厚木の花火大会2017に車で行く 駐車場は?見られるスポットは?

a0800_001217_min

厚木の花火大会といえば、あつぎ鮎まつりの大花火大会のことです。

毎年、8月最初の土曜に、鮎まつりが行われ、夜19:00から相模川河川敷で、花火が打ち上がります。

2917年は8月5日(土) 19:00~20:30の日程で開催されます。

 

厚木の花火大会に、車で行く場合のおすすめスポットなどを、紹介します。

 

 

厚木の花火大会に車でいって停められる駐車場は?

厚木の花火大会に、車で行く場合は、運営で用意した駐車場はありません

そのため、ちかくのコインパーキングを検討したいところですが、厚木の駅の周辺や、花火会場の近辺は、交通規制がかかります。

 

交通規制前に入って、規制後に出ればいいか、と考えなくもないですが、コインパーキングも当日すぐに満車になってしまいます。

鮎まつりも開催しているので、朝からまつりの人出でにぎわいます。

 

車で行って、花火を近くで見たい場合は、小田急線の本厚木駅、厚木駅の隣の駅の近くの、コインパーキングに車を停めることを、おすすめします。

それで、電車でメイン会場(河川敷)に行く方がいいです。

 

海老名駅周辺にも、コインパーキングがあります。

上限1000円前後が相場です。

 

運良く、海老名駅周辺に停めることが出来れば、徒歩30分で、花火メイン会場に着きますので、電車に乗らなくてすみますね。

 

海老名くらい近いと、お祭りの影響で、コインパーキングを見つけるのも、時間帯によっては、難しいかもしれません。

愛宕石田駅か、伊勢原駅まで離れれば、花火の影響はほとんどないでしょう。

 

コインパーキングではないですが、早い時間に来られるなら、環境センターの臨時駐車場に停めるのも、おすすめです。

圏央道の脇になり、打ち揚げ会場まで歩いて行けます

すぐ埋まってしまうので、早めに来て、お祭りも楽しむくらいであれば、停められるでしょう。

 

厚木の花火大会を車から見られるスポットは?

小さい子供がいたり、人混みが苦手だったりして、近くでなくてもいいから、花火を見たいという方に、車から見られる場所を、ご紹介します。

 

東洋ソフラン側の河川敷

東洋ソフラン側の河川敷は、車で入ることが出来ます。

スポンサードリンク

そして、打ち揚げ場所に比較的近いです。

 

地元では有名な場所なので、早めに行っていい場所を確保することをおすすめします。

ここに停められれば、あえて、会場まで行かなくても、近くで見られるので大丈夫ですね。

 

近くに、金田第二青少年広場があります。

その広場に降りて行って、見るのもおすすめです。

前が川で、視界が開けているので、きれいな花火が見られます

 

海老名運動公園の駐車場

海老名運動公園の中にある、陸上競技場の川に近いところに、川沿いに駐車場があります。

花火の日は、無料開放しています。

 

ここは、川に面しているため、少し遠いですが、北の方に花火が見られます。

名物ロングナイヤガラは見られませんが、離れている分、落ち着いて見られる場所です。

 

三川公園の川の反対側の河川敷

三川公園は、良く穴場情報で出ますが、駐車場が少ないので、ここに集まる人は海老名駅から歩いて向かいます。

見通しもよく、落ち着いて見られる場所です。

 

その三川公園の、川を挟んで向かい側の河川敷には、車で入って行けます。

 

行き方は、R246を厚木方面から海老名方面へ向かって、新相模大橋(打ち揚げ場所の近くの相模大橋ではないので注意)を渡らずに、ガソリンスタンドを過ぎたら左の道に入ります。

 

道なりに進むと、T字道になっていて、河川敷の道に出ます。

右に進むと、三川公園の反対側の、河川敷にでるので、そこに車を停めて見るのもおすすめです。

 

番外編として

番外編として、この日の厚木の花火大会と毎年同じ日に、茅ヶ崎の花火大会も開催されます。

高座郡寒川町の、相模川の河川敷や、橋の上から、両方の花火が上がる様子を、見ることが出来ます。

 

どちらかをガッツリ見たい、というのでなく、2つの花火を(遠いけど)同時に見られるお得感を味わいたいなら、行ってみることをおすすめします。

 

ちょうどいいスポットを探す方法は、先に大体目星をつけて、花火が上がったら移動しながらいい場所を探すことです。

必ず、1人では行かず(わき見運転で危ないので)同行者に確認してもらいましょう

 

まとめ

鮎まつりは、毎年50万人を超える人出がある、にぎやかなお祭りです。

そのクライマックスとして、毎年大勢の人が見に行く花火大会です。

 

その分、とても混雑してしまうので、車で行ってそこから見られるなら、楽でいいですよね。

人気の場所は車も集まってくるので、注意しながら場所を探してください。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ