カフェインの取り過ぎになる量は?害は?エナジードリンクは?

アイスコーヒー

眠い時にカフェインの入っている飲み物を飲むと、一時元気になったり、目が覚めたりしますね。

毎日常に、カフェインを摂取していると、体に害が出てきます。

 

どのくらいだと、カフェインの取りすぎの量になるのでしょうか?

カフェイン取りすぎの害や、最近話題のエナジードリンクについても説明していきます。

 

 

カフェインの取りすぎになる量は?

カフェインが多く含まれているといって、思い浮かぶのが、コーヒーですね。

それ以外でも、紅茶、緑茶などに含まれています。

 

  • コーヒー(ドリップ) 100~150㎎
  • コーヒー(インスタント) 50~80㎎
  • 紅茶・緑茶 30㎎

これらは、1杯あたりのカフェインの量です。

 

カフェインの効果は、以下の通りです。

  • 眠気が覚める
  • 集中力がアップする
  • 運動の前に飲むと脂肪燃焼が向上する
  • 食後に飲むと消化を助ける

などがあります。

 

そのため、効果を期待して毎日摂取すると、体が慣れてしまい、量が増えていきます

 

カフェインは中毒性もあるので、取りすぎるのは危険です。

一般的に、慢性的な中毒になりやすいのが、一日250㎎以上取った場合、と言われています。

人によったら、一日100㎎で、慢性的な中毒症状が出てしまう人もいます。

 

普通の体質の人で、コーヒー2杯まで、お茶は7杯くらいまでなら、大丈夫とも言えます。

カフェインに弱い人は、コーヒー1杯でも、取りすぎの量になってしまうのですね。

 

カフェインの取りすぎの害は?

カフェインを取りすぎると、体にどんな害があるのでしょうか。

 

カフェインは、胃を活発にさせるので、胃酸過多になり、胃を荒らしてしまいます。

そのため、お腹が痛くなったり、気持が悪くなったりします。

 

眠れなくなったり、トイレが近くなったりといった症状も、カフェインの取りすぎです。

血圧が高い人も、上がりやすくなるので危険です。

 

中毒性が高いと、パニック障害などの精神障害の、引き金になったりします。

 

意外と知られていないのが、片頭痛です。

片頭痛の原因はいろいろあるのですが、カフェイン切れ(24時間)で頭痛がおこる場合があります。

 

コーヒーを飲むと頭痛がおさまるので、コーヒーを飲むのをやめられなくなっていくのです。

スポンサードリンク

カフェインで、縮まった血管がゆるむため、頭痛がおきるのですが、またカフェインを取るとおさまるからです。

 

カフェインの効果を、いい方に使うのであれば、毎日取りすぎの量を続けるのではなく、日々の量を、少しずつ減らしていく事をおすすめします。

 

そうでないと、運転の時に飲むドリンクや、眠気覚ましの栄養ドリンクの効き目が出なくなってしまい、無駄に終わってしまいますね。

 

コーヒー好き、紅茶好きで、やめることが出来ないのが困る、というなら、最近の最新技術で、味に遜色なく、カフェインレスのものが出ています。

1日のうち、半分の量は、カフェインレスのものにするとか、工夫してみることをおすすめします。

 

健康を考えて、カフェインを完全に抜きたいというのであれば、1週間ほどカフェイン断ちをすれば、大丈夫ですよ。

 

カフェインレスのドリンクの紹介は、こちらの記事をどうぞ。

⇒カフェインは妊娠中はなぜだめ?飲んでいい量は?ノンカフェインは?

 

エナジードリンクの飲み過ぎは危険

若い人が良く飲むドリンクで、エナジードリンクに含まれるカフェイン量の危険性を、最近よく耳にします。

 

日本でも、エナジードリンクが一般的になってきて、毎日飲まないといられない人も多くなってきました。

エナジードリンクの、高揚感、元気になる感じは、カフェインの効果ですが、飲み過ぎると同じく害が出てきます。

 

エナジードリンクは、1本当たり80㎎~160㎎のカフェインが含まれています。

こう見ると、コーヒーとそれほど変わりがないように思いませんか。

 

エナジードリンクのカフェインの害は、慢性というよりは、急性のほうが危険と思われます。

 

50㎏の体重の人で、1時間以内に350㎎のカフェインを飲むと、急性のカフェイン中毒になってしまう危険性が、一気に高まります。

エナジードリンク2本で、動悸が高まったり、吐き気がしたり、軽いパニック状態になったりしてしまう可能性があります。

 

エナジードリンクの害は、カフェインだけでなく、砂糖も多量に含まれていることも、問題視されています。

まだ発達途中の未成年が、エナジードリンクに含まれるカフェインの害を受けてしまう危険性を、出来るだけ避けるべきではないでしょうか。

 

まとめ

昔は、コーヒーは滋養強壮の薬として、飲まれていたものです。

なにやら忙しい現代では、コーヒーなしではいられないようになってしまったようですね。

若い人は、エナジードリンクが手放せない人も、少なくないです。

 

カフェインの効果と、害をきちんと知って、自分でコントロールするようにしていかないと、知らないうちに健康に影響が出てきてしまうでしょう。

とくに、未成年のエナジードリンクの事故もあるので、大人は注意しないといけませんね。

 

スポンサードリンク

2 Responses to “カフェインの取り過ぎになる量は?害は?エナジードリンクは?”

  1. クニヒロ より:

    コーヒー好きで1日5 6杯は飲んでます カフェイン取りすぎヤバいね

    • ポノ子 より:

      クニヒロ様
      管理人もコーヒー好きで、気になっています。
      一日のうち夜の1杯は、デカフェ(少カフェイン)にしています。

      スタバのデカフェは、味も問題なく美味しく飲めますよ。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ