お中元や暑中見舞いの時期はいつ?のしの書き方は?はがきは出す?

ochugen

日頃お世話になった方に贈る、お中元。

もしうっかり忘れてしまったら、暑中見舞い扱いになるのですが、

いったい、いつからいつまでが、お中元で、いつから暑中見舞いになるのでしょうか。

 

その時ののしの書き方は、どうすればいいのでしょうか。

お中元と暑中見舞いのはがき、両方出すべきなのでしょうか。

それらの疑問に、お答えします。

 

 

お中元や暑中見舞いの時期は?

うっかり、お中元を手配するのを忘れてしまって、時期が遅くなってしまった場合は、

暑中見舞いになります。

 

一般的に、東日本地方では、お中元は7月15日(新暦のお盆)までになります。

そのあと、7月16日から8月15日(旧暦のお盆) までにするのが、「暑中見舞い」です。

それも過ぎてしまったら、8月16日以降にするのが「残暑見舞い」になります。

 

西日本(四国、九州含む)と北陸の一部の地域では、8月15日までが、お中元を贈る時期になります。

 

東日本は、6月末から、西日本では、7月に入ってすぐ、など、年々贈る時期が早まる傾向にあります。

6月に入ったら早めに準備をしたいところですね。

 

西日本に住んでいる場合は、関東地区にお中元を贈る時は、時期が違うので注意が必要です。

お中元を贈るつもりが、7月15日過ぎに着くような手配になるなら、暑中見舞いののしにしないといけません。

 

お中元や暑中見舞いののしの書き方は?

お中元ののしは、「御中元」とします。

それを過ぎたら、「暑中御見舞」です。

暑中見舞いの時期も、うっかり過ぎてしまったら、「残暑御見舞」になります。

スポンサードリンク

 

お世話になった方に贈るものですから、過ぎていることに気がついたら、早めに手配したほうがいいですね。

 

のしは内のし、外のしとありますが、お中元などは基本的に、外のしにします。

 

内のしとは、品物にのしをかけてから包装することで、ひかえめに贈りたい時に使います。

外のしは、品物に包装してから、のしをかけることを言います。

 

お世話になった気持を贈ることなので、特別な理由がない限り、外のしにしましょう。

 

お中元と暑中見舞いのはがきは両方出す?

お中元を贈った後、暑中見舞いのはがきは送ったほうがいいのでしょうか?

 

暑中見舞いのはがきは、立秋(8月7日ごろ)までに出すものです。

暑中見舞いのはがきは、お中元などのギフトと違って、相手の体調を気遣ったり、

家族の近況を報告する意味合いがありますので、根本的に意味がちがいます

そのため、お中元を贈った人に、暑中見舞いのはがきを送ってもいいのです。

 

ただし、お中元贈った相手からも、反対にお中元をもらって、その分のお礼状や、電話でのお礼をした場合、

先方のようすや家族の近況を話していた場合は、暑中見舞いのはがきを省略してもかまわないと思います

 

特に、西日本の地域では、お中元の時期と、暑中見舞いのはがきを出す時期が重なるため、両方出したい時には、

お中元を早めに送り、立秋までに間に合うように、暑中見舞いのはがきを出しましょう

 

まとめ

お世話になった大切な方に、お中元を贈る意味は、日頃のお礼と、今後もよろしく、という意味を込めて贈ることです。

毎年のことなので、うっかり忘れるということのないように、早めにカレンダーにしるしをつけておきましょう。

 

テレビなどでも、お中元の時期は、盛んにCMもやりますので、気をつけていたほうがいいですね。

 

西日本に住んでいるなら、贈り先が東日本であれば、時期を確認して、お中元を送る時期を過ぎないように、気をつけなくてはいけませんね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ