板橋・戸田橋花火大会2017の最寄り駅は?スポットは?場所取りは?

えびす講花火_min

板橋花火大会は、毎年埼玉県側の戸田橋花火大会とのコラボで、合わせて100万人の人出がある、たいへんにぎやかな花火大会です。

一度で2か所の花火が見られる花火大会は、なかなかないため、東京の花火大会の中でも人気があります。

2017年は8月5日(土)19:00~20:30開催です!

 

板橋花火大会と戸田橋花火大会を見に行くための、最寄り駅と、おすすめスポット、場所取りの時間などの紹介をしていきます。

 

 

板橋・戸田橋花火大会の最寄り駅は?

板橋・戸田橋花火大会の最寄り駅の紹介です。

 

板橋側

都営三田線の高島平駅か西台駅、JR埼京線の浮間舟渡駅が、いちばん近いです。

どの駅とも、駅を降りて、花火会場まで徒歩20分位です。

 

花火会場は、荒川戸田橋緑地(荒川河川敷)です。

出店は、西台駅の方が多く出ています。

 

西台駅より高島平駅の方が、少し空いていますが、どっちもかなり混雑します。

帰りは、ひとつとなりの西高島平駅や、蓮根駅に向かうことをおすすめします。

 

戸田側

JR埼京線の戸田公園駅が、いちばん近い駅です。

会場の、荒川運動公園まで、徒歩20分位です。

 

出店は、板橋側より、戸田側のほうが多く出ています。

 

戸田側のほうは、最寄り駅が戸田公園駅しかないため、大変混雑します。

特に帰りは、駅までに行くのに混み、駅での入場制限で入れず、かなり時間がかかります。

少し歩きますが、ひとつ先の戸田駅まで歩いて行った方が、いいです。

 

戸田公園駅について、入れないので戸田駅に回るように、駅員に支持される場合もあり、だったら最初から、帰りは戸田駅に向かった方がいいですね。

 

板橋・戸田橋花火大会のスポットは?

板橋・戸田橋花火大会のおすすめスポットを紹介します。

 

板橋側

いちばんいいのが、有料観覧席です。

S席とA席で値段がちがいますが、S席ですと、迫力あるナイアガラが見られます。

 

A席は、少し安い分、角度によっては見られないこともありますが、やはり有料のため、間近で花火が楽しめます。

 

無料ですと、有料席の西か東側に、運営側で用意した、無料の観覧場所があります。

ナイヤガラはちょっと難しいですが、それ以外の花火は、近くでよく見ることが出来ます

 

西側のほうが、東側(戸田橋に近い方)より少し空いています。

スポンサードリンク

駅でいえば、高島平や西高島平で降りて土手に向かった場所です。

大体、3時くらいまでに行けば、大人数でなければ、場所の確保が出来ます。

 

花火の打ち上げ時間近くになってしまうようなら、やはりもう少し西側に行ったあたり(笹目橋くらいまで)に行けば、空いている場所もあります。

土手に上がれば、視界が開けているので、下の方で上がる花火以外なら、見える範囲は結構広いです。

 

戸田側

こちらも、もっともよく見えるのが、有料観覧席ですね。

次に、有料観覧席の前方や後方が、無料で見られる最高の場所です。

 

ただし、ここはかなり場所取りの競争が激しく当日朝には、場所取りをした方がいいでしょう。

お昼頃には、広いシートを敷く場所は、すでになくなっています。

2人くらいなら、隙間が少しあります。

 

そこの両側の河原でいうと、こちらも、戸田橋に近い方より、笹目橋に近い方(西側)が空いています。

やはり駅から遠いからでしょう。

 

場所取りの時間が、遅くなってしまう場合は、ボートレース場のあたりまでいけば、空いているところがあります。

そのあたりでも、花火をきれいに見ることが出来ます。

 

穴場スポットは、イトーヨーカドー錦町店の屋上と、ららガーデン川口の屋上を、花火大会の当日に開放しています。

両店とも、事前券、当日券など、条件もありますので、それぞれ確認してください。

スーパーの屋上駐車場であれば、トイレの心配もなく、小さいお子さんがいても、安心できますね。

 

板橋・戸田橋花火大会の場所取りは?

板橋、戸田橋花火大会、両方とも、場所取り開始は、当日の0時です。

前日から場所取りをしていると、シートを撤去されてしまいますので、注意してください。

 

いちばん混むところで、メイン会場付近では、午前中には、場所がほとんど埋まっています。

早い人は、始発で来るとのことで、いい場所にこだわるなら少なくとも、朝イチには会場にいって、場所取りが必要ですね。

 

メイン会場から離れるに従って、空いている場所が増えていきます。

混雑を避けたいのであれば、少し離れたところに場所を取って、寝転んで見るのもいいですよね。

 

迫力を求めるなら、がんばって、朝イチで、場所取りに行きましょう。

 

まとめ

東京の花火大会でも、隅田川に次いで人気の花火大会です。

年々、人出が増えてきていますが、隅田川花火大会と違って、荒川河川敷の花火大会は、高い建物も少なく、楽しめる場所が広範囲なのが、魅力です。

 

東京の花火で、1.5尺玉が上がる花火大会は少ないのですが、ここではきれいに上がります。

やはり大きい玉の花火は、迫力があって、花火好きには見ごたえあって、外せない要因です。

 

帰りはどうやっても混んでしまいますが、時間差を工夫して、ぜひ見に来てください。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ