昭和記念公園の花火の打ち上げ場所は?おすすめスポットは?

hanabi

東京の立川市にある、昭和記念公園では、7月の最後の土曜日に、毎年花火大会を行います。

昭和記念公園の花火大会は、それほど規模は大きくありませんが、人気があり、いつもとても混雑します。

 

あまり東京で見ることが出来ない、1.5尺玉をはじめ、大きな花火やスターマインなど、迫力のある花火が見られるからでしょう。

昭和記念公園の花火の打ち揚げ場所や、おすすめスポットをご紹介します。

 

 

昭和記念公園の花火の打ち上げ場所は?

 

昭和記念公園の花火の打ち上げ場所は、昭和記念公園内の、みんなの原っぱになります。

 

最寄りの駅は、JR西立川駅で下車すぐに、公園の入り口があります。

隣のJR立川駅からだと、徒歩5分で、公園の立川口につきます。

公園の北側にある、西武拝島線の武蔵砂川駅で降りて、徒歩20分で、公園の砂川口につきます。

 

みんなの原っぱは、立川口に近いのですが、公園内では、どの場所からでもよく見ることが出来ます

 

公園への入場は、午後6時を過ぎたら、入園が無料になりますが、その前に入園する場合は、入園料がかかります。

入園料の詳細は、下記の章をご覧ください。

 

昭和記念公園の花火のおすすめスポットは?

昭和記念公園の花火のおすすめスポットは、ズバリ、公園の外です。

なぜ、公園の外がいいのかというと、花火が終わった後、公園から出るのに、かなり混雑して、渋滞してしまい、なかなか出られないからです。

地元の人は、公園に入って花火を見ない、と言っています。

 

公園の中で、打ち揚げ場所の近くで見る意味もあります。

花火好きや、撮影をしたい人は、近くで見たいですよね。

 

ですが帰りもスムーズに帰りたいなら、公園の外から、観覧しましょう。

おすすめスポットは、こちらになります。

 

モノレールの下の歩道

 

多摩都市モノレールの立川北駅の北に、高島屋があります。

そのあたりの線路下の歩道から、左手に花火が見えてきます。

こちらも、かなりの人気の場所で、駅に近いところほど、混んでいます。

 

奥に行けばいくほど、人もすいていますが、帰りは駅まで遠いと、混雑に巻き込まれてしまいますので、高島屋の付近か、パレスホテルくらいまでがおすすめです。

スポンサードリンク

花火のフィナーレが終わったら、即撤退することで、混雑する前に、駅に着くことが出来るでしょう。

 

イトーヨーカ堂の東大和店の屋上

 

イトーヨーカ堂の東大和店の屋上は、昭和記念公園の花火大会の日は、一般に開放しています。

そこで場所取りをして、花火を見ることが出来ます。

 

少し遠いですが、イトーヨーカ堂の屋上なので、トイレの心配はありません。

食品なども、調達が容易ですので、小さいお子さんがいるなら、公園まで行って、人ごみにもまれるより、こちらの方がおすすめです。

 

昭和記念公園の花火を見るのに入園料は?

昭和記念公園に入園するには、入園料が必要になります。

先ほどおすすめスポットを紹介しましたが、いずれも、公園の外での観覧場所でした。

 

もちろん、迫力のある花火を楽しみたいのであれば、公園内に入り、打ち揚げ場所の近くに場所を確保する必要があります。

入園料は、大人(15歳以上)410円 小人(小・中学生)80円 シルバー(65歳以上)210円です。

花火大会の日は、午後6時から、入園する場合は、無料となります。

それより前に入園するのであれば、入園料がかかります。

 

花火の打ち上げ開始は、午後7:20頃からです。

当日は、6時に行ったのでは、いい場所がとれないため、公園内で見たい場合は、入園料を払い、早めに公園内で場所取りをすることを、おすすめします。

大体、3時間前(午後4時ころ)であれば、開いている場所を見つけることが出来ますので、できるだけ早い場所取りで、いい場所を確保してください。

 

花火が終わった後、西立川駅や、立川駅に近い出口は、大変込み合います

公園から出るのも容易ではなく、駅についても電車を何本か見送るくらい、混雑します。

立川口から帰るのであれば、混雑を覚悟して、駅の近くの飲食店に入って、時間をずらすといいでしょう。

 

打ち揚げ場所から少し遠いですが、砂川駅から行って、砂川口から帰るケースですと、立川口よりは混雑は穏やかです。

砂川口からでも、花火のよく見える場所はたくさんありますので、こちらも早めに行って、場所取りをしましょう。

 

まとめ

昭和記念公園の花火は、地元の人に愛されている、人気の花火大会です。

規模も中くらいですが、都心ではあまり見られない、大きな花火が上がるので、近くに住む人にとっては、楽しみの花火大会です。

 

毎年、隅田川花火大会と同じ日の開催ですが、地元の花火大会をのんびり楽しめるとあって、近郊に住む人は、立川に集まってきます。

今年も、きれいな花火が上がるのが、楽しみですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ