沖縄の宮古島はパワースポット?宮古島おすすめスポット紹介

miyakozima

沖縄の宮古島は、島全体が風水に沿って作られたといわれており、島自体がパワースポットです。

ただ訪れて、島の自然を満喫するだけでも、癒されるのですが、パワーのある宮古島の中でも、おすすめのスポットを紹介します。

 

 

石庭

宮古島の新城さんの個人のお宅の庭が、地球上でもまれにみる強力なパワースポットになっています。

庭に置かれた、たくさんのゴツゴツしたサンゴの石庭(いしにわ)

 

新城さんが、庭を掘り起こし、出てきたものだそうです。

庭の奥にはエネルギースポットである、いくつかのサークルがあり、パワーを受けることが出来ます。

 

個人宅ですが、観光客がたくさん訪れる場所で、新城さんが開放して、入れるようにしてくれています。

宮古島のタクシードライバーさんに聞けば、みんな知っているといわれるくらい、有名な場所になっています。

 

2014年1月に亡くなった、船井総研の創設者でもあり、この手の研究も積極的だった舩井幸雄氏が、「幸せになりたかったら宮古島へ行きなさい」という言葉とともに、知られるようになりました。

 

船井氏が、最初に新城宅の石庭を紹介してから十数年たちますが、最初は物珍しさの観光客が多かったこの場所も、いまでは、パワーを求めてくる真面目な人が多いそうです。

 

個人宅ということもあり、新城さんや近隣のかたに迷惑がかからないように、伺いましょう。

朝は午前10時以降、夕方は日があるうちまでにすること、レンタカーの駐車では、迷惑がかからないように。

 

●アクセス
宮古島空港からタクシーで10分

平良市内からレンタカー・タクシーで 約20分

 

宮古神社

宮古島にある神社、宮古神社は、熊野三神を祭っている、日本最南端にある神社です。

高台にあるため、海が見渡せる絶景が見られます。

市役所の近くにあり、町を散策しながら訪れる事が出来ます。

 

沖縄らしい建築の拝殿や本殿で、宮古島の青い空とあいまって、眩しいくらいのさわやかなパワーを感じられます。

スポンサードリンク

ご利益は、家内安全、良縁祈願、子宝など。

正月は初詣の人で、とてもにぎわいますが、普段は静かな神社です。

 

御朱印ももらえますが、たまに社務所が留守の時もあり、お守りを買うことが出来ない時もあります。

 

●アクセス
宮古島市役所から徒歩5分

 

通り池と鍋底池

宮古島から、2015年に開通した伊良部島大橋を渡って、伊良部島に行きましょう。

伊良部島大橋も美しい海の上を、爽快なドライブが体験できる、素晴らしい絶景スポットです。

 

伊良部島の先にある、下地島へ行くと(島どおしは橋で連結しています)、島の反対側にあるのが、通り池です。

池が2つあり、上空から見た時に、島の形と池が、龍の頭と目のように見えます。

 

二つの池は、光の加減から、水の色が違って見え、感じるパワーも違っているそうです。

 

通り池は、沖縄の天然記念物に指定されていて、ひとつの池は海ともつながっているし、二つの池も互いにつながっています。

さまざまな生き物が生息し、人気のダイビングスポットとしても有名です。

 

さらにその先、遊歩道を行くと、鍋底池と呼ばれる場所があります。

 

波や風で浸食された、ゴツゴツとした岩肌に囲まれた、鍾乳洞の下にある池です。

海が荒れると、沸騰した鍋底のように、ぐつぐつと泡立つところから、鍋底池と呼ばれるようになりました。

 

ここは、母体回帰、生まれ変わりの場所ともいわれ、かなり強いパワーを感じる場所です。

 

神が祭られる聖地として、子宝のご利益を求める人が、パワーをもらうために訪れます。

生まれ変わりという意味でも、今の環境をがらりと変え、自分の殻を破りたい人も、この場所のパワーをもらってみるのも、いいでしょう。

 

まとめ

宮古島も、沖縄本島にある物と同じ、御嶽(ウタキ)が島の中に点在し、パワースポットと言われています。

ですが、地元の人たちの信仰の、聖なる場所なので、あまり荒らしたり、無断で入ったりしないでください。

 

お賽銭箱が置いてある御嶽もありますので、そのようなところでしっかりお参りすればいいと思います。

島の自然をたっぷり感じるだけでも、パワーを充電できる美しい島ですので、ゆっくり時間を取って島をまわってみるのを、おすすめします。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ