沖縄のパワースポット 斎場御嶽や浜比嘉島 おすすめスポットも

okinawa

沖縄は島全体が、パワースポットだといわれています。

昔の沖縄、琉球国の独自の、自然崇拝の信仰の聖地が、地元に根付いた形で、まだたくさん存在しているからです。

 

なかでも、観光地でもあり、パワースポットでもある人気の場所、斎場御嶽や浜比嘉島、また、あまり知られていない、自然のパワー、縁結びの島などを紹介します。

 

 

沖縄のパワースポット 斎場御嶽とは?

斎場御嶽(せーふぁうたき)は、沖縄のパワースポットとして有名で、人気の観光地です。

御嶽とは、沖縄の「聖地」のことで、昔からの祈りの場です。

 

なかでも斎場御嶽は、最高霊場といわれ、御嶽のなかでも特別に神聖な、パワーの強い場所と言われています。

世界遺産にも登録されました。

 

御嶽は、地元の人が信仰する、神聖な場所なので、むやみやたらに足を踏み入れるべきではないのですが、斎場御嶽では、観光地として整備、管理されています。

 

入口からすでに、神聖なる空気に包まれ、おごそかな雰囲気に浸れます。

自然あふれた石の道や、ガジュマルの木の中を歩いていき、大地のエネルギーを感じることが出来ます。

 

その先に、三庫裏(サングーイ)と呼ばれる、めずらしい形をした三角形の洞窟があります。

1万年以上前に出来た、断層のズレによって、このような形になったといわれています。

この洞窟をくぐると、明らかに空気が違って、さわやかな涼しい風を感じることが出来ます。

 

その洞窟の先に見える久高島は、神の島と言われ、いまでも観光客がが立ち入り禁止の場所がある、大変神聖な島です。

久高島を拝むための儀式を、三庫裏で行っていました。

 

自然の中を、結構歩くので、歩きやすいスニーカーで来るようにしましょう。

 

ここや、ほかの場所でも、御嶽では、神聖な場所だという事を忘れずにマナーを守って観光することが、重要です。

 

自然にあるもの、石や砂、植物なども、そこにあるものに意味があり、むやみに触らない、持ち帰らないという、注意書きが、入口に明記してあります。

せっかくの素晴らしいパワーのある場所ですので、訪れる際も、マナーを守って散策しましょう。

 

●アクセス

那覇バスターミナルからバスで60分
東陽バス 38番 志喜屋線 バス停斎場御嶽前下車 徒歩で5分

那覇空港自動車道南風原北IC下車 那覇空港から約60分
駐車場 無料

●入場料
大人200円 子供100円(2016年から300円と150円)

 

沖縄のパワースポット 浜比嘉島に行こう

那覇の北東に車を走らせると、うるま市から、海中道路に入ります。

この海中道路は、海の上を走っている様な、爽快なドライブが楽しめる道です。

 

海中道路を渡って、平安座島に入ったらすぐ、右に曲がる道があり、その道を行くと浜比嘉島(はまひがじま)に行けます。

昔ながらの、沖縄の家が立ち並ぶ雰囲気のある島です。

 

この島には、たくさんの伝説がありますが、なかでも琉球を作った男女の神様シネリキヨとアマミキヨの住まいや墓があるといわれています。

スポンサードリンク

 

シルミチューという場所は、入口石段に鳥居がある聖地で、子宝が授かるといわれています。

アマミチュー洞窟は、2人の墓といわれていて、五穀豊穣、無病息災、子孫繁栄の祈願を行う聖地です。

アマミチューの近くには、アガリカーと呼ばれる、かつての井戸の跡地があり、ここでも集落の人々が、祈願する場所があります。

 

浜比嘉島には、きれいなビーチもたくさんあり、それらのビーチに立ち寄ってのんびりするのもおすすめです。

 

●アクセス
那覇バスターミナルから屋慶名バスターミナル行き JAおきなわ与那城支店前下車
同じ場所からバスを乗り換えて 比嘉港湾前下車

那覇空港から70分 沖縄北IC下車 海中道路と浜比嘉大橋を経由

 

沖縄のパワースポット ほかにもおすすめ

沖縄には、まだあまり知られていない、パワースポットがあります。

その中でも、古宇利島とガンガラーの谷を紹介します。

 

古宇利島

古宇利島(こうりじま)は、2005年に本島から、古宇利大橋がかかったため、最近人気が出てきている、島です。

沖縄版のアダムとイブに似た、伝説が残っていて、縁結びと子宝のパワースポットと言われています。

 

古宇利島にあるチグヌ浜で伝わる伝説は、人類発祥の地といわれ、島にいた唯一の男女の子孫が、沖縄の人々だ、という話です、

そのため、古宇利島はかつて「恋島」と呼ばれていました。

 

島の北側にあるティーヌ浜には、ハート型の岩があり、恋愛成就のパワースポットと言われています。

 

ビーチの美しさは、言うまでもありませんが、美味しいコーヒーが飲めるカフェもあり、オーシャンタワーの展望台から見渡せる、島と沖縄の海が絶景です。

 

こちらも、古宇利大橋からの車でのアクセスが、大絶景と称賛されているので、出来ればレンタカ―で来るのが、おすすめです。

 

●アクセス
那覇市内から国道58号線で名護方面 名護市内から約30分

 

ガンガラーの谷

沖縄本島の南部にある、南城市に、ガンガラーの谷があります。

ガイドが案内してくれる、洞窟や沖縄の古代の雰囲気が残る自然を、満喫するツアーが楽しめます。

 

鍾乳洞や、森や川沿いを歩き、沖縄の自然の神秘的な風景の中を、歩いていきます。

巨大なガジュマルの根元には、精霊が宿っています。

 

ガンガラーの谷では、古代の化石や石器が発見された、遺跡もあるため、古代人が生きていた自然とおなじ場所にいる、不思議な感覚を感じられます。

 

1時間半弱歩くツアーと言っても、子供からお年寄りまで無理なく参加できるので、ビーチ以外の沖縄を楽しみたい時の、おすすめスポットです。

 

●アクセス
那覇空港自動車道で南風原IC下車 那覇空港から30分

●ツアー料金
大人2000円 子供1500円

 

まとめ

沖縄には、斎場御嶽以外にも、いくつもの御嶽があります。

それらもパワースポットであるのですが、斎場御嶽のように、観光地として管理されているわけではないのです。

 

そこに住む人々の大切な聖地なので、むやみに立ち入ることはしないようにしましょう。

沖縄のパワースポットは、自然の中にあるものも多いです。

 

木や草を持って帰るなど、マナー違反しないように、その場所に寄らせていただくという、謙虚な気持ちで、自然のパワーを感じましょう。

 

日常とは違う、時間の流れや神秘的な空気の中で、リフレッシュしてください。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ