お盆の仏壇にお供えはなにがいい?のしは?お金も用意する?

obon

お盆になって、実家や親戚に、お線香をあげに訪問しますね。

その時に持っていく、仏壇にお供えするものは、何がいいのでしょうか?

のしはどうしたらいいのか、お金も用意するのか、それらの疑問にお答えします。

 

 

お盆の仏壇にお供えはなにがいい?

お盆の時に、仏壇にお供えするものを、親戚や実家に持っていきますよね。

その時、何を持って行ったらいいか、迷いませんか?

 

よくいわれるのは、

  • 故人の好きだったもの
  • 日持ちのするもの
  • 小分けできるもの

がいい、と言います。

 

やはり、ご先祖様が、お盆に帰ってくるので、故人の好きだったものをお供えすると、喜ばれますよね(故人に)

 

ただ、お酒が好きだったので、お酒を持っていっても、今いる家族がお酒を飲まない人ばかりだと、困ってしまうこともあります。

仏壇にお供えをしたら、早くて翌日、おそくても、2~3日くらいは仏壇に上げておきますが、お下がりといって、お供えを家族や親戚で、ありがたく頂くのが普通です。

 

お下がりは、ご先祖様の徳が入った、ありがたいものなので、感謝していただきます。

そのため、日持ちのするお菓子や、果物、しかも、分けて食べるので、できれば小分けに出来るものが喜ばれます。

 

ご先祖様がが甘いものが苦手でだったのであれば、おせんべいや果物の缶詰、ペットボトルのお茶をダースで、などでもいいでしょう。

 

ただ、お供えにするのにNGな食品があります。

それは、魚や肉、もしくはそれの加工品です。

 

お盆には殺生はしない、という言い伝えがあります。

木を切ったりすることも、避ける地域もあります。

肉や魚を使ったものや、えびせんもダメという家もあるので、絶対にそれは避けてください。

 

お盆の仏壇にお供えするものにかけるのしは?

お盆の時期、仏壇にお供えするものには、どんなのしがいいのでしょうか。

スポンサードリンク

 

一般的に関東は黒白の水引で、関西と北陸は、黄白の水引と言われています。

 

表書きには「御供」と書くのが一般的ですが、地方や宗派によって、いろいろ異なります。

 

表書きに、名前を入れるのも、お葬式のときであれば、薄墨で書くのですが、お盆の時には普通の墨でかまいません。

名前も、近い親戚やあまりかしこまった間柄で無い場合は、誰が何を持ってきたかわかるので、書かない場合もあります

 

その家のしきたりを聞いて、それに沿うようなやり方にしましょう。

 

お盆の仏壇にお供えにお金も用意する?

その家や親戚同士の付き合いの中では、お金をお供えする習慣がある場合もあります。

香典袋の表書きは、「御仏前」「御佛前」「御供物料」と書きます。

 

初盆の場合は、1万円くらい、それ以外は3000円くらいが相場です。

 

この、お金をお供えする場合も、その家や親戚同士の習慣によってさまざまなのです。

 

管理人の親戚の場合は、父方の実家には、お供えもの(お菓子や果物やペットボトルのお茶)が1000円前後と、お金を3000円、必ず持っていきます。

母方の実家には、お供え物1000円程度だけです。

隣の市なのに、こうも違うのは、いままでのその一族の習慣の違いによるものでしょう。

 

こればかりは、その土地、その家の習慣もあるので、正解はありません。

お供えを3000円くらいのもので、お金は持っていかないとか、お金だけお供えするとか、
お金と花を持っていくとか、本当にいろいろです。

 

その家のしきたりにならって、行うのがいちばんいいですね。

 

まとめ

それぞれの家の、昔からの習慣や宗教上の常識によって、お盆の時にお供えするものも、さまざまです。

それでも、世代が新しくなるとともに、全国的に同じような習慣に変化しつつあります。

 

どうすればいいか、迷った時は、実家や親戚に聞いて、それに習うのがいいですね。

ダイレクトに聞くよりは、同じ立場の親戚(旦那の兄弟とか)に、ご教授いただく、という形をとるようにするとスムーズです。

 

なかなか実家に忙しくて帰れないかもしれませんが、お盆でご先祖様が帰ってくる時期は、ごあいさつに伺うようにしませんか。

きっとご先祖様も、わざわざ出向いてくれたことに、喜んでくれると思います。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ