札幌オータムフェスト2016の期間や時間は?おすすめは?

ra-meo

札幌で、毎年秋に行われる食のイベントが、さっぽろオータムフェストです。

2016年開催の、期間や時間の紹介や、混雑状況、口コミで人気のエリアも紹介します。

 

 

札幌オータムフェスト2016の期間や時間は

札幌で、毎年9月に、大通り公園で行われる食のイベントが、さっぽろオータムフェストです。

 

2015年の日程は、9月9日(金)~10月1日(土)す。

開催時間は、10:00~20:30です(ラストオーダー20:00)

最終日の10月1日は14:00~20:30(予定)です。

 

雪まつり、よさこいの次に、にぎやかな札幌のお祭りで、毎年人出が多くなっていきます。。

昨年に引き続き、1丁目会場から11丁目会場と、各会場のテーマに沿ったお店がたくさん出店します。

 

http://www.sapporo-autumnfest.jp/
さっぽろオータムフェスト2016公式HP

 

札幌オータムフェストのおすすめ店は?

さっぽろオータムフェストは、エリアごとにテーマがあり、それぞれ人気店や、北海道のご当地グルメ店が並びます。

簡単に、各エリアの紹介をします。

 

●1丁目

札幌はドイツ・ミュンヘンの姉妹都市であり、ミュンヘンで行われるビールの祭典「オクトーバーフェスト」の再現ブースです。

 

●4丁目

イベントの会場案内、観光情報や、おすすめグルメの紹介をしています。

他のエリアを回る前に、先に4丁目に立ち寄って、情報を仕入れましょう。

 

●5丁目

「新・ご当地グルメとラーメンエリア」です。

ラーメン好きにはたまらないエリアです。

新しいご当地グルメにも、出会えます。

 

5日くらいごとに、出店する店が変わるので、期間中ちょくちょく立ち寄りたいところ。

観光で訪れるなら、札幌以外の地方の有名ラーメン店が出る日を狙って、来るのもおすすめです。

 

●6丁目

6丁目は、札幌市内の有名グルメ店が並ぶエリアです。

地元民よりは、観光客に人気のエリアです。

 

札幌は全国的にも、スイーツのレベルが高いことでも有名で、6丁目には、札幌の有名店のスイーツが頂けるカフェも、開店しています。

 

●7丁目

スポンサードリンク

7丁目は道内のワイナリーの出店や、おつまみになりそうな美味しいものが食べられるエリアです。

 

●8丁目

北海道の各地の、自慢のグルメが集結するエリアです。

札幌にいながら、遠くの美味しいものが食べられる、いちばん人気のエリアです。

 

ちょっとお高めの設定ですが、ウニやらカニやら、札幌に住んでいてもめったに食べないので、毎年楽しみにしている人も多いです。

観光で来たなら、地方に行かなくても、北海道が丸ごと楽しめるお得なエリアです。

 

●10丁目

北海道は肉がおいしい県でもあります。

10丁目は道内の美味しい肉を、紹介するエリアです。

豚・牛・鶏・羊、あなたはどのお肉を堪能しますか?

 

●11丁目

札幌の有名高級レストランが、期間限定で交代に出店するエリアです。

市民でも、あこがれのあのレストランの味が楽しめるので、行きたいお店が出店する場合は、日程を確認して、計画を立てて行きましょう。

 

札幌オータムフェストの上手な楽しみ方

2014年から、8丁目までだったエリアが11丁目まで伸びて、混雑も軽減されています。

それでも、人気店は行列になってしまうので、混雑を避けるなら、平日で昼食時間を避ければ、だいぶスムーズに購入出来ます。

 

エリアごとに特徴がちがって、気に行った店のものを購入しても、それぞれのエリアにあるテーブルは、どこに座っても大丈夫なのです。

仲間と一緒に行っても、違うエリアから買ってきて、持ち寄って食べる事も出来ます。

 

6丁目~8丁目、とくに8丁目は、いちばん混みやすい人気のエリアです。

早い時間に出向くか、お昼時を避けるのがおすすめです。

営業終了時間まぎわも、ちょっと混むので、気をつけてください。

 

支払いが、現金やクーポン、電子マネーと、エリアや店舗によっても異なります。

行きたいところの状況は、公式HPでチェックしてから行くのがおすすめです。

 

現金も、1万円札はくずして用意して行った方が、スムーズですね。

 

まとめ

2008年から始まった、さっぽろオータムフェストは、札幌市民の間でも、今では全国から観光客が、この時期をねらって足を運ぶくらい、人気のイベントになりました。

 

よくある百貨店の、北海道物産展も大人気なのですが、それさえ足元にも及ばないくらいの品ぞろえや、新鮮な食材、美味しい料理が楽しめます。

 

9月~10月の札幌は、夜になるともうすでに寒いくらいですので、暖かい服装を用意して、出かけてみてはいかがでしょうか。

一度行くと、毎年行きたくなると言われる、楽しいイベントです。

 

スポンサードリンク

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ