ダニのアレルギー対策は?対策グッズも紹介

dani

暑くなると植物も元気になりますが、悩みの種は害虫。

なかでもダニは、小さくて見えにくいだけあって、対策も遅れがちです。

今回は、ダニについての説明や、ダニアレルギー対策、役立ちグッズなども紹介します。

 

 

ダニのアレルギーに注意

ダニには、チリダニ(ヒョウダニ)、コナダニ、イエダニなどがいます。

だいたい、どの家にもいますが、温度・湿度・エサが揃うと、一気に増殖します。

 

また、チリダニ死骸や、ふんが人の呼吸器から入ると、抗原抗体反応を起こし、ぜんそくやアレルギー反応を起こします。

 

アレルギーを起こさないものも、噛まれるとかゆいですね。

大人でも、気味が悪いですから、まして小さなお子さんがいらっしゃる、ご家庭では、気づかうことも多いはず。

 

アレルギー対策としては、布団乾燥機を1時間かければ死滅します。

そのあと、アレルギー源である、死骸とふんを、掃除機ですいこんでください。

布団用掃除機より、普通の掃除機の布団用ヘッドで吸いこんだ方が、よく取れます。

 

ダニ対策は掃除と除湿

●掃除

こまめな片付けや、ダニのえさ(ひふ・フケ・カビなど)を残さないこまめなそうじが大事です。

畳なら1畳で、1分くらい掃除機をかけるたり、カーペットも生息しやすいので、気をつけましょう。

 

●風通し

窓を開けられる場合は、こまめに開け、喚起をして湿度を下げたりしましょう。

 

●除湿

湿度が、70%~90%が、最も生息しやすいので、気をつけましょう。

除湿器を用いたり、ダニ除けシリカなど、グッズもあります。

 

ダニ対策グッズ

ふとんにダニがいると、寝ている間に噛まれて、かゆく不快ですね。

スポンサードリンク

ふとんのダニ退治は、ふとん干しだけでは、むずかしいので、いろいろなグッズが、市販されたりしています。

他にも押し入れ用、ぬいぐるみにかけるスプレーなどもあります。

 

●ダニ捕獲シート
押し入れや、ベッド間に敷くだけで、ダニを捕獲する簡単グッズ。

 

●ダニを寄せ付けないスプレー

天然由来の成分で出来た、安全なスプレーを寝具にかけるだけ。

ぬいぐるみにも最適です。

 

●ダニ除けシリカ

乾燥剤タイプのおくだけグッズで、ダニの繁殖をシャットアウト。

 

●アレルギー対策用布団

アレルギー対策用布団といえば、丸洗いできるもの、ダニやハウスダストを通さない特殊生地を使用したものなど、いろいろあります。

こちらは、厚生省が認めた防ダニ寝具です。

 

目的にあわせて、利用し、ダニの危険性を知って、気持ちよく過ごしましょう。

 

まとめ

それでも、ダニの被害にあったら、やはり医師に診てもらうか、詳しい人に聞いて、きちんと対処した方がいいと思います。

というのは、ダニなのか、湿疹なのか、アレルギーなのか、なかなか素人目には、判断がつかず、ひどくなる場合も。

手おくれにならぬよう、きちんとした判断のもと、対処した方がいいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ