若洲公園でバーベキューをしよう 食材は?機材レンタルは?

bbq

野外でバーベキューをするのに、いい季節になりましたね。

都内でも人気の、江東区立若洲公園では、キャンプもできるし、日帰りでバーベキューも楽しめます。

 

若洲公園でバーベキューをする時の、知っておいて損はない情報を、ご紹介します。

 

 

若洲公園でバーベキューをしよう

若洲公園は、JR京葉線、東京メトロ有楽町線、りんかい線の、新木場駅から、バスで15分のところにあります。

 

バスの時間は、行きは朝9時台、帰り17~19時台は、結構本数があります。

一日遊んで満喫すると、ちょうどいいですね。

 

それ以外は大体、1時間に1本です。

 

行きは、駅からタクシーでもOKですが、帰りはタクシーを呼ばないと来ないので、バス利用をおすすめします。

 

車で来る場合は、首都高湾岸線の新木場ICを降りて、約2㎞です。

駐車場は、1回500円で、350台停めることが出来ます。

 

アクセスがいいので、キャンプやバーベキューで賑わうシーズンは、かなり前からの予約が必要になってきます。

予約は3か月先まで、ネットで秋状況を見ることが出来ます。

 

予約は、電話受け付けです。

http://www.tptc.co.jp/park/wakasu/yoyaku_jouhou/tabid/577/Default.aspx
キャンプ場空き状況

電話 0355696701 (9時~16時30分)

 

バーベキューの利用には、キャンプ場の1日(日帰り11:00~21:00)の使用料が、大人300円子供150円になります。

 

若洲公園でのバーベキューをする時の食材は?

若洲公園でバーベキューをする時、電車で来る場合は、なるべく近くで調達したいですよね。

ですが、新木場駅を降りたところには、駅前にスーパーらしきものはありません

コンビニがある程度です。

 

スーパーは、隣の潮見駅にマルエツ、東雲にイオンがあります。

わざわざ、食材調達のために、別の駅で降りるのも、面倒ですよね。

スポンサードリンク

電車で来る場合は、ちょっと重くても、食材は家から調達してくるほうがいいですね。

 

車で来る場合は、たくさんの荷物も苦にならないので、問題ありませんね。

 

食材にこだわりがなければ、若洲公園の売店で、肉や野菜を買うことが出来ます。

スペアリブや豚バラ肉、焼きそばセットなど、市販よりちょっと高いのですが、楽にこだわるなら、いいと思います。

 

機材のレンタルと、バーベキュー食材の、バーベキューパックを利用すると、さらに楽です(要予約)。

 

若洲公園でバーベキューをする時の機材レンタルは?

キャンプ場には、33か所の野外のかまど、流しには、5つかまどがあり、それらを使うことが出来ます。

ですが、利用者が多いと、好きな時に使えなかったり、空いてるかまどが遠かったりしますね。

 

それで、公園内の売店では、前の章でも書きましたが、機材レンタルが出来るようになっています。

機材込みのバーベキュー食材のパックだったり、コンロやダッチオーブンなど、単独の食器や、日よけや椅子なども、レンタル出来ます。

 

事前の予約が必要になります。

キャンプ場とは、予約する窓口がちがいますので、先にキャンプ場を予約し、レンタルの予約は、そのあとするようにして下さい。

http://www.herofield.com/bbq/wakasu/howto.html
若洲公園売店 若洲アウトドアセンターHP

電話:05058350493(9:00~18:00)

 

バーベキューで出たゴミは、基本的に持ち帰りしなくてはいけません。

機材セッティングから、食材、後片付けまで、込み込みで出張レンタルをやってくれる業者さんもあります。

 

予算は、1人3000円~5000円くらいです。

こちらは、かなり安い値段のプランがありますね。

http://www.manpuku.co.jp/bbq_tokyo/east/
出張BBQ満福

 

他にもたくさんの業者さんがあるので、いろいろ調べてみるといいかもしれません。

安いところだと、公園の売店よりも安いところがありそうです。

 

まとめ

若潮公園は、海に面しているので、潮風が気持がいい公園です。

 

キャンプ場でバーベキューをする以外に、海釣り、サイクリングなども出来ますし、かなり広い広場で、遊ぶこともできます。

釣道具、自転車のレンタルもあるので、バーベキューと合わせて、本当に手ぶらで来て、一日たっぷり遊べますね。

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ