ヨーグルトで歯磨きすると歯周病予防になるの?デメリットは?

kounaien

ヨーグルトで歯磨きをすると、歯周病予防になるということを、聞いたことがありませんか?

テレビで紹介されてから、知っている人が増えてきました。

 

ヨーグルトで歯磨きをするとは、どういうやり方なのでしょうか。

メリットやデメリット、ほかの歯周病予防アイテムも、紹介します。

 

 

ヨーグルトで歯磨きすると歯周病予防になるの?

ヨーグルトで歯磨きをすると、歯周病予防になる、というのを聞いたことがあると思います。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌が、歯周病菌を消してしまうため、歯周病が改善されるというのです。

 

実際、ヨーグルト歯磨きをして、歯周病が改善された体験談も多いです。

 

ヨーグルト歯磨きのやり方

ヨーグルト歯磨きのやり方は、普通に歯磨きをして、口の中をすすいだ後無糖のヨーグルトを歯ブラシにつけてもう一度を磨く、というものです。

 

もしくは、ヨーグルトの代わりに、ビオフェルミンを粉末にして、歯肉に塗り込んで、そのまますすがない、という方法もあります。

 

注意点としては、

  • 最初の歯磨きをきちんと行う事
  • ヨーグルトは、無糖(プレーン)を使う事
  • ヨーグルト歯磨きの後は、口をすすがない事

です。

 

歯を良く磨かなければ、いくらいい菌が口の中で活躍しようとしても、食べかすなどがついていると、それが原因で歯周病が活発になってしまうため、効果が減ってしまいます。

 

ヨーグルトも、加糖のものを使えば、そのあとすすがないので、口の中の糖が、歯周病や虫歯の原因になってしまうのです。

 

ヨーグルト歯磨きのデメリットとは?

歯周病予防や改善のための、タブレットとして、ライオンから歯周病予防の乳酸菌タブレットが、販売されています。

 

使った人の口コミを見ると、

「口臭予防に使い始めて、口臭がおさまった」

「歯周ポケット(歯周病菌の巣が出来やすい場所)が改善され、歯医者でほめられた」などがあります。

 

ヨーグルト歯磨きも、乳酸菌を使って、このタブレットと同じ効果を狙っているため、同じように、歯周病菌に効果的だと考えられます。

 

ただし、歯科医の意見で多いのは、ヨーグルトを口の中にある状態で眠ると、ヨーグルトの酸で、歯の表面を溶かし、虫歯になる可能性も否定できない、というものです。

 

ヨーグルトは手軽ですし、乳酸菌が歯周病に効くというのも、実際の商品がでているわけなので、効果的だと思います。

ヨーグルトは、それらの専門のタブレットなどと違い、乳酸菌以外のものも含まれているので、使う場合は、リスクを知った上で、使うのがいいでしょう。

 

すこしでも心配なら、専用のタブレットを使うことをおすすめします。

 

歯周病予防にドルツジェットウオッシャーがおすすめ

寝る前に歯磨きをして、口の中にヨーグルトを含ませたり、タブレット(ミント味)を口の中で溶かしたり、そのまま就寝というのに、抵抗がありますか

スポンサードリンク

 

せっかくきちんと歯磨きをして、口の中がさっぱりしたまま寝たい、というのであれば、歯周病予防におすすめのアイテムがあります。

 

パナソニックから出ている、ジェットウオッシャーというものです。

細いノズルから、かなり強力な水流が出て、歯間や歯周ポケットを洗い流したり、歯肉をマッサージします。

 

いろんなメーカーで類似品が出ていますが、なかでも、ジェットウオッシャー ドルツ(パナソニック)が、評判がいいです。

 

歯の表面は、歯ブラシで磨けるし、歯間は歯間ブラシやデンタルフロスで掃除出来ますが、歯周ポケットは歯ブラシでは、難しい箇所です。

 

このジェットウオッシャーを使っていて、口臭予防や、歯周病予防に効いていると実感する口コミが、とても多いです。

このジェットウオッシャーは、水のタンクが据え置きタイプのものと、タンクが一体となって、携帯出来るものがあります。

 

おすすめは、携帯できるタイプですね。

理由は、これを使うと、あたりに水が飛び散ってびしょびしょになるので、お風呂に入って使うのが便利だからです。

 

ただし、携帯できるタイプは、タンクが小さいので、途中水を足さないといけないのが、難点ですけど。

タンクを外して、大きめのカップにチューブを入れて使っている人が、多いですね。

 

歯磨き後に、これで口の中をさっぱりさせれば、寝る前に味のある物を含まずに寝られます。

歯周病予防をしたいけれど、ヨーグルト歯磨きに抵抗があるのであれば、ぜひ、ジェットウオッシャーを使ってみてください。

 

 

まとめ

歯周病はほおっておくと、歯が抜けてしまったり、体内に入って心臓疾患の原因になったりします。

昔は、大人がなる口内の病気でしたが、食生活の変化で、現在は小学生や中学生が、歯周病になる時代です。

 

早いうちから、自分の歯を守って、年をとっても自分の歯で食べられるようにしたいですね。

 

簡単な方法でしたら、ヨーグルトやタブレットを使って、本格的にやるなら、歯周病ケアアイテムを使いたいですね。

定期的に歯医者に行って、点検してもらうのも、おすすめです。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ