赤ちゃんの水分補給にポカリは?いつから?大人用は?

baby

夏の暑い日は、赤ちゃんの水分補給が重要になってきます。

熱が出て、汗を大量にかいたり、下痢をして、脱水症状になった時も、緊急の処置として、水分補給をしなくてはなりません。

 

赤ちゃん用のポカリスエットや、イオンライトなど、イオン飲料が販売されていますね。

赤ちゃん用のポカリの与え方や、いつからあげてもいいのか、大人用をあげてもいいのか、お教えします。

 

 

赤ちゃんの水分補給にポカリを飲ませてもいい?

大量に汗をかいた時、水分補給のため、赤ちゃん用のポカリスエットが販売されています。

脱水症状を予防するには、水分補給がかかせません。

 

赤ちゃん用として売っているくらいですから、大人が普通にポカリを飲むような感覚で、ポカリをあげてもいいのでしょうか?

 

結論としては、赤ちゃんにポカリスエットを与えるのは、緊急の時だけにしてください。

緊急の時とは、

  • 夏の暑い日に、大量に汗をかいて、ぐったりしている時
  • 高熱で何も食べられない時
  • 下痢や嘔吐などで、水分が大量に体外に出た時

です。

 

通常の、夏の熱中症対策としての水分補給は、水や麦茶で十分です。

塩分が足りないと感じるなら、麦茶にほんのちょっと、塩を入れる程度で大丈夫です。

 

ポカリスエットや市販のイオン飲料には、ミネラルも含まれていますが、砂糖も多く含まれています。

日常的にポカリを飲ませる習慣をつけてしまうと、甘い飲み物に慣れてしまい、普通の水や麦茶を飲まなくなってしまいます。

 

砂糖が入っている飲料は、虫歯の心配もあるので、あまり頻繁に飲ませないほうがいいです。

離乳食が始まっているころですと、甘い味に慣れてしまう危険があります。

そうなってからだと、食べ物の習慣を直すことが難しいので、水や麦茶に馴らしていくようにしましょう。

 

ちなみに、赤ちゃん用の麦茶と大人用の麦茶の違いの記事も、過去に書きましたので、こちらも参考にしてみてください。

麦茶は赤ちゃんにいつからあげる?赤ちゃん用の違いは?与え方は?

 

赤ちゃんにポカリをあげるのはいつから?

赤ちゃん用のポカリスエットを、与える時がわかったところで、何ヶ月目の赤ちゃんから、あげていいのでしょうか。

 

ポカリスエットのHPには、3か月目頃の赤ちゃんから、あげてください、とあります。

緊急事態だとしても、母乳やミルクを飲んでいる時期は、母乳やミルクだけでいいのです。

スポンサードリンク

 

だから、離乳食が始まる時期、だいたい6ヶ月目くらいまでは、基本的には、母乳やミルク以外の水分は、あげなくてもいいのです。

どうしても、という時には、湯冷ましをあげるだけでいいのです。

 

水は飲まないけど、ポカリなら飲んでくれたから、日常的に与えるようになってしまったのでしたら、すぐにやめて、いやがっても、水や麦茶に切り替えてください。

 

お風呂上がりや、夏の暑い日などは、喉がカラカラになるので、水でもどんどん飲んでくれますよ。

嫌がってしまっても、根気が必要な時もあるので、少しずつ慣れさせて、飲めるようにしておかないと、虫歯や、偏食などが心配なので、頑張ってください。

 

赤ちゃんにポカリを大人用のものをあげてもいい?

赤ちゃんに、大人用のポカリスエットをあげても、大丈夫なのでしょうか?

実は、赤ちゃん用と大人用は、いろいろな部分がちがって作られています。

 

いちばん違うところが、電解質のバランスですね。

大人と赤ちゃんの体液の、電解質のバランスがちがうため、浸透率を変えてあります。

そうすることで、素早く体内に吸収できて、水分やミネラルの補給に役立ちます。

 

そのため、大人用のものを、たとえとても薄めたとしても、赤ちゃんには、塩分過多や糖分過多で、腎臓に負担がかかります。

 

同じ意味でも、赤ちゃん用のものを飲ませる時には、薄めずそのまま飲ませてください。

薄めてしまうと、バランスが崩れ、ただの甘い水になってしまうからです。

 

緊急の下痢や嘔吐で、薬局が閉まっていて、コンビニでは大人用しか手に入らない、というのであれば、その時だけでしたら、薄めて飲ませるのも、仕方がないです。

 

ですが、非常用として、日頃からストックしておくことを、おすすめします。

 

家にあるもので、イオン水を作ることが出来ます。

水1リットルに、塩を小さじ1/2、砂糖40gを溶かせば、手作りのイオン水になります。

緊急の時でも、すぐに用意できるので、大人用をあげるくらいなら、作ってみてはいかがでしょうか。

 

水分補給をしても、汗が出ない、尿がで出ない、ぐったりしているなど、本格的な脱水症状が見受けられたら、すぐに病院に行ってください。

あまりひどい時は、点滴が必要になりますので、早めの対処が重要です。

 

まとめ

赤ちゃんは、具合が悪くても、説明が出来ません。

日頃と少しでも違う様子が見受けられたら、すぐに詳しい人(母親や先輩のママ友など)に相談し、手当てをするとか、病院へ連れて行くとか、素早い対応が必要ですね。

 

赤ちゃんは、体温も高く、エネルギー代謝も高いため、汗をかきやすく、水分不足になりがちです。

暑い夏も、注意してあげてましょう。

お母さん自身の、熱中症にも気をつけてくださいね。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ