あじさい祭りを都内で! としまえんやサマーランドも紹介

azisai

 

あじさいを楽しむ季節がやってきました。

あじさいが有名な所といえば、鎌倉や箱根ですが、東京都内にもあじさいが楽しめるスポットがあるのです。

急に思い立ってでも、出かけられる距離にあったら、うれしいですよね。

 

ほとんどの都内のあじさいは、6月上旬~7月上旬が見頃です。

都内であじさい祭りを開催する、人気のスポットを紹介します。

 

 

あじさい祭りを都内で開催している人気スポットは?

都内で、あじさい祭りを開催している、あじさいが有名なスポットを、紹介します。

 

高幡不動尊あじさいまつり

東京都日野市高幡733

 

新宿から京王線の急行で30分。

高幡不動駅から徒歩すぐにある、高幡不動尊の境内には、約7,500株100種以上のあじさいが咲き誇ります。

 

境内を歩くだけなら無料ですし、じつは、ここが日本一のあじさい寺との、評判も高いのです。

変り種あじさいも、たくさん咲いています。

 

時間があれば、ぜひあじさいだけでなく、御本尊の不動明王様を拝観して、お不動様のパワーを頂いてみては(拝観料300円)。

 

白山神社の文京あじさいまつり

文京区白山5-31-26

文京あじさいまつりは、約3000種のあじさいが咲き誇る時期に、白山神社境内から白山公園にわたる会場で、行われます。

毎年たくさんの人で、にぎわいます。

 

あじさいまつり期間中は、さまざまなイベントを開催しています。

地元の楽隊やバンドのコンサートは、歯ブラシ供養など、盛りだくさんです。

 

アクセスは、都営地下鉄三田線「白山」駅より徒歩3分、東京メトロ南北線「本駒込」駅より徒歩5分と、移動に便利な場所です。

 

郷土の森あじさいまつり

府中市郷土の森博物館にて
東京都府中市南町6-32

約30種10,000株の紫陽花が咲く府中市郷土の森博物館で、6月~7月上旬にかけて、あじさい祭りが行われます。

博物館の庭園には、かやぶき民家などの、昔の建物は、一見の価値あり。

咲き誇るあじさいとのコラボが見られるのは、ここならではです。

 

入園料は大人200円、中学生以下100円です。

スポンサードリンク

府中本町駅、分倍河原駅、是政駅から、いずれも徒歩20分ですが、たくさんのあじさいを見に、駅からのんびり歩いてみませんか。

 

あじさい祭りとしまえんのおすすめコースは?

としまえんと言えば、都内でも人気の遊園地やプールがあるスポットですが、じつはあじさいも有名なのです。

5月末~6月末にかけて、毎年あじさい祭りが開催されています。

 

としまえんの入園料は大人1000円、子供500円です(乗り物別料金)。

日中、あじさいのほかに、アトラクションを楽しむ、というのならそれでもいいのですが、

こちらのおすすめは、夜に入園するあじさいナイトです。

 

あじさい祭り期間中、金土日、17:00~20:00あじさいとイルミネーションの美しいコラボが楽しめる、イベントです。

あじさいナイトのみの入園料は300円で、一味違ったあじさい祭りをたのしめるのが、こことしまえんです。

 

桜のライトアップはよく見ますが、あじさいライトアップはあまり見ませんよね。

幻想的な光とあじさいを、ぜひ見に出かけてみては?

 

アクセスは、西武池袋線、都営大江戸線で豊島園駅下車すぐです。

http://www.toshimaen.co.jp/index.html
としまえんHP

 

あじさい祭りサマーランドでの見頃時期は?

都内でも人気を誇る、あじさい園があるのが、東京サマーランドです。

見頃は、6月上旬から7月上旬で、品種、株数とも国内でも有数の約60種15,000株が、順繰りに見ごろを迎え、長く楽しめます。

 

少し遅れて7月上旬~中旬なると、アナベルという貴重な種類のあじさいが、斜面一面に咲き誇ります。

アナベルは純白のあじさいで、満開のようすがまるで雪山を彷彿とさせ、感動の風景で人気があります。

まさに「アナベルでアナ雪を体験」なんてこともできたりする?かも。

 

丘の斜面にあじさいが植えてあるので、お出かけの際は、歩きやすい服装がおすすめです。

サマーランドのあじさい園は、通常の入口とは違っていますので、注意してください。

 

入園料は、おとな500円 こども300円です。

http://www.summerland.co.jp/guide/familysports_ajisai.html
サマーランドあじさい園HP

 

まとめ

あじさいの季節になると、どうしても鎌倉や箱根の人気スポットの特集を、テレビや雑誌で見ることが多いですね。

実は、東京都内でも、たくさんのスポットがあり、以上紹介したところは、鎌倉や箱根に引けを取らないほど、見事なあじさいが見られるのです。

今年からはぜひ、近くのあじさい祭りに足を運んでみては、いかかでしょうか。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ