屋形船のもんじゃ食べ放題に行くなら?おすすめは?暑いか心配?

yakatabune

 

東京の月島といったら、もんじゃ焼が有名ですね。

なかでも、最近テレビなどで紹介されて話題なのが、屋形船でもんじゃ焼食べ放題が体験できる、観光コースです。

実際、もんじゃ焼食べ放題の屋形船って、どんな様子なのでしょうか?

興味があるけど、心配な点を、ズバリ解決します。

 

屋形船のもんじゃ食べ放題に行ってみたいなら読んでおくべし

もんじゃ食べ放題の屋形船は、大体2時間くらいのコースになっています。

いくつか船会社がありますが、いずれも、隅田川を下って、東京湾に出て、お台場あたりで停泊します。

 

船に乗る時間は2時間ですが、移動する時間は火をつけられないので、

実質、お台場まで行って、停泊している1時間の間が、もんじゃ焼食べ放題の制限時間になります。

(飲み物は、動いている時から飲めます)

 

食べ放題の内容は、船会社によって、多少変わってきますが、

大体、もんじゃ焼(デザートもんじゃ含む)お好み焼き、焼きそばなどが食べ放題。

アルコールやソフトドリンクが飲み放題になります。

 

予算は4500円~6000円くらい。

ツアーや時期、会社によって、変わってきます。

 

貸切でも利用できますし、2名からなら乗合で参加できます。

友達同士数名や、カップルなどの参加も、乗合船に参加することが出来ますよ。

 

屋形船のもんじゃのおすすめツアーはココ

主な船会社の紹介です。

海鮮もんじゃ屋形船 月島丸

http://www.tsukishimamaru.com/

食べ放題飲み放題で、おひとり様 5900円です。

 

海鮮もんじゃというだけあって、海鮮が目玉のもんじゃが、メニューにたくさんあります。

値段もちょっとお高めですが、具材が魅力的ですね。

 

桜の時期には、お花見屋形船(もんじゃ食べ放題)のコースもありますし、

夏は、花火大会見学ツアーもあります。

 

 

江戸前汽船 月島もんじゃ屋形船

http://www.4900yen.com/

食べ放題飲み放題で、4500円~5500円

昼や夜の時間帯によって、曜日によってなど、料金設定が変わってきます。

スポンサードリンク

 

夜のコースは少々お高めですが、お台場のきれいな夜景が堪能でき、リピーターも多いです。

昼には、スカイツリーのほうに行くコースもあります。

 

月島もんじゃ&屋形船 千羽丸

http://www.senbamaru.jp/

こちらも、1日3便出る、お台場に行くコースです。

食べ放題飲み放題で6000円

 

自分の焼きたいもの(肉など)持ち込み自由です。

ここは1名様から、乗合船に参加できます。

 

ココに注意!

どのツアーも、時間厳守ですし、天候によっては出発できない時があります。

予約はHPにある、空席状況や、電話で問い合わせて、予約してください。

花火大会の日などは、1日だけですので、かなり前に申し込まないと取れませんので、注意が必要です。

 

屋形船でもんじゃでは暑いのかな?その他の注意点は?

屋形船にはエアコンがありません

火を使うので、焼いている時間はやっぱり暑くなります。

 

春や秋なら、多少大丈夫ですが、夏はちょっと我慢が必要ですね。

海の上だし、屋形船は開けっ放しなので、多少は風が入りますが。

 

雨でも出航します。屋根が出ているので、大丈夫なのです。

小さい船なので、揺れもあるので、船酔いしそうな人は注意してください。

 

船の中は狭いので、トイレに行くときなどの移動に無理がないように、

動きやすい服装がいいです。

出来ればミニスカートは、避けたほうがいいかもしれません。

 

まとめ

一度はのってみたい屋形船。

中での食事は、天ぷらが多いですね。

それらの屋形船は、10000円以上するのです。

 

それに比べれば、もんじゃ食べ放題の屋形船は、とてもリーズナブルです。

口コミでは、「もんじゃの味はそれなり」というのも見ますが、

東京湾から見る、お台場の夜景はとてもきれいですし、

屋形船体験もできるし、一石三鳥だと思いませんか?

実際、お台場の夜景が好評で、リピーターも多いのです。

 

外国人のかたや、地方から観光に来た人を連れていくのにも、

話題性があって、楽しい思い出になると思います。

 

時期によって、花見、紅葉などのイベントとセットになったツアーもあるので、

何度でも楽しめる、屋形船体験です。

 

ぜひ、景色を楽しみながら、もんじゃもガッツリ食べられるツアーに参加してみてはいかがですか。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ