五山送り火のおすすめは?観賞スポットは?混雑状況は?

daimonjiyaki

京都の夏の風物詩といえば、祇園祭と五山の送り火ですね。

五山の送り火を観賞するには、どこの山を見るのがいいのでしょうか?

観賞スポットや混雑状況なども、ご紹介します。

 

 

五山送り火のおすすめの山は?

毎年、8月16日の五山の送り火は、6つの山に、文字や図形をかたどった火が灯されます。

その文字は

  • 「大」(東山如意ケ嶽)
  • 「妙 法」(松ケ崎の西山と東山)
  • 「舟形」(西賀茂船山)
  • 「大」(大北山)
  • 「鳥居」(上嵯峨仙翁寺山)

以上の5つです。

 

点灯時間は、最初の「大文字」が、20:00で、それ以降、5分づつずれて、順番に点灯していきます。

京都市内でも、高いところに登れば、すべての山が見渡せて、順番に点灯していくさまを見ることが出来るのです。

 

ただ、高いところ、高層ホテルや、京都タワーなどでは、宿泊プランとして組み込まれ、一般では見られるところはありません

そのホテルも、GWには満室になってしまうところばかりです。

 

山の近くまで行って見たい場合は、二つの「大」は押さえておくことをおすすめします。

五山の送り火は、「大文字焼き」と言われることもあり(京都の人は、その呼び方はあまり好きではないようですが)、大の文字は、見ておいた方がいいですね。

 

最初の「大」が見られるスポットは、京阪電気鉄道の出町柳駅が最寄駅です。

少し離れますが、京都御苑からも、「大」の字が良く見えます。

 

2番目の大「左大文字」は、

  • 京都駅より205、206番 船岡山下車
  • 三条京阪・四条河原町より12番 船岡山下車

で、船岡山公園に行けば、よく見ることが出来ます。

ただ、結構混雑していますが。

大北山(左大文字)は、金閣寺の裏の山なので、金閣寺からも、見ることが出来ます

 

京福電鉄の北野白梅町駅でおりれば、両方の「大文字」が見られるスポットがあります。

 

五山送り火の観賞スポットは?

すべての送り火を見るのには、高いところから見ないと、無理です。

ですが、1か所で、複数の送り火を見ることが出来る、スポットがあります。

 

地下鉄の北大路駅の横の鴨川にかかる北大路橋では、「大文字」「妙 法」「舟」の3つの送り火を見ることが出来ます。

スポンサードリンク

特に、「大文字」に近く、点火する時の炸裂音も聞こえるほどです。

ここでは、建物との間で、うまくすると、「左大文字」も見られますよ。

 

北大路橋のひとつ南の出雲路橋付近でも、先ほどの3つの送り火が見られます。

出雲路橋を少し南に行ったたところで「大」を、出雲路橋を渡り(下鴨神社のほう)で、ほかの送り火を、見られます。

 

もうひとつの「鳥居」ですが、広沢池の灯篭流しとのコントラストが美しく、人気があります。

ただし、広沢池は混雑して、場所取りが必要になりますので、鳥居だけ見るなら、阪急嵐山線の松尾駅で降りて、松尾橋の東側で、よく見ることが出来ます。

 

五山送り火の混雑状況は?

送り火を見ようと、京都の街は10万人の人出になります。

昔は、京都御苑からすべての送り火が、見えていたのですが、高い建物がたくさん建ち、それは無理になってしまいました。

 

そのため、1か所でたくさんの送り火が見られる、鴨川沿いのベストスポット(出町橋あたり)など、4時間前からの場所取りが行われています。

 

20:00に、最初の点火が始まってから、1時間余りですべて終わってしまうので、あまりうろうろと、場所を探している間に、終わってしまう可能性があります。

どの送り火を見たいのか、どこで見るか、事前にリサーチをしてから出かけましょう。

 

ホテルの、五山の送り火が見られる、高層階でのレストランの食事つきプランや、ビアガーデンや、京都タワー入場券付のプランなどは、冬のうちから検討し、予約を入れないと、取れません

 

もし、ホテルのプランを希望なら、とても速いうちから予約をすることをおすすめします。

★楽天トラベルで京都 送り火での検索結果はこちら★

 

まとめ

五山の送り火は、8月16日にお盆が終わって、精霊を冥府(めいふ)にかえす、仏教行事です。

送り火を観賞しながら、御先祖様に思いをはせる、貴重な時間となるでしょう。

 

夜8時に、京都の街のネオンが、一斉に消され、最初の送り火に、点火されます。

京都の夏は、観光客が少ないのですが、祇園祭とこの送り火には、たくさんの人が訪れます。

ぜひ一度、間近で迫力のある、送り火を、鑑賞してみてください。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ