台風の対策は?マンションのベランダ対策をしっかりとしよう

a0150_000020

台風が近づいてくる季節になりました。

台風の予報がわかったら、事前にきちんしたと対策が必要です。

台風の対策で、マンションのベランダの対策方法や、ベランダの窓ガラスの強化方法などを、紹介します。

 

 

台風の対策でマンションのベランダを片付けよう

台風や、最近多い突風や竜巻では、かなりの強風になります。

急な天候の変化で、家が留守の時は仕方がないですが、台風情報など前もってわかる場合は、対策をしておきましょう。

 

ベランダにあるもので、中に入れられるものは、中に入れておいてください。

 

植え木や、すだれ、ラティスなど、強風で飛んで行ってしまいそうなものは、必ず室内に入れておきましょう。

 

洗濯の物干し竿も、中に入れておきましょう。

ベランダについている、物干し竿かけにひもで縛っておいてあるとしても、少し心配です。

取り外せるものは取り外しましょう。

 

物干し台の土台は、砂や水を入れるタイプのものは、しっかり重くしておけば大丈夫です。

物干し台の柱で、台から取り外せるものは取り外し、家に入れるか、ベランダの下に寝かせておいておきましょう。

取り外せないものは、出来るだけ低くしておきましょう。

 

ベランダの手すりに、紐でしっかり固定すれば、なお安心です。

 

台風の対策でベランダにある洗濯機はどうする?

ベランダに洗濯機を置いているうちも、多いでしょう。

洗濯機も、かなりの強風や、竜巻に巻き込まれたりすると、簡単に飛んで行ってしまいます。

かといって、洗濯機を家の中に入れるのには、ちょっと重いですよね。

 

台風対策として、ベランダにある洗濯機は、洗濯槽にたっぷり水をためておきましょう。

そうすることで重くなるので、かなりの強風でも、びくともしないのです。

 

洗濯機のふたが開かないように、ゴミ袋をかぶせ、ゴム紐で縛っておきます。

さらに、丈夫な紐で、しっかりベランダの手すりに縛り付けておけば、より安心です。

 

台風の対策でベランダのサッシやガラスの対策はどうする?

ベランダのサッシの外側に、雨戸や、シャッターがあるのであれば、キチンと締めておいてください。

これが一番安心です。

スポンサードリンク

 

もし、雨戸やシャッターがないのであれば、サッシの窓ガラスに対策をしないと危険です。

 

物が飛んできて、ガラスにあたってしまわないようにと、外側にベニヤ板などで、対策をした方がいいか、と思うかもしれません。

ですが、反対に、そのベニヤ板が、強風で飛ばされ、どこかのガラスに直撃ということになりかねません。

 

ガラスが割れないようにと、外側に対策をするのは、シャッターがない場合は、あきらめてください。

それよりも、物が飛んできてガラスが割れたとしても、飛び散らないように対策をしてください。

 

飛散防止用のフィルム

いちばんいいのは、飛散防止用のフィルムを、丁寧にきちんと張ることです。

これであれば、たとえガラスが割れても、飛び散りません。

 

養生テープか布ガムテープをガラスに貼る

フィルムの代わりに、ガムテープを貼って、飛び散り防止になるようにします。

養生テープや布ガムテープは、あとではがしやすいのが特徴です。

 

紙ガムテープは、はがしにくいので使わないように。

 

カーテンを閉める

もし急なことで、フィルムを貼れなかったら、カーテンをきちんと閉めておきましょう。

出来ればカーテンは、下に重りをつけるなどして、広がらないようにしておきましょう。

 

内側から段ボールなどで補強

内側にダンボールやベニヤ板で補強し、万が一ガラスが割れても、室内に入ってこないようにします。

 

これらの対策をしっかり取ってください。

 

シャッターなどがない場合、サッシが強風でたわむことがあります。

しっかりしたマンションであれば、たわむ(内側に膨らむ)のも、計算されています。

対策を立ててあれば、ガラスの飛び散りは安心なので、あわててガラスを押さえると危険です

 

家具で防御するのも、雨水が窓の隙間から入ってきたり、雨もりの可能性で、濡れてしまう事もあるので、やめましょう。

反対に、家具は濡れないように、窓から離しておきます。

 

サッシの下部には、雨水を受け止めるための、新聞紙や、古布を敷きつめておきます。

雨漏りがあった場合には、洗面器やボールも、準備しておくといいですね。

 

まとめ

台風のピークは、短時間ですが、かなりの暴風雨になることもあります。

 

台風が直撃する時や、あまり台風の経験がない人が、台風が多い地域へ引越した一年目の夏などは、甘く考えないで、早めに対策をしておくことです。

 

家族とも話し合って、時間帯によってどう行動するかも、日頃から決めておきましょう。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ