

ただし、オイル以外の、精製水と無水アルコールの量100mlには、アロマオイルは全部でも50滴までとしてくださいね。

 

虫除けアロマスプレーの使い方は?

出来上がった虫除けスプレーは、3歳以上の子供であれば、普通の虫よけスプレーのように、肌に直接つけて大丈夫です。

 

網戸にスプレーするのも、効果的です。

部屋の中や、カーテン、ふすまなどにも、スプレーして、虫除け効果を狙いましょう。

 

外出する時は、靴や服の下の方に、スプレーしましょう。

匂いが、上に立ち昇って、虫除けの見えないカーテンが、体との間に出来ますよ。

 

出来たスプレーの匂いがきつすぎる場合は、精製水で薄めてください。

 

アロマオイルの注意点

アロマオイルには、効き目が強すぎて、特定のアロマを使ってはいけない場合があります。

 

ラベンダーなどいくつかのアロマオイル以外、ほとんどの物は、原液を肌に直接つけないようにしてください。

 

紹介したオイルの中では、ゼラニウムとラベンダーは、妊娠初期には、使わないようにしましょう。

妊娠中全般に使えないものは、ゼラニウムとレモングラスとペパーミントです。

敏感肌の人(アトピーなど)には、レモングラスとティツリーは、避けましょう

 

基本的に、キャリアー(オイルを溶かす水やマッサージオイル)に薄めて使います

虫除けスプレーのレシピの紹介のところでも、50滴までとしたのは、オイルが2.5%になるからです。

 

大人で、最高でも5%までで子供は体重に応じて、含有量を減らさないといけません

 

赤ちゃんのうちは、アロマオイルのような強烈な香りを、薄めたとしても使うべきではありません

母親の香りを覚える時期なので、アロマを習慣的に使わないようにしたいですね。

 

3歳までは、先ほど紹介した虫除けスプレーを、とても薄めたとしても、体に直接かけるのは、おすすめできません

それ以上の年齢であれば、普通の虫よけスプレーのように、肌にかけたり出来るのですが、小さいうち刺激が強いため、避けたほうが無難です。

 

まとめ

アロマオイルといえば、匂いでリラックスしたり、眠気を覚ましたりする、アロマテラピーが有名ですね。

ですが、アロマテラピーに使われる、天然のエッセンシャルオイルは、薬としての側面もあるのです。

 

自然のものといっても、効果が強すぎるために、毒にもなる場合があるアロマオイルですが、気をつけて使えば、いろいろな用途に使える、便利なものです。

 

いろいろしらべて、自分の好きな香りを見つけて、日常に取り入れると、毎日が楽しく過ごせるのでおすすめですよ。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ