有酸素運動とは?ダイエット効果は?自宅でやる方法は?

ランニング

最近運動不足だけど、何をしたらいいかわからない。

そんな方にぜひおすすめしたいのが、有酸素運動

有酸素運動の効果や注意点、簡単に始められる運動までばっちりご紹介します。

 

 

有酸素運動とは

有酸素運動とは、息が軽く弾む程度の比較的軽い負荷を、継続してかけて行う運動のことを指します。

 

体に酸素を十分に取り込みながら、時間をかけて行うことにより、脂肪を燃焼させることができるので、ダイエット向きの運動と言われているのです!

 

代表的なものは、ジョギング、ウオーキング、水中ウオーキング、エアロビクス、ダンスなどです。

 

有酸素運動の効果は?

有酸素運動は、ダイエット以外にも様々な効果があります。

代表的なものをいくつかお教えします。

 

生活習慣病など、さまざまな病気の予防に効果的!

有酸素運動によって血中の脂肪や糖質が減少し、動脈硬化や高血圧、糖尿病などの予防につながります。

 

自律神経の働きを整える!

交感神経と副交感神経の乱れを解消し、神経の高ぶりを抑えてリラックスした状態に。

 

●体だけでなく、脳にも良い影響が!

脳にも十分な酸素が行き渡るので、記憶力や判断力を向上させる効果もあります。

 

有酸素運動で気をつけること

体に良い事尽くめの有酸素運動ですが、運動をするにあたって注意しておきたい点もあるので気をつけましょう!

スポンサードリンク

 

●排気ガスなどが多く、空気が汚れている場所はNG!

有酸素運動で吸い込んだ空気は全身をめぐり、吸収されます。

 

そのため、吸い込む空気が汚れていると、体に悪影響を及ぼす恐れがあるので、ウォーキングなど屋外で有酸素運動を行う際には空気がきれいな場所を選びましょう。

 

●ダイエット目的の場合は、できれば20分以上運動

運動を始めると、まずは血中の脂肪や糖質がエネルギーとして使われます。

20分ほどでそれらを使い切ると、ようやく皮下脂肪や内臓脂肪が使われるようになるので、有酸素運動をダイエットとして行いたい方は20分以上継続して行う必要があります。

 

ですが、最近の報告では、継続して行わなくても、細切れ時間でも効果があるとされています。

エレベーターをやめ階段を使う10分遠回りして出勤するなど、細切れ時間を積み重ねてもいいのです。

まとまった時間が取れないからと言って、やらない言い訳はできないですね。

 

有酸素運動を自宅で行う方法

「空気の汚れが心配」「時間がない」という方におすすめの、家にいてもできる有酸素運動をご紹介しましょう。

 

●ステッパー

自宅で有酸素運動を行う器具として人気の高いステッパー。

その場で足踏みをする動きの運動で、テレビを見ながらなどでも続けやすいです。

負荷の調整もできるので初心者でも始めやすく、他の器具に比べて小さめで置く場所に困らないのも魅力。

 

●シャドーボクシング

器具などを用意しなくても、軽くステップを踏みながら、ボクシングの動きをするだけで有酸素運動としての効果は十分に得られます。

完璧なフォームを意識する必要もないので、ストレス発散も兼ねて心身ともにすっきりしましょう!

 

まとめ

有酸素運動において何より大切なのは、習慣的に長く続けていくこと。

楽すぎても効果がでにくく、つらくても長続きしません。

週に2、3回でも良いので、生活のなかで無理なく続けられるよう習慣づけましょう!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ