カフェインは妊娠中はなぜだめ?飲んでいい量は?ノンカフェインは?

ko-hi

妊娠したら、カフェインは避けたほうがいいとよく言われます。

少しの量なら、飲んでも大丈夫、という人もいます。

 

ですが、なぜ妊娠中に、カフェインは良くないのでしょうか?

飲んでいいのであれば、どのくらいの量でしょうか?

 

おすすめのノンカフェインドリンクも、紹介します。

 

 

カフェインは妊娠中はなぜだめなの?

妊娠したら、カフェインは避けたほうがいい、とよく言われます。

その理由はいくつかあります。

 

流産の確率が高まる

血管収縮作用により、赤ちゃんに栄養が行かなくなる。

母体の、鉄分、亜鉛、カルシウムなどの吸収を妨げる。

赤ちゃんの未熟な肝臓では、カフェインを排出しきれない。

などが理由です。

 

ですが、これらは、すべて、カフェインを大量に摂取した場合、という、但し書きがついています。

 

カフェインの入っている、コーヒーやお茶を飲むと、胎児が良く動く(落ち着きがなくなる)とか、授乳時であれば、赤ちゃんの寝つきが悪くなる、などの話も聞きますね。

 

最近では、妊娠前から大好きだったコーヒーや紅茶を、飲むことが出来なくなって、ストレスになるようなら、少しは摂取していい、という説もあります。

 

神経質になり過ぎ、お母さんのストレスが増えてしまうのも、胎児にとっても、いい影響とはいえないですね。

 

カフェインの妊娠中に取っていい量は?

それなら、どれくらいの量なら、取ってもいいのでしょうか?

 

人それぞれ、今までのカフェイン摂取量や、何を飲むかによって、変わってきます。

それでも、だいたい、1日にコーヒー1杯とか、お茶1杯とかなら、問題ないでしょう。

 

一日に、コーヒー(お茶)を何杯も飲んでいた人であれば、1日1杯までにするとかですね。

普段はコーヒーをほとんど飲まなかったのであれば、1杯でも刺激が強いかもしれません。

 

カフェインが含まれているもので、比較的少ないものは、

  • ココア(コーヒーの1/3)
  • ほうじ茶(コーヒーの1/3)
  • ウーロン茶(コーヒーの1/3)
  • 煎茶(コーヒーの1/3)
  • 玄米茶(コーヒーの1/10)

ですね。

 

よく、コーラはカフェインが入っていないと思って、安心して飲んでいるかたもいます。

ですが、コーラはカフェインがコーヒーの2/5ほど、入っていますし、糖分過多も心配です。

 

コーラのゼロ(カロリーやカフェインがゼロ)のものは、人工甘味料の摂取が、おすすめできないので、妊娠中は、どのコーラも、おすすめしません。

 

ノンカフェインの妊娠中におすすめドリンクは?

いままで取っていたコーヒーを、すっぱりやめるのは、とてもストレスになる、というのであれば、一日少しだけなら、コーヒーを飲んでリラックスできるのであれば、飲んでも大丈夫なのです。

 

ですが、やはり、赤ちゃんに少しでもいいものをという考えや、流産のリスクを出来る限り遠ざけたい、と思うのも、自然なことです。

 

そこで、ノンカフェインや、とてもカフェインが少ないおすすめドリンクを、紹介します。

 

ノンカフェインのおすすめ

 

●ルイボスティ

ルイボスティは、アフリカで生産されている、紅茶のような赤い色のお茶です。

ミネラルも含まれ、腸内環境もよくなり、活性酸素を抑える働きがあるという、健康や、アンチエイジングにとてもいいお茶として、一時ブームになりました。

 

ルイボスティは、カフェインがゼロなので、安心して飲むことが出来ます。

ちょっとクセがあるので、合わない人がいるかもしれません。

 

●コーン茶

コーン(とうもろこし)のお茶です。

これもノンカフェインです。

 

利尿効果があって、むくみに効果的だし、ミネラルや食物繊維、鉄分も含まれています。

ほのかなとうもろこしの甘みもあり、美味しいお茶です。

 

●タンポポコーヒー

スポンサードリンク

タンポポコーヒーは、コーヒーとついていますが、飲んでみるとわかりますが、コーヒーとは全く別物です。

ちょっと香ばしいハーブティ?みたいな、感覚です。

 

タンポポの根を乾燥させて、作られています。

タンポポコーヒーは、ホルモンのバランスを整える効果があって、母乳の出を良くする効果があるため、妊婦さんにはおすすめの飲み物です。

 

ほかには、利尿効果でむくみに効果的胃や肝臓の機能向上といった、効果もあります。

 

●麦茶

麦茶もちろん、カフェインゼロです。

クセもなく、夏の水分補給にピッタリの飲み物です。

 

麦茶を濃く淹れて、牛乳で割って少し甘味を足すと、コーヒー牛乳もどきになります。

甘味やうまみ、苦みなどのバランスが、コーヒー牛乳と同じになります。

実際飲んでみると、麦茶の匂いはしましたね(あくまで、もどきでした)。

 

コンビニや、自販機で買える市販のものは、爽健美茶や、十六茶は、カフェインゼロです。

 

カフェインレスのおすすめ

 

●カフェインレスティ(紅茶)

カフェインレス(カフェインがない)にする方法は、いくつかありますが、手間やコスト面で主流なのが、薬品を使って、カフェインを除去する方法です。

 

ただ、薬品を使うことが心配ということで、考えだされた方法が、水を使った方法(水抽出)と、二酸化炭素を使った方法(超臨界二酸化炭素抽出)です。

 

この紅茶は、手間のかかる、二酸化炭素を使った方法で、カフェインレスにしているため、安心です。

カフェインレスなので、0.2~0.4%(約1/500~1/250)ほどのカフェインが、含まれています。

 

 

●デカフェコーヒー

デカフェとは、カフェインレスのことです。

デカフェのコーヒーは、スタバにもおいてあるので、スタバでデカフェの豆を買って飲んだり、友達とスタバでお茶する時に、飲むことが出来ます。

 

スタバのデカフェ(コモド ドラゴン ブレンド)は、水抽出でカフェインを除去しているので、風味も、普通のコーヒーと変わらず、美味しく飲めます。

 

注文の仕方は、レジのところで、デカフェコーヒーといえば大丈夫です。

普通のドリップコーヒーのように、用意していないため、豆をひいてから淹れるので、ちょっと時間がかかります

 

スタバのデカフェは、3%ほどの(1/30)カフェインが含まれています。

 

まとめ

赤ちゃんに良くないからといって、ストイックにカフェインを避けすぎて、かえってストレスになってしまうのも、よくありません。

 

少しでも気になるのであれば、ノンカフェインやカフェインレスの飲み物を、上手に取り入れ、たまには、カフェインのあるものも取って、リラックスするのも、いいと思います。

 

カフェインのあるものを取った時の、赤ちゃんの様子なども観察していくと、このくらいなら大丈夫とか、いま、赤ちゃんも興奮しているのか?とか、わかってくるのでしょう。

 

妊娠したら、いろいろな体調や、食欲の変化で、ストレスの要因も増えてくることも多いので、無理をしないように、工夫してみてくださいね。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ