喪中のお中元やお歳暮は?のしは?贈る時期は?

ochugen

喪中の場合、お中元やお歳暮はどうすれば良いのか。

そもそも贈っても良いものなのか、迷うと言う方も多いのではないでしょうか。

今回は、喪中のお中元・お歳暮に関するマナーについてご説明します。

 

 

喪中でも、お中元・お歳暮は贈ってOK

喪中に慎むべきなのはお祝い事

お中元やお歳暮は、贈る相手に季節の挨拶を兼ねて、日ごろの感謝を伝えるためのものなのです。

 

自分が喪中の場合、相手が喪中の場合、両方が喪中の場合でも問題ありません

ただし、注意しておかないと、マナー違反になってしまうポイントがいくつかありますので、詳しく見ていきましょう。

 

相手が喪中の場合の注意点

喪中の相手に、お中元やお歳暮を贈る際に、気をつけなければならないのは、「贈る時期」と「のし」についてです。

 

●贈る時期を考慮する

 

喪中の相手へのお中元・お歳暮は、四十九日明け贈るのが一般的なマナーです。

お中元を贈る時期からずれる場合は、暑中見舞いや残暑見舞いとして贈りましょう。

 

お歳暮の場合は、年始の松の内とも、重ならないように注意して「寒中見舞い」として贈れば失礼になりません。

気持ちや環境の整理などで大変だったり、一度にたくさん届いてしまうと、消費が追いつかず困ってしまうことも多くあります。

スポンサードリンク

 

あえて贈る時期をずらすことも、相手を思いやる気持ちの表れになりますよ。

 

●紅白水引ののしは避ける

 

通常、お中元やお歳暮に使われるのしには、紅白の水引がかけられています。

ですが、喪中の相手に贈る場合には避けるべきです。

 

白い無地の奉書紙(ほうしょうがみ)、または短冊を用いましょう。

デパートなどでも、注文する際に相手が喪中である旨を伝えれば、白紙のものを用意してもらえます。

 

自分が喪中の場合の注意点

自身が喪中で、お中元やお歳暮を贈りたい場合も同様に、時期とのしには注意が必要です。

水引のない無地ののし紙を選び、受け取る方が心配される場合もあるので、四十九日が明けてから贈るようにしましょう。

 

相手が喪中と知らず、お中元やお歳暮を贈ってしまったら

相手が喪中であることが分かっている場合は、マナーに気をつけて贈ることができますが、お中元やお歳暮を贈った後に、実は相手が喪中であったことを知る、というケースもあるでしょう。

 

喪中だと知らずに、紅白の水引でお歳暮やお中元を贈ってしまっても、悪気があったわけではないので、基本的には問題はありません

 

それでも気になってしまうという方は、電話や手紙などで、お詫びの気持ちを伝えれば大丈夫です。

もし相手側の都合がよければ、伺ってお線香をあげさせてもらうのも良いでしょう。

 

お中元やお歳暮を贈ることが、習慣になっている間柄では、喪中というつらい時期こそそういった相手から、贈り物が届くとほっとすることもあるのではないでしょうか。

なぐさめの気持ちを添えて、お中元やお歳暮を贈りましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ