豆乳ヨーグルトと牛乳ヨーグルトの違いは?効果は?種は?

yoguruto

手作りの豆乳ヨーグルトが、今話題です。

整腸作用に優れており、ダイエットや美肌、健康全般に効くと評判です。

 

豆乳ヨーグルトと牛乳ヨーグルトの違いや、豆乳ヨーグルトの効果、手作りする時の種を何にするかなど、ご紹介します。

 

 

豆乳ヨーグルトと牛乳のヨーグルトの違いは?

牛乳ヨーグルトとは、いわゆる普通に売っている、ヨーグルトのことです。

原料に牛乳を使っています。

 

それとは別に、豆乳ヨーグルトとは、豆乳を使って作られたヨーグルトです。

 

ヨーグルトは、発酵食品のため、健康にいいのは知られていますね。

発酵食品に含まれるビフィズス菌などの善玉菌が、腸の中のバランスを整え、整腸作用をもたらします。

 

体の健康とは、腸が健康かどうかで決まる、と、最近よく言われるくらい、大切な機関なのです。

 

一般的なヨーグルトには、たくさんの善玉菌が含まれているので、健康のために食べるといいということが、知られています。

もちろん、豆乳ヨーグルトにも、善玉菌が同じくらい含まれているので、同じように有効です。

 

では、普通の牛乳のヨーグルトと、豆乳ヨーグルトの違いから、メリットやデメリットを考えてみます。

 

牛乳ヨーグルトのメリット

牛乳に多く含まれるカルシウムが、豆乳にはそれほど多くないので、ヨーグルトを食べて得られるカルシウムの量に、差が出来ます

牛乳の状態で摂取するより、ヨーグルトとして取るほうが、カルシウムの吸収が大きいのです。

 

豆乳ヨーグルトのメリット

豆乳は、コレステロール含まれていません

コレステロール値に悩んでいる人は、牛乳より豆乳のほうがだんぜんおすすめです。

 

豆乳に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンに似た働きをするため、コレステロール値の上昇を抑える働きをします。

 

 

こう見ると、一長一短のようですね。

好きな方を食べればいいのでは?という感想を持ちますが、あなたが、下記のような症状であれば、すぐさま豆乳ヨーグルトに切り替えるべきでしょう。

 

その症状とは、

  • おならが臭い
  • 牛乳だとおなかがゴロゴロする

です。

 

日本人のうち、2/3もの人は、牛乳に含まれる乳糖の分解が出来ない体質です。

おならが臭いのは、当たり前なのではありません

 

腸の中で、分解出来ない物質が腐ったので、おならが臭くなります。

乳糖の分解が出来ない人が、牛乳やヨーグルトを食べると、腸の中で腐敗してしまいます。

 

もし、上記の症状が出ていたら、あなたも(管理人の私もです)乳糖の分解が出来ない体質なのです。

ちなみに、乳糖の分解が出来ない体質の人は、肉を食べても同じように(おならのにおい)なることもあります。

 

豆乳ヨーグルトの効果は?

それでは、豆乳ヨーグルトのメリットがわかったところで、日常的に食べていると、どんな効果があるのか、ご紹介します。

 

発酵食品の効果は、先ほど説明しましたね。

豆乳のイソフラボンの効果も、先ほど説明しました。

 

大豆イソフラボンは、女性ホルモンに似た作用があるので、女性ホルモンに関係する病気の、更年期障害や、生活習慣病に効果的です。

 

それだけではなく、大豆イソフラボンは、男性ホルモンにも似ているため、最近話題になり始めた、男性の更年期障害にも、いい効果が期待できるのです。

スポンサードリンク

 

大豆に含まれるたんぱく質は、コレステロールや、中性脂肪を抑えるえる働きがあり、肥満予防や、生活習慣病の予防にもなります。

食べ続けることで、減量が出来たとか、美肌になったり、お通じが正常になるなど、普通のヨーグルト以上のメリットが、あると考えてもいいかもしれません。

 

もし、あなたが、乳糖を分解できる体質なら、普通のヨーグルトでも効果的だと思いますが、コレステロールが気になるなら、豆乳ヨーグルトに切り替えても、いいですね。

 

豆乳ヨーグルトの手作りの種は?

豆乳ヨーグルトは、市販もされています。

ですが、まだあまり出回っていないので、実際は自分で手作りしている人が多いです。

 

いつもきれいな有名女優さんも、モデルさんも、自分で作った豆乳ヨーグルトをネットで紹介していますね。

作り方もあまり難しくないのです。

 

そこで、どんな種を使うのがいいのかということですが、簡単なのは、普通のプレーンヨーグルトと豆乳を半分ずつまぜて、作る方法です。

 

これであれば、すでにヨーグルト菌が存在するものを使うので、失敗はほとんどないでしょう。

完全なる豆乳ヨーグルトではないですけど。

 

種になるものは、果物や野菜など、ほとんどのものを使うことが出来ます

いまメジャーなのは、玄米を使って、作る方法です。

 

玄米は、周りに糠(ぬか)がついているので、ぬか漬けでおなじみ、発酵させることが出来る食品です。

 

そのほか、天然酵母パンの酵母を作る時に良く使われる、ぶどう(干しブドウ)を使っても出来ます。

 

無ろ過の甘酒(生甘酒)を使って作る方法も、テレビで紹介されたので、知っている人も多いかもしれません。

 

甘酒と豆乳は、とても相性が良く、甘酒が苦手の人も、豆乳が苦手な人も、合わせると両方のくせを打ち消すので、美味しくいただけるのです。

甘酒は、ビタミンB群も豊富に含まれているので、さらに美肌や疲れの回復が期待できます。

 

まずは、簡単にできる市販のプレーンヨーグルトを使って、うまく作れるようになったら、いろんな種でためして、それぞれの独特な味を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

ヨーグルトを作るには、このような器具があると便利です。

夏場は暑くなり腐りやすく、冬は寒くてなかなか発酵しない時に、重宝します。

 

器具がなくても作れるので、いろいろ試してみましょう。

まとめ

ヨーグルトは体にいいと言われていますが、管理人は乳糖を分解出来ない体質なので、普通のヨーグルトでも、おならの状態が悪化して悩んでいました。

豆乳ヨーグルトを簡単に手作り出来ると聞いて、只今挑戦中です。

 

ダイエットや、美肌、お通じの改善に効果があると聞いて、豆乳ヨーグルトを日常的に食べてみることにします。

また手作りのレポートは、記事にして紹介しますので、もうしばらくお待ちください。

 

ぜひ、あなたも、豆乳ヨーグルトを作ってみては、いかがでしょうか。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ