チャイブの種からの育て方は?土の配合は?プランターでは?

a1180_001114

 

チャイブは、比較的育てやすいハーブです。

ネギ科のため、味も形状もネギやあさつきに似ています。

いろんな料理にも使えて、重宝するハーブです。

 

今回、チャイブをプランターで育てる時の、種植えや土の配合などの、コツやポイントを紹介します。

 

 

チャイブの種からの育て方は?

チャイブは、春と秋が種まきに適している時期です。

春なら3月~5月。秋は9月~10月です。

 

育ってきたら、日当たりが必要なのですが、種まきの後、発芽までは、光を当てないようにします。

土の上に、種をばら蒔きして、3~5㎜くらいの土をかけます。

その上に新聞紙で覆いをしておきます。

 

発芽までは、日陰に置き、芽が出てきたら、間引きをしていきます。

間引きしたものは、食べれるので捨てないように。

 

だんだんと日が当たる所に、置き場所を変えていきます。

土は乾かないように、水やりの管理をしてください。

 

10㎝くらいまでに育ったら、5本くらいで束を作るように、間引きを工夫したほうが、育てやすいです。

1本1本が細く、倒れやすいので、束にしてあったほうがいいのです。

最終的には20~30㎝くらいまで育ちます。

 

チャイブの育て方で土の配合は?

チャイブを育てる土は、酸性にならないようにしたいので、地植えの場合は苦土石灰を、混ぜておく必要があります。

ですが、プランターで育てる場合は、必要ありません。

 

野菜用の培養土(粒状)を使うのが、楽でおすすめです。

こだわりがあるのでしたら、赤玉土や腐葉土、肥料をブレンドしてもいいですが、よくわからないのでしたら、野菜用培養土のみで、十分です

スポンサードリンク

 

初めに野菜用の肥料を、土に混ぜておきます(肥料の裏面にあげる量が書いてある)。

その後は収穫をするごとに、肥料をあげてください。

 

肥料をあげすぎると、葉が固くなってしまい、少ないと、枯れてきてしまいます。

様子を見ながら、調節して行きましょう。

 

チャイブの育て方 プランターに植えた時の注意点

日当たりが好きですが、暑さに少し弱いので、真夏は遮光ネットを使ったり、風通しのよい棚の上などに置きます。

コンクリートに直に置いたりしないように

プランターの中の温度が上がってしまいます。

 

水やりは、表面がかわいたら、たっぷりとあげましょう。

風通しが良くなるように、束の大きさも太くなり過ぎないようにしましょう。

束と束の間も、適度にあけてください。

 

20㎝くらいに育ってきたら、根元5㎝位を残し、刈り取ります。

1年目は、根を育てたいので、刈り取りは2回程度にとどめておきます。

 

冬は、葉が枯れていますが、根は生きていて、休眠もしていません。

根を育てるため、土が乾いたら水やりをするのを、忘れないようにしてください。

 

2年目も、暖かくなったら、葉が茂って、収穫が出来るようになります。

2年目は、育ったらその都度、収穫が可能です。

 

まとめ

チャイブは、花も美味しく食べられます。

サラダの色どりなどにもいいですね。

 

チャイブのおもな食べ方は、刻んでバターに混ぜ込むとか(チャイブバター)、ジャガイモや卵と相性がいいので、ポテトサラダに入れたり、オムレツに入れたりするのが、メジャーな使い方です。

 

ネギよりクセがないので、ネギ嫌いの人でも食べられるようです。

そのままや、サラダに入れる場合は、若い葉のほうが、やわらかくていいです。

花が咲いた後や、大きく育ったもの、肥料をたくさん上げた時は、ちょっと固めになります。

 

今までの料理に、ちょっとチャイブを加えれば、料理上手になれてしまうかも?

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ