秩父で蕎麦を食す くるみ汁がある駅近の蕎麦店紹介

soba

秩父には、美味しい蕎麦が食べられる店が、たくさんあります。

なかでも、秩父の蕎麦で特徴的なのが、くるみのつけ汁を出している店があるということです。

 

くるみ汁は、ほかの美味しい蕎麦の地方で、出しているところが少ないので、くるみ汁を目当てに、秩父に蕎麦を食べにくる人も多いです。

 

秩父駅から近く、くるみ汁の蕎麦を出している店2店を紹介します。

 

 

わへいそば

秩父鉄道の秩父駅のロータリーから、まっすぐ、大きな特徴のつり橋方面に歩いて行って、2つ目の信号を超え、2本目の路地を左に曲がって少し行くと、わへいそばがあります。

 

駅から、徒歩10分くらいです。

 

わへいそばは、くるみ汁を出している店として有名で、秩父そばの会にも入っています。

皆、くるみ汁目当てで、わへいそばにやってきます。

 

わへいそばの蕎麦は、少し太めで、こしもあり、黒い粒のみえる蕎麦です。

蕎麦の香りもしっかりあります。

 

このわへいそばでは、ふつうのざる蕎麦(750円)に100円をプラスすると、くるみ汁のつけ汁に、変更できます。

くるみ汁は、コクがありながらも、さっぱりといただけます。

くるみの香ばしさも味わえ、ゴマだれのようななめらかなつけ汁です。

 

くるみ汁もおすすめなのですが、管理人のおすすめは、芝桜天せいろです。

芝桜天せいろは、芝桜をイメージした、桜海老のかき揚げがついたものです。

 

芝桜は、秩父にある、羊山公園が有名で、ちょうど花のシーズンのGWには、芝桜を見に来る観光客でにぎわいます

そこで、芝桜と桜海老をかけて、桜海老のかき揚げ天のセットを、出しているのです。

 

管理人は、いちご狩りに必ず秩父に行くので、春の時期、わへいそばには、必ず桜海老のかき揚げがあったのですが、どうも、一年中あるわけじゃないようです。

 

桜海老も旬が春(と秋)なので、ちょうど桜海老が食べたいな、と思う時にかき揚げがあって、うれしくて、いつも頼んでしまいます。

 

ほかにも、この店には、魅力的な和スイーツもメニューにあって、それも合わせて、一通り食べてみることをおすすめします。

 

人気店だけあって、ひっきりなしにお客がやってくる店ですが、比較的他の店より、遅くまでやっている場合もあります。

他の蕎麦屋は、蕎麦が亡くなったら終わりといって、午後3時頃には店を閉めてしまうところも多いです。

 

ですが、こちらは、ほかの店が閉まっていても、やっていることが多いので、ほかの店に入れなかったら、電話で問い合わせてみると、意外とやっていたりします。

スポンサードリンク

 

入船

入船は、秩父そばの会に入っていませんが、地元の人に人気の蕎麦屋です。

場所は、秩父駅から左手にある、秩父神社に向かっていって、秩父神社の正面の鳥居の向かいの路地を入って、すぐのところにあります。

 

入る路地は、秩父神社前交差点と本町交差点の間にある、細い路地です。

駅から徒歩5分以内で、到着です。

 

たたずまいは、昭和の時間が止まったようで、中に入ったら、さらにノスタルジックな内装です。

ブラウン管テレビや、柱に取り付けてある扇風機が、趣のある雰囲気を出していて、なかなか面白いです。

登録有形文化財ということで、改装することもなく、当分昭和の雰囲気が味わえるでしょう。

 

こちらの蕎麦は、普通のざる蕎麦もありますが、くるみそば(くるみのつけ汁)がいちばん人気です。

くるみそばは、普通のざる蕎麦(650円)にプラス100円の、値段設定です。

わへいそばと同じですね。

 

こちらの蕎麦の特徴は、よく見るざるではなく、大きな器でくる蕎麦です。

大きな器といっても、ざるが敷いて上げ底になっているので、量は他の店と同じくらいですが。

 

こちらのくるみ汁は、すり鉢で、粗く砕いたくるみの粒が残る、香ばしいつけ汁です。

粗く砕いているので、汁自体は、サラッとしています。

 

そばは、やはり黒い殻が目立つ、蕎麦の香りと味がが強い、美味しい蕎麦です。

 

くるみの風味が非常に良く、くるみの甘さが出ており(わへいそばは、ちょっとしょっぱいかな)、アッというまに、蕎麦を食べてしまいます。

 

ここの隠れ名品は、じつはうどんです。

メニューは、そばのほかにうどんがあります。

 

うどんは、ゆで時間がかかります、と言われるのですが、時間があればうどんも食べてみましょう。

つるつるの美味しいうどんを、出してもらえます。

 

ここのくるみ汁のファンは多く、ここのくるみ汁が秩父で一番おいしいと、よく聞きます(好みの問題もありますが)。

 

ちょっと難点は、注文して料理が来るのが、遅い場合がある、ということです。

そんなに広い店内ではないのですが、タイミング悪く、一気にお客さんが押し寄せると、同じくらいの時間に来たお客の料理が、遅くなってしまうのですね。

 

それでも、時間に余裕があるのであれば、ここの美味しいお蕎麦を、ぜひ食べてもらいたいです。

 

まとめ

秩父には、たくさんのお蕎麦屋があり、それぞれ特徴があります。

駅から離れたところでも、おすすめのお蕎麦屋さんがありますので、そちらはまたいずれ紹介します。

 

秩父に来たら、美味しいお蕎麦と、ちょっと特徴のあるくるみ汁で、舌鼓を打って、いい秩父の思い出を作ってくださいね。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ