玄米ダイエットの効果は?食べ方は?炊き方は?

genmai

玄米は白米と違って、栄養価に優れています。

白米のご飯を、玄米ご飯にすれば、ダイエットになるのでしょうか?

 

玄米がダイエットにいいわけと、その効果、効果的な食べ方や炊き方も、ご紹介します。

 

 

玄米ダイエットの効果は?

ダイエットをするには、摂取カロリーより、消費カロリーのほうを多くすることです。

そうすることによって、体についた体脂肪が使われて、減量になります。

 

玄米をダイエットに取り入れる場合、カロリーだけを考えてしまうと、意味がありません。

玄米は、白米とほとんど、カロリー的には変わりがないからです。

 

それでは、なぜ、玄米がダイエットに効果的なのかというと、その理由は3つです。

 

食物繊維が豊富

白米には含まれていない栄養素や、食物繊維が多く含まれているからです。

食物繊維が多く含まれることで、便秘解消にもつながり、腸で余分な油などといっしょに、外に出ていきます。

 

ほぼ完全栄養食

玄米がダイエットにいい理由は、玄米がほぼ完全栄養食だということです。

つまり、玄米だけで栄養が取れるため、理論上は、ほかの食品(おかず)は、必要ないことになります。

 

玄米に少量のゴマ塩をかけたものと、ほんの少量の副菜と汁物、これだけで十分のな食事になりますので、摂取カロリーが抑えられるのです。

 

ただ、フィチン酸が玄米に含まれるため、鉄分が体外に出やすくなってしまうので、貧血気味の人には、おすすめできないのです。

それでも、玄米を発芽玄米にすると、フィチン酸が弱まるため、鉄分が体内に吸収されるので、問題ないです。

 

よく噛む効果

玄米は、白米よりも消化吸収が悪いため、よく噛む必要があります。

噛めば噛むほどいいのです。

 

たくさん噛むことによって、満腹中枢が刺激され、少量で満足できるようになります。

 

玄米ダイエットの食べ方は?

第一章でも説明しましたが、玄米のご飯は、噛めば噛むほどいいので、たくさん噛んで消化を助けましょう。

そうすることで、満腹感が長続きします。

 

体の栄養が満たされると、余分な食べ物をたべたくなくなります。

究極的には、おかずは必要ないとも言えます。

 

ダイエット目的で、白米を玄米に変える時の注意点は、

  • ご飯の量をだんだん少なくする
  • おかずを野菜中心にして、量を減らす
  • 運動も取り入れる

です。

スポンサードリンク

 

玄米に変えれば、腹もちがいいため、少しの量で満足できます。

最初は、白米と同じくらいの量でもいいですが、少しずつ減らしていって、2/3位になるようにしましょう。

意外と、お腹の減り具合も、気になりませんよ。

 

おかずは、タンパク質は必要で、野菜も取りましょう。

おかずの量は、少なくて済みます。

鉄分を補うため、海藻類や小松菜やモロヘイヤなど、鉄分の多く含まれるおかずを、積極的に食べましょう。

 

脂分が多いおかずは、控えめにした方がいいですが、まったく取らないのも、よくありません。

からだにいい、オメガ3脂肪酸を含んだ油を、料理に上手に取り入れましょう。

えごま油や、アマ二油などですね。

 

白米を玄米に変えただけでは、ダイエットの効果はすぐには現れません。

ただ、健康になっていくのは確かですが。

 

ダイエット効果を得たいのであれば、玄米ダイエットだからというわけではなく、摂取カロリーをへらし、運動も取り入れることをおすすめします。

 

ウオーキングなど、軽い運動を取り入れたり、日常でも、階段を使ったり、ひと駅余分に歩くなど、無理のない程度に取り入れるところから、始めてみましょう。

 

玄米ダイエットの玄米の炊き方は?

最近では普通の炊飯器でも、玄米のコースがあります。

白米と同じ感覚で、炊くことが出来るので、便利ですね。

 

ですが、玄米を美味しく食べるなら、圧力鍋がおすすめです。

炊飯器で炊いた玄米は、あっさりとしたぼそぼそとした感じに炊きあがります。

圧力鍋で炊いたものは、もっちりとして、おこわご飯のような粘りが出ます。

 

あっさりなのが好きなら、炊飯器で炊いて、もっちりがいいなら、圧力鍋で炊いてみてください。

玄米の味気なさが物足りなくても、圧力鍋で炊いた玄米なら、とても美味しく炊きあがりますよ。

 

貧血が気になる人は、発芽玄米にして炊くのもいいですね。

玄米を水に浸し、4~12時間水に浸しておけば、発芽します。

それを、普通に炊くだけです。

 

気候の変化で、腐らないように気をつけることが必要になってきます。

市販の発芽玄米を利用しても、いいかもしれません。

 

まとめ

最近では、放射能の心配で、玄米にスポットが当たってきています。

玄米は、体に有害なものを、外に出してくれる作用があるからです。

先ほど説明した、フィチン酸の効果ですね(鉄分の排出もしてしまいますが)。

 

ダイエット目的で、白米から切り替えるのも、非常に効果的です。

実際、玄米を取り入れて、ダイエットに成功した人も多いです。

 

ただ、大幅減量をしたいなら、運動を取り入れるのは必須です。

玄米を美味しく食べて、ダイエットを成功させましょう。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ