高円寺阿波踊り2016の日程は?アクセスは?観覧場所は?

awaodori

関東の最大阿波踊りの祭りが、高円寺阿波踊りです。

毎年8月末の土日、2日間で、100万人の人出があるにぎやかなお祭りです。

高円寺阿波踊り2016の日程と、アクセス、観覧場所や、注意事項など、ご紹介します。

 

 

高円寺阿波踊り2016の日程は?

高円寺阿波踊り2016の日程は、

2016年8月27日(土)・8月28日(日)です。

時間は、両日とも17:00~20:00です。

雨天の場合も決行します。

http://www.koenji-awaodori.com/
高円寺阿波踊り公式HP

高円寺阿波踊りのアクセスは?

高円寺阿波踊りのアクセスは、JR中央線の高円寺駅か、東京メトロ丸の内線の新高円寺駅です。

ちょうど、二つの駅を結ぶ道を、阿波踊りの団体(連)が練り歩きます

 

高円寺の北口にも、連が回っていきますので、駅から降りてすぐ、高円寺の街全体が、祭り会場になります。

 

ちなみに、土日は、中央線の快速電車は、高円寺駅には停まらないので、各駅電車に乗ってください。

 

当日は、電車など、公共交通機関を使った方が無難です。

車で来る場合は、祭り会場の回りが、交通規制になったり、高円寺近くのパーキングも、空きがなかったりします。

 

そのため、車で来るのは不便なのですが、何駅か離れた駅の近くのパーキングに停め、電車で祭り会場に来ることをおすすめします。

 

高円寺阿波踊りの観覧場所は?

高円寺阿波踊りを座ってじっくり見たい場合は、道路に場所取りをしなくてはなりません。

ですが、毎年、非常な混雑のため、開催団体のほうから、事前の場所取りは禁止されています。

それでも、早くから場所取りをする人が非常に多いのですが、警察も注意だけして、取り締まらないようです。

 

常連さんに交じっての、早い時間の場所取りはかなり大変です。

朝早い時間に行って、場所が取れても、誰か人がいないとシートははがされてしまいます。

何人かで行って、交代で場所取りの留守番を、する必要があります。

スポンサードリンク

 

車道での演舞会場では、交通規制の時間になった瞬間、車道に出て、場所取りをしようと、待ち構えた人たちが、一斉に飛び出していきます。

特に激しいのが、中央演舞場・みなみ演舞場の周辺です。

場所取りのもうそれは、人々の殺気で、かなりの危険行為です。

 

うまい具合にいい場所が取れれば、迫力ある踊りが見られるのですが、とにかく、朝早い時間の会場入りと、周りの様子を見ながらの臨機応変の対応と、強い気持ちが、求められます。

 

それでもまだ、若干、場所取りの可能性があるのが、ルック第2演舞場と、桃園演舞場です。

両方の駅から遠いため、大通りや、駅から近いところに比べて、少しは取りやすいです。

 

道幅が広い、中央演舞場、桃園演舞場、みなみ演舞場や、北口側の、ひがし演舞場は、踊り手が遠くなります。

踊り手を近くで見るなら、道幅が狭い、商店街がオススメ

パル演舞場や、ルック演舞場、ルック第2商店街などですね。

 

パル演舞場(パル商店街)ルック演舞場(ルック商店街)は、駅から近いため混みますね。

 

情報を総合すると、いちばんおすすめなのは、

踊り手が近くに見られ、少しは空いているルック第2演舞場になります。

 

ただし、座って見る場合は、最初から最後まで見ることです。

事前に、トイレの位置も、確認しておくことが望ましいです。

 

移動しながら見るなら商店街がおすすめです。

大通りの歩道は、立ち見の人で移動の身動きが取れないのですが、商店街なら、人の流れに沿って移動できるからです。

動けなくなったら、わき道に入ることも可能です。

 

ちょとだけ見て、屋台なども楽しみたいというのであれば、移動しながら、みられる場所に立ち止まって、また移動、という見方でも、いいと思います。

 

まとめ

最後に、お連れとはぐれてしまったら、携帯も通じにくいかもしれないので、場所を決めておくといいです。

おすすめは、東急ストアのガード下出入り口が涼しく、高円寺駅の北口からも南口から行けるので、おすすめです。

 

とにかく、ものすごい混雑になる、お祭りです。

毎年熱狂的なファンが多く、フィナーレあたりは、かなり盛り上がり、観客も踊り手も、トランス状態になるほど興奮します。

お出かけの際は、気をつけてお祭りを楽しんでください。

スポンサードリンク

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ