隅田川花火大会を座って見るには交通規制後をねらうべし!

hanabi

東京でいちばんの人出がある、人気の花火大会が、隅田川花火大会です。

テレビ中継もされるので、お茶の間でゆっくり見ることもできますが、やっぱり現地で見たいものです。

 

隅田川花火大会の場所取りも、いい場所は早くから取らなくてはいけませんが、狙い目は、車道の交通規制が始まる18時までにスタンバイをしておく方法です。

それなら、交通規制の時間までに、現地に行っておけばいいのですから。

交通規制がかかったところで、一斉に車道に出て場所取りが始まります。

 

おすすめの場所と、アクセスを紹介します。

 

 

水戸街道沿い

水戸街道は、国道6号線のことで、地元民でにぎわう、穴場です。

地元の人が、ござや折りたたみチェアで、くつろぎながら花火を観覧しています。

地元の人に交じって、マナーを守って参加しましょう。

 

場所は、打ち上げの第一会場に近いのですが、建物の関係上、第二会場のほうが良く見えます。

目安は、向島5丁目のバス停近くにある、ファミリーマートのあたりです。

トイレも、食べ物も確保できます。

 

アクセスは、最寄り駅が浅草ですが、人の通行規制がかかり、ものすごく混むので、少し遠いですが、東武線の曳舟駅がおすすめです。

 

東駒形3丁目交差点付近

ここからは、第二会場の花火が良く見えます。

第一会場の花火も見ることが出来る、お得なスポットです。

 

隅田川に向くように座ると、右手に第一会場の花火、正面に第二会場の花火が見えます。

席を確保する場合、正面に高速道路が見える場所にしてください。

高速道路の向こうから、迫力のスターマインを見ることが出来ます。

 

最寄駅は、本所吾妻橋駅です。

三つ目通りを、100mほど南に行ったところにある交差点です。

本所消防署東駒形出張所が、交差点の角にあります。

 

本所吾妻橋駅は、とても混みあうので、早めに来るようにしてください。

スポンサードリンク

 

本所1丁目交差点

ここは隅田川にとても近いため、競争率が高い場所です。

シートを持った常連さんが、交通規制の瞬間を、前のめりになって待っています。

たまにフライングをして、おまわりさんに怒られることも。

 

場所によったら建物も邪魔になるのですが、いい場所が取れたら、迫力のある花火を見ることができるので、人気があります。

交差点の中心から、川から離れている側で、佃煮屋でない方の角あたり(タバコ屋?)が、おすすめ場所です。

 

最寄駅は、東京メトロの蔵前駅です。

地上に出て、厩橋を渡って、隅田川の反対の岸に出た、最初の交差点です。

この橋も、打ち上げ時間が近づくにつれて、混んでくる橋です。

 

本所吾妻橋駅からも、徒歩5分ですが、両駅もとても混みますので、注意が必要です。

少し離れますが、両国駅からくるほうが、空いていていいかもしれません。

 

本所3丁目交差点

この交差点の周りは、まだ高い建物がそれほどないので、第二会場の花火を見ることが出来るので、人気の場所です。

 

本所1丁目ほどではないですが、この辺も、交通規制と同時に始まる場所取りの競争があり、早めの到着と準備が必要です。

花火を近くで、ぜひ座って見たい方に、おすすめなスポットです。

 

最寄駅は、本所吾妻橋駅です。

駅の混雑を避けるためにも、早めの到着がおすすめです。

 

まとめ

隅田川花火大会の穴場スポットを探すと、だいたい紹介されている、汐入公園や、東白髭公園、銅像ぼり公園周辺などは、あえて入れませんでした。

少し離れた公園や、河川敷や、グランドは、座ってみたい人にはいい場所なのです。

 

ですが、トイレや食料の調達、駅からのアクセスなどを考えると、街中のほうが何かと便利ですよね。

半面、終わった後の帰りの混雑は、街中で見る場合は、覚悟しないといけませんね。

 

花火が終わったら、のんびりと、ひとつ先の駅まで歩いて帰るのが、いいでしょう。

その場合は、隅田川の上流、浅草方面ではなく、下流の両国などのほうに、移動していくようにしてくださいね。

 

浅草などは、尋常じゃないくらいの混み方なので、避けたほうが無難です。

とても混雑する、花火大会なので、気をつけて楽しんできてください。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ