シフォンケーキの膨らまない失敗にありがちな3つの理由とは?

 

sifon

ふわふわのシフォンケーキ、口当たりが絹のようで、シュワシュワととけるような食感がたまりませんね。

ですが、ちょっとの加減で、上手く膨らまなくなってしまいます。

シフォンケーキの膨らまない失敗に、ありがちな理由を、説明していきます。

 

 

メレンゲをしっかり泡立てていない

シフォンケーキは、メレンゲが命です。

シフォンケーキのレシピに、ベーキングパウダーをのせているものがありますが、メレンゲをきちんと作れば、べキングパウダーを使わなくても、しっかり膨らみます

 

メレンゲは、しっかり角が立って、ボールを裏返ししても落ちてこないくらいに、固く作りましょう。

 

うまく泡立たない理由としては

①ハンドミキサーやボールが汚れている

ハンドミキサーのの部分や、ボールが汚れていると、うまく泡立ちません。

汚れというのは、卵黄をまぜた時の、油分などのことです。

卵白を泡立てる時は、道具はきちんと洗って、きちんと乾かして(乾いた布巾でふいて)使いましょう。

 

②時間がかかっている

メレンゲを作る場合、ハンドミキサーは、最高速で、一気に泡立てましょう。

メレンゲに入れる砂糖を、1/3づつに分けて、途中で入れまた泡立てる、のように、小分けに入れて泡立てましょう。

 

時間がかかると、卵白の温度も上がってしまい、うまく泡立たなくなります。

卵白を、泡立てる直前まで、冷蔵庫で冷やしておくのも、コツのひとつです。

 

メレンゲがつぶれてしまった

メレンゲをしっかり泡立てたとしても、卵黄や粉のタネのほうと混ぜる時に、つぶれてしまうことがあります。

そうすると、うまく膨らみません。

 

メレンゲの泡をつぶさないようにするには、メレンゲの泡を大切にします。

 

①最初にタネの方のボールに、メレンゲの1/3だけ入れます

これは、タネとメレンゲをなじませる分です。

ここはしっかり、なじませて大丈夫です。

 

②そのあと、残ったメレンゲのうち1/2だけ、また足して入れます。

ここでも、泡を壊さないように、しかもしっかりなじませましょう。

 

③最後に、メレンゲの残りのボールに、タネのほうを入れて、さっくりと混ぜます。

先ほどと逆で、メレンゲのボールに、タネのほうを入れるのです(注意!)。

スポンサードリンク

泡を消さないように、短時間で行います。

 

ゴムべらより、泡立器(手動の)のほうが、均一に混ざりオススメです。

 

以上①~③を、さらには、このあと、型に入れて、空気抜きをして、オーブンにセットするまで素早く行います。

時間がかかればかかるほど、卵黄などの油分で、メレンゲが徐々に消えていってしまいますので。

 

同様の理由で、タネのほうのフレーバーを、チョコレートや、柑橘類の果汁を使ったレシピの、シフォンケーキを作る場合は、油分や酸が、メレンゲを消してしまいがちです。

 

柑橘類の果汁を使う場合は、一度火にかけて、酵素を壊してから使い、チョコレートのシフォンケーキなどは、メレンゲを多めに作る(卵白を1個分増やす)など、工夫が必要です。

 

シフォンケーキの型がテフロン製

シフォンケーキの型は、テフロン製ではないですか?

洗う時に汚れが落ちやすいような、加工がされている型が売っています。

 

シフォンケーキの型は、ぜひアルミ製を使ってください。

シフォンの型の内側の側面に、生地がくっつくようにして膨らんだまましぼみにくいのが、アルミ製です。

 

紙の型は、そのままプレゼントにはいいのですが(テフロン製よりはましですが)、アルミ製に比べて膨らみが悪いですね。

 

レシピ通りに作っているはずなのに、いまいち膨らまなかったのが、アルミ製の型に変えただけで、成功したというのもよく聞きます。

ぜひ、アルミ製の型に、変えてみてくださいね。

 

もちろん、パウンドケーキなどのように、型に油は塗らないのが基本です。

アルミ製を使っても、型に油を使って焼いたら、まったく膨らみませんので、注意です。

 

まとめ

膨らまない原因は、ほかに、水分が多い、オーブンの火力の問題、などがあります。

 

水分が多い原因は、レシピ通りに、材料を計ってないからではないでしょうか。

お菓子は、基本、分量はきっちり計ることです。

アレンジは、基本が出来てからです。

 

オーブンの火力は、難しいですね。

大体、家庭では、電気のオーブンで作ることが多いのではないでしょうか。

レシピも、電気オーブンで作る、温度と時間設定になっているものが多いですね。

ガスのオーブンだと、ちょっとの加減で変わってくることもあるので、試行錯誤が必要かもしれません。

 

シフォンケーキは、メレンゲの部分をしっかり作れば、失敗がかなり減ります

材料も、卵、小麦粉、サラダ油、砂糖と、家にあるもので作れるので、お手軽なケーキです。

ぜひ、コツをつかんで、何回も作ってみてください。

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ