チーズを食べ過ぎると頭痛?ワインでも?治し方は?

cheese

飲み会のあと、いつもより多く飲んでいないはずなのに、頭がズキズキ痛くなったことはありませんか?

その時のメニューを見直してみたら、イタリアンだった、ということはないでしょうか?

 

イタリア料理によくある、チーズやワインで、片頭痛を引き起こすことがあります。

チーズやワインでの片頭痛の原因と、緊急対処法を紹介します。

 

 

チーズを食べ過ぎると頭痛がする?

チーズには、チラミンと呼ばれる物質が含まれています。

そのチラミンは、血管を収縮させる働きがあり、頭痛だけでなく動悸や吐き気、血圧上昇などの症状を、引き起こします。

 

急に収縮した血管は、ゆるもうとするので、血管が拡張して、頭痛が起きます

チラミンが原因でおこる頭痛は、頭の片方だけが、リズミカルにズキズキ痛む、片頭痛なのが特徴です。

 

チーズの中でも、熟成期間が長いチェダ―チーズには、チラミンが多く含まれています。

 

チーズを食べたからと言って、みな頭痛になるわけではないですし、量や、その日の体調、体質などでも変わってきます。

片頭痛が起きた時、ちょっと食事の内容を、見直してみてください。

 

ワインを飲んで頭痛が起きる理由は?

ワインにも、チーズと同様、チラミンが含まれています。

特に赤ワインに、多いです。

 

赤ワインには、ポリフェノールが含まれていて、それは血管拡張作用があります。

チラミンの反作用とポリフェノールの作用、ダブルで効いてきます。

 

はっきり言って、チーズと赤ワインの組み合わせは、血管が拡張しすぎて、チラミンに弱い人にとったら、かなり危険な組み合わせなのです。

 

「いつもよりお酒の量が少ないのに、どうして」

「ワインはロゼを飲んだのに、痛くなってきた」

という疑問を感じたら、チラミンが作用していると思って良いかもしれません。

 

チョコレートにも、チラミンが含まれています。

イタリアンレストランで、チーズ料理とワインを飲み、デザートはチョコレート、という組み合わせは、最悪でしょう。

スポンサードリンク

 

ちなみに、お酒を飲み過ぎ、次の日に頭が痛かったり、気分が悪かったりするのは、二日酔いですので、チラミンが原因ではありません。

 

片頭痛の治し方 チーズやワインでおこった時の緊急対処法

自分が、チラミンに弱い体質だとわかったら、チーズや赤ワインを避けたり、少量にするなど、気をつけてください。

 

でももし、いつもは大丈夫だったからと、チーズやワインやチョコレートを取って、片頭痛がおこってしまった時は、どうすればいいでしょうか?

 

その場合は、コーヒーを飲んでください。

飲むタイミングは、片頭痛が起こりそうになった時(予兆)かおこって、すぐがいいです。

 

コーヒーに含まれるカフェインは、血管収縮作用がありますので、拡張しすぎた血管を少し元に戻してくれます。

カフェインは、頭痛薬にも含まれている、成分なのです。

 

時間がたってから飲むのは、あまり効き目を感じられないことがあるので、注意しましょう。

 

ほかに、痛い場所を冷やして、血管を収縮させるようにするのも、効果的です。

片頭痛は、間違って温めないように。余計痛みますよ。

 

絶対にダメなのが、お酒を飲んだ時に、頭痛薬を飲むことです。

薬が効きすぎたり、毒性が現れたりして、非常に危険です!

薬全般は、お酒と同時に飲まないこと!

 

昼間頭痛薬を飲んで、夜飲み会に参加した人と、同席した事があります。

酔っ払い方が異常で、あわや急性アルコール中毒で、救急車か?という事態でした。

 

片頭痛がつらい時は、コーヒーを飲んでみて、あまり効きそうにもなかったら、頭を冷やしつつ、早めに休むことが大切です。

 

まとめ

片頭痛の原因は、チラミンだけではありません

上記の対処法は、チーズやワインを取った時に、片頭痛になる人の対処法なので、それらが原因でない場合は、きちんと専門医にかかって、見てもらいましょう

 

チラミンに弱い、体質だということがわかったら、チラミンを多く含む食品を、一度に大量に取らないようにしましょう。

 

ストレスがあったり、体調が悪いと顕著に出やすいなど、いろいろな要因もあるので、食品を避けると同時に、体調の悪い時に、飲み会に出ないなど、注意も必要ですね。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ